プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

2008年 10月 の投稿一覧

腰痛は怒りである|ニュースレターNO.202

前回からお知らせしていますリ-コンディショニング講座ですが、11月は後1~2名でいっぱいですが、12月は今のところまだ余裕がありますので、ご希望の方は早いうちに申し込みください。2週間があっという間にやってくるので、ニュースレターの準備も大変です。しかし、いろんな情報を皆さんに知っていただき、尐しでも現場に役立てていただけたら嬉しく思います。

さて、前回はサーノ博士のTMS(緊張性筋炎症候群)理論について紹介しましたが、今回も引き続きTMSについてです。今回は、サーノ博士の著書の翻訳者である長谷川淳史氏の著書(腰痛は<怒り>である:春秋社2006)から、TMSについてもっとわかりやすく説明されているところを紹介したいと思います。Q&A形式で書かれているので、非常にわかりやすいと思います。その一部を紹介しますので、興味のある方はぜひ著書をお読みください。 続きを読む

緊張性筋炎症候群|ニュースレターNO.201

前回のニュースレターで紹介しましたようにいよいよ今月からリ-コンディショニング講座が始まります。身体調整テクニックを習得したい方はぜひご参加ください。定員は10名です。

さて、前回は『痛み』について考えるために、ホームページを紹介しました。なぜ痛いのか、また怪我したあと、なかなか痛みが消えないなど、痛みに対する悩みは尽きないものです。ベッドに寝かせて動かしても痛くはないのに、また特に異常は見られないのに、動いたり時間がたつとまた痛みが出てくるといったことが多いようです。

こうなるとどうしようもなくなります。いわゆる、わけのわからない痛みは何なのか、そんなヒントが得られる本を紹介したいと思います。アメリカのドクタージョン・サーノが書いたもの(ヒーリング・バックペイン:春秋社2006)で、彼は痛みの正体が緊張性筋炎症候群にあるという結論に達したようです。 続きを読む