プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

2007年 9月 の投稿一覧

システム現象学|ニュースレターNO.176

9月もあと尐しとなりました。昨日、ようやく秋の風を感じたように思います。10月に入れば、いよいよ入試も始まります。どんな学生が入学してくれるのか、今から楽しみです。私の方は、今週末から毎週のように講演に出かけます。岡山を皮切りに、旭川、岩見沢、広島、福岡と、主に「スポーツトレーナーの歴史・現状・将来」について話します。

日程や詳細についてはアタックネット(http://www.atacknet.co.jp/)をご覧ください。また、平成スポーツトレーナー専門学校でも10/6から毎週土曜日の午後、公開講座を実施しますので、そちらの方にも参加ください。参加料は無料です。

さて、今回のニュースレターでは、河本英夫著「システム現象学-オートポイエーシスの第四領域(新曜社2006)」という本の中から、指導に役立つ情報をご紹介したいと思います。「システム現象学」というタイトルを忘れて素直に読んでいきますと、動きの指導をする際に役立つヒントが数多く見つかります。 続きを読む

世界陸上大阪観察記|ニュースレターNO.175

大阪で行われた世界陸上も日本選手の不振というレッテルを貼られて終了しました。いろんなところで今回の成績について評価されているようですが、私なりに振り返ってみたいと思います。

まず、2007年4月16日 20:00、時事通信は、「世界陸上、目標はメダル5個=大阪対策本部設置で強化」という見出しで、次のような記事を発信しました。

『日本陸連は16日、役員改選後の新メンバーによる初の強化委員会を開き、世界選手権大阪大会(8月25日~9月2日)に向けた方針を決めた。高野進強化委員長は金メダルを含めたメダル目標数を、「一般種目で3つ、ロードとマラソン種目で2つのトータル5つ」と設定。さらに6~8種目で入賞を目指す。 メダルは女子マラソンで原裕美子(京セラ)、土佐礼子(三井住友海上)らが有力。 続きを読む