プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

2006年 12月 の投稿一覧

2006年を振り返って|ニュースレターNO.158

今年もあと数日を残すだけとなりました。今年は、長期戦線離脱という状況でしたが、10月からは元のペースに戻れました。昨年の最後のニュースレターを書いているときには、なんら異状はなかったのですが、年が明けてからバクハツしたという感じです。

心臓弁膜症の手術ということで40日間入院しましたが、その中でいろんなことを体験できたり、考えることもできました。普通は、手術のことを考えるのでしょうが、手術に対する不安は全くなかったので、ただただ早く手術をして、早く退院したいという思いだけでした。おかげさまで、手術もうまくいき、半年たった検査では、心臓の機能も正常以上に回復しているという結果が出ました。 続きを読む

筋トレ盲信禁物|ニュースレターNO.157

もう12月、今年のニュースレターも残すところ後一回となりました。今回は、少々不愉快なことを紹介しましょう。私もついつい頭に来たような文章になってしまいました。それは、先月11月21日の毎日新聞夕刊に掲載された「筋トレ盲信禁物」という記事です。これを書いたのは、社会人ラグビーの現役選手です。まずは、その記事を紹介しましょう。

『筋力トレーニングを始めたのは18歳のときだつた。筋肉痛になりながらもバーベルの上げ下げを繰り返しているうちに、身体が大きくなって持てる重量も増える。成長過程にあるという強い手応えを感じることのできる楽しい練習だった。

その後、プロテインやさまざまなサプリメントが開発され、栄養学も教わる。練習後にはプロテインを飲み、普段の食事ではなるべく揚げ物を口にせず、炭水化物をとり過ぎないように注意を払うようになった。 続きを読む

部分で捉える欧米の科学的トレーニング|ニュースレターNO.133

あっという間に12月に入ってしまいました。少し前に同じようなことを書いた気がしてなりません。一日が、1か月が、一年が加速して過ぎていく気がします。ゆっくり構えて準備する間もない気がします。そんなあわただしい日々をすごしていますが、ここのところ平成スポーツトレーナー専門学校の学生に手を貸してほしいという要望が後を絶ちません。

非常にありがたい御話なのですが、ご希望にこたえられるだけの人財がまだまだ育っていません。本当に世間に出しても恥ずかしくないスポーツトレーナーの素材が不足しているともいえます。やる気のある、希望に満ちた学生が足りないということです。

ただ、学校に来て、授業を受けて、帰りにバイトをしに行く。これではどうにもなりません。実践の現場を提供するのですが、お金がないために時間給の良いバイトにいかなければならない学生が多いことも現状です。 続きを読む