2017年 1月 の投稿一覧

お腹をストレッチすると痩せる?うまくいかない理由と引き締めるための考え方について

お腹をストレッチ

世の中にはさまざまな方法が存在しており、どの分野でも同じだと思いますが、これが絶対という方法はないように思います。

ただ、個人にとって最適なものはあり、それがうまくみつかると今までにないような成果を感じれたり、実感することができると思います。

身体を変えるためによく言われるのが“ストレッチ”です。これは、いろんなところで言われるようになっていますが、ストレッチをするとお腹が痩せるということも言われています。

続きを読む

低体温になる原因と改善について|下腹部を触って低体温かチェックしよう!

低体温

 子供を抱くと大人よりも体温が高く、その温かさと愛らしさでより一層愛情が深くなります。そんな幸せを噛みしめていた今朝ですが、子供から大人になるにつれて体温が下がってしまう人が増えています。

理想とされる体温は【36.5℃】と言われ、この体温に届かない成人女性は多いのではないでしょうか?

35℃台の方も少なくなく、クライアントさんも以前までは35℃台の方がほとんどでした。なぜここまで体温が下がってしまうのでしょうか?またどうすれば体温を上げることができるのでしょうか?

続きを読む

選択肢は1つではない。自分に合うものを探し続けたらいいと思う。

選択肢

今日から自分が感じたことととか、考えていることとかを短いブログで伝えていきたいと思います。

知識的なことをいつもお伝えしていますが、それとはまた違った感じで伝わればいいなって思ってます。

ん~、なんだろうな・・・。最近っていうか、いつもなんだけど、「●●やれば変わる!」とか「●●しないとあなたは変わらない!」みたいな言葉にすごく違和感を感じるんですね。

続きを読む

うまく力が抜けないときは筋肉を収縮させることで筋肉は緩む

手を握る

健康に対する考え方や、むくみの改善やシェイプアップなどの考え方でも、筋肉のポンプ作用を活用するということをお伝えしています。

このポンプ作用を活用することで、循環が良くなり、循環が良くなると細胞も健康に保ちやすくなります。そして、日頃どのような身体を維持したいかというと、柔らかく弾力のある筋肉の状態を維持することが重要だと考えています。

そのために身体を適度に動かしたり、筋肉を揺らしたりすることを勧めていますが、どうしても身体を動かすとご自身では緊張していないつもりでも、力が入り、緊張してしまう方がいます。

「力を抜いてください。」そういわれても、そもそもどうやって力を抜けばいいのかがわからないため抜きようがない。今日はそんな日頃うまく力が抜けない方に向けてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

肩こりはマシンでトレーニングしても改善しない理由

先日、クライアントさんからお話を伺っている際に、肩こりを改善するために筋肉を鍛えているということをお聞きしました。

ジムに通ってマシンを使ってトレーニングを行っているけども、思ったような効果を感じておらず、何のためにジムに通っているのかという疑問がふと浮かんできたそうです。

肩こりは首や肩周辺の筋肉が緊張し、循環が悪くなり、老廃物などが溜まることでだるさを感じると言われています。

改善するためには、

筋肉を緩め、循環を改善すること

です!今日は肩こりを改善するためにマシンでトレーニングしているけど、思ったように効果を感じないという方に向けてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

子育て中に起こる腰痛の原因と改善について

子育て

お正月、たまには奥さんにも楽をしてほしいと思って、休みの間は半年になる子供を外に出るときはずっと抱っこしていました。

最初は「やっぱり子供は軽いな~!ダンベルの方が思い!(笑)」と冗談を言っていましたが、次第に冗談が言えないぐらいしんどくなってきました・・・。

改めて奥さんに感謝しつつも、久しぶりに左右に身体を捻じられないぐらいの腰痛になってしまい、苦しんでしまうことに。

でもせっかくなので、ここでいろんなことを試しながら過ごしてみると、発見もありましたので、子育て中に腰痛に悩んでいる方や腰痛に悩む方に向けて今日は書いていきたいと思います。

続きを読む

上腕三頭筋を効率よく肥大させるトレーニングのやり方

トライセップスエクステンション

男性であれば腕の太さに憧れて日々、ウエイトトレーニングに励んでいる方も多いと思いますが、筋肉がつきづらく悩んでいる方もいるかもしれません。

僕自身もトレーナーになってからも筋肉を大きくすることが難しく感じ、なかなか思ったような結果を得られない日が続きました。

筋肉は刺激を加えすぎても、加えなさすぎても、発達しません。

続きを読む

胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由

胸を張る

よく野球の指導者が選手に向かって言う言葉があります。

「胸を張ってボールを投げろ!」

このアドバイスを受けた選手は、肘の位置が下がり、肘を痛めてしまう可能性があります。投げ方を見ると、どこかぎこちなくスムーズが感じられない投げ方をしていると思います。

これは身体の構造を知ればわかることですが、野球経験者は当たり前のように言ってしまいそうなアドバイスだと思います。今日は、胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由をお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

投手の下半身の使い方|プレートの使い方で投げるボールの質が変わる

軸足で立つ

投手は下半身で全体の約60%のエネルギーを作り出し、そのエネルギーを上半身、手からボールやバットに伝えていきます。

これがうまくできるとパワフルな動きに見えますし、実際にボールの質も変わってきます。

だからこそプレートの使い方も重要になってくる。今回はそんな投手の下半身の使い方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について

以下では、IzuruStyle(以下出といいます。)が管理、運営するすべての内容・サービスを利用するお客さま(以下「クライアント」といいます。)と当社との間に適用される条件等を定めています。

利用者が本サービスを利用する際には、以下の内容に同意の上、ご利用いただくようお願いします。なお、当社は、適宜、以下の内容を変更することができるものとします。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ