プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

2011年 5月 の投稿一覧

なぜ年をとると速く走れなくなるのか|ニュースレターNO.264

Sportsmedicine 2011 No.129に「歳をとると速く走れなくなる理由」と題した投稿記事が掲載されていました。著者は東京大学名誉教授の宮下充正先生でした。日ごろそれなりに練習していても加齢とともにパフォーマンスが低下して行きます。その原因は、単に加齢によるものなのか、それとも筋力が低下して行くからなのか、そんな疑問はだれしも持っていると思います。

加齢とともに、動作が遅くなってくるのは明らかで、動きが遅くなり始めるのは25歳からだと言われているようです。加齢にともなう記録の低下率は、スプリント走よりも長距離走でより明らかで、競泳でも同じ傾向がみられると言われています。宮下先生はドイツとイギリスの研究(歳をとったランナーはなぜこれまでより遅くゴールするのか)から、いくつかの研究をまとめ報告されていますので紹介したいと思います。

続きを読む

直立姿勢を考える(2)|ニュースレターNO.263

直立姿勢で立つとき、両足は平行ではなく、解剖学的にはつま先が15~16度外転させることになりますが、左右の向きが対称で、一番楽に足の裏全体が床につく感じであればよいと思われます。また、膝蓋骨の向きをチェックし、内を向いたり、外を向きすぎたりしないで、正面を向くようにつま先の向きを調整してもよいでしょう。

この足幅では狭すぎるのではないかと思いますが、実際には一番楽に立て、一番安定する足幅なので、下肢の筋肉にストレスを感じることなく、楽に長時間立てる足幅になります。この足幅で目を閉じて、立って見ます。バランスがとれていれば、ふらつきませんが、身体のどこかに崩れがあれば、いろんな方向にふらつきがみられます。

続きを読む