2016年 10月 の投稿一覧

ウォーキング時の歩き方を変えることで脚の膨らみは改善する

歩き方

身体に起こる悩みは何かしら原因があって、その症状が表面化します。

それが例え病気であっても、シルエットとしての身体の悩みであっても、何かしら原因があるはずです。その原因を探り、変えることができれば身体は変わっていくはずです。

太ももの前側の張りを気にしてセッションを受けに来られた方が、歩き方を変えることで太ももの前側の張りが改善し、細くなっていっています。

続きを読む

姿勢を良くするためには“良い姿勢”をインプットすること

姿勢を良くする

姿勢を良くするには、なによりも“良い姿勢”をインプットさせることです。

姿勢が崩れたときに行われることはさまざまですが、姿勢を直すためのアプローチはいろんな方法があります。ですので、その方法論に対してどうとかを語るのは本質的な部分ではないと思います。

最も大事なことは崩れた姿勢を認識し、それを直し、整った良い姿勢をインプットさせること=理解させることが最も重要であり、この流れが姿勢を良くすると現場でも感じています。

続きを読む

筋肉を緩める方法=ストレッチは意外と難しい!筋肉を緩める方法のご紹介

腱紡錘

 筋肉を緩めましょう!では何をする?そう、ストレッチという方が多いのではないでしょうか。

でもストレッチって、意外と難しい。なぜかといえば、痛くなるほど伸ばせば筋肉は緊張してしまいます。筋肉を緩めているつもりでもうまく緩みません。

筋肉を緩めるためにはどのような方法があるのでしょうか。それを理解する上でもキーワードになるのがこちらです。

続きを読む

ジムに通う人がついやってしまうトレーニングの勘違いについて

筋トレ

ジムに通うと決めて今日もやる気満々でジムの入り口をくぐり、着替えを済ませいざトレーニングフロアへ。

まずは、ストレッチからかな・・・。そして・・・とりあえず歩こう。次は・・・何しよう。。。このマシンをしよっかな。内ももを引き締めたいし、脚を内側に閉めるマシンで鍛えればなんとかなるはず・・・。

こうやってジムに通う気はある!でも実際に通ってみると何をしていいのかわからないという方が多いと思います。迷った挙句、とりあえずやってみる。もしくはジムのスタッフに相談してメニューを出してもらう。そこにはマシンの使い方が書いてあったり、メニューが組まれていると思います。

でも数か月通っているけど、なかなか効果が実感できないというか、わからない。そろそろやる気も低下ぎみ。

続きを読む

キャッチャーのスローイング|ステップや腕の振りについて考える

キャッチャーのスローイング

先週、社会人野球選手にキャッチャーのスローイングについて指導する機会がありました。肩は強く、投手をすれば140kmは出るぐらいの選手ですが、もう少しスローイングについて質を上げたいということで指導をしてきました。

肩が強いがためにステップの使い方が不自然だったり、腕だけで投げるようなフォームになっており、そのあたりを修正すると非常に球筋も良く楽にセカンドまで投げられる感覚が出てきたそうです。

今日はキャッチャーのスローイングについてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

低気圧と体調の関係|雨の日や台風の日に体調が悪くなる理由

低気圧

これまで多くの女性とセッションをする中で、不思議に思うことがありました。それは、雨の日や梅雨時期、また台風の日には女性のクライアントさんから当日キャンセルが増えます。

以前から雨の日は気圧が下がるため体調が悪くなりがちと聞いたことはありましたが、その理由に何か引っかかるものがあり、釈然としない気持ちになっていました。

最近改めて免疫力や自律神経のことを学んでいる内にその原因が見えてきました。そこで現場でも実践をしてきましたが、体調の変化が見えてきましたので、今日は低気圧と体調の関係についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ダイエット成功例から見るー16kgできた食事の摂り方について

ダイエット成功例

世の中で需要がなくなる気配がないダイエットですが、そもそもダイエットとは糖尿病患者のために生みだされた食事療法でした。それが年月が経つにつれて、健康のためにと扱われてきたものが、方法を間違え不健康になる人まで現れ始めました。

ダイエットの本質はどこへ行ったのでしょうか。今は健康というよりも、一つの流行りとなり、美容や見た目のために行うものとして認識されていることが多いと思います。

これまで流行ってきたダイエット方法には、極端な方法が多く、それぞれを否定するつもりはありませんが、極端すぎるが故に一時期の流行り廃りが激しすぎる傾向があり、○○ダイエットのあとは○○ダイエットというように、すさまじい速さで流行りが移り変わっていきます。

続きを読む

ベンチプレスで肩を痛めてしまう原因と改善について

ベンチプレス

先日、ジムでトレーニングをしていると外人さんに話しかけられ「めっちゃいいフォームしているね!日本人はそんな綺麗にスクワットをする人なかなかいないyo!」と声をかけられ、少し話をしていました。

パーソナルトレーナーをしていると言うとベンチプレスで肩を痛めてしまって悩んでいるとのことで、相談を受けました。自分のトレーニングもあるから、やりながら見とくね!と伝えて自分のトレーニングをしながら、休息時間に少しフォームを見ていました。

すると、肘が真横に開くようなフォームをしており20kgのバーを持ってやっても痛いとのことでした。肘の角度やバーのあげ方について少しだけアドバイスすると痛みが出ず、元のフォームに戻すと痛みが出てきて、フォームの問題だということを理解していただきました。

続きを読む

敏捷性・俊敏性とは?アジリティ&クイックネストレーニングの違いをラダートレーニングから考えてみる

敏捷性

プロ野球やJリーグの選手などのウォーミングアップで使用されるラダーですが、このラダーを使ったトレーニングは世間で“敏捷性(アジリティ)の向上”を目的として使われることがほとんどです。

より素早い動きづくりのために・・・。

よりフットワークをよくするために・・・。

続きを読む