2000年 8月 の投稿一覧

2000年夏の甲子園|ニュースレターNO.005

今年の夏の大会は、和歌山の智辯学園が圧倒的な打撃のパワーを見せ付けて優勝しました。今年の大会を見て感じたことは、素晴らしい投手がたくさんいたことです。彼らの動きを見ていると、さすがに速いボールを投げられる選手は、身体の使い方が違うということと、体格や体型が素晴らしいということです。それに運動能力が高いことが伝わってきました。

続きを読む

ジョンソンとグリーンの対決|ニュースレターNO.004

ジョンソン

全米いや世界中が注目していた全米陸上のオリンピック予選、男子200mのジョンソンとグリーンの戦いは、決勝で両者がともに左脚太ももを痛め、途中棄権という結果に終わりました。ジョンソンはスタート後50mを過ぎたところ、グリーンは100m付近で左脚ハムストリングスに筋収縮が起こった状態になりました。何故二人とも、このような肉離れ状態になったのでしょうか。

肉離れはアクシデントと考えたり、最大以上の力が出たときに起こるように考えていましたが、先日分子栄養学の斎岡明子先生とこのことについてお話を伺ったときに、なるほどとうなずけるお話を聞くことができました。 続きを読む