2018年 6月 の投稿一覧

生理前のイライラは深呼吸を10分繰り返すとマシになる【コツあり】

クライアント
・・・出コーチ、今日あれです。

いずる
了解です!深呼吸を繰り返しましょうか。

ある30代後半の女性ですが、この方は生理10日前になるといきなり気分が落ち込み、イライラしたり、笑顔が消えて身体はパンパンにむくみます。

あまりにも普段の様子と違うので、最初は戸惑いましたが今では態度の変化や状態を把握したので、お互いに冷静に生理前の状イライラを切り抜けられるようになっています。

続きを読む

初心者におすすめのストレッチ本!最短でストレッチを理解するための3冊をご紹介!

これからスポーツ業界で働きたい、もっと身体のことを知りたいと思っている方は、ストレッチ【stretch】という技術は必要不可欠になってきます。

ストレッチは一般的に知名度が高く、人気の高い方法で、誰もがしている方法の1つです。

ただ、このストレッチはみなさんが思っている以上に難しいテクニックであり、奥が深いです。

続きを読む

ホットヨガの体験ならココ!トレーナーの僕がおすすめする4ヶ所【手ぶらでOK】

最近身体が重だるいからスッキリさせたい。仕事終わりに何か夢中になれる習い事を始めたい。

そんな女性におすすめなのが、ホットヨガです。汗もいっぱいかけるし、終わった後は爽快感があって身体も心もスッキリします!

ホットヨガは、こんな方におすすめですね!

  • むくみをスッキリさせたい
  • 身体の循環を良くなる
  • 身体を柔らかく、しなやかにしたい
  • ストレス解消してスカッとしたい
  • だるい身体をスッキリさせたい
  • 新しいことを始めたい

そんな方におすすめのホットヨガは4ヶ所です!それが、

の4ヶ所です。4ヶ所とも最大で約1000円で手ぶらで行けたり無料体験もやっているので、ぜひ仕事が帰りなんかに行ってみてください!

続きを読む

脚やせ=筋トレ!?マシンで筋肉を鍛えると脚が太くなる可能性がある理由

筋トレと脚やせ

脚やせをするためには筋トレをする。これが一般的な解釈だと思いますが、実はすべてが鍛えるということがプラスに働くというわけではありません。

脂肪が多い場合、筋トレをして筋肉がつくことで代謝が上がり脂肪が落ち、結果的に脚やせができることもあります。

ただ、過度に脂肪がない場合、筋トレでガッツリと鍛えてしまうと脚が太くなることもあります。

脚やせをしたい方は、必ずしも

脚やせ=筋トレではない

ということを知っていただきたいと思います。なぜなら筋肉を緩めることも、循環を良くすることも脚やせにつながるからです。

続きを読む

スマホの触りすぎと頭痛や肩こりが起こる原因と改善について

暇さえあればスマホを触っている。

通勤のとき、仕事の休憩時間、そして休日。

スマホを長く触りすぎていると、頭痛や肩こりになってしまって後悔する。なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

この原因は、脳の酸素不足が原因です。目の使いすぎ、姿勢が悪いことで首などの筋肉が緊張する。

そうすると、脳への酸素量が少なくなり結果的に頭痛になります。

続きを読む

太ももの内側のたるみは鍛える?知っておきたい原因と改善について

太ももの内側のたるみ

太ももの内側のお肉がむにっとなって、短パン履くとそこがやたらと目立ってしまう。

また、内ももがたるみすぎていて、こすれて股ズレがかなりひどいし、黒ずんでしまっている。でも誰にも言えない・・・。

クライアントさんからも、いろんな相談を受けますが、今回は30代の女性の改善例をご紹介したいと思います。

この女性の悩みは、こんな悩みでした。

クライアントさん
私は、学生の頃から太っていて、脚が太いのが気になってスカートも履いたことがありません。これまでずっと歩くだけで内ももがこすれ、痛いし黒ずんでいます。この内ももを引き締めることはできるでしょうか?

150cm60kg程、一般的に見れば太っていると言われる体型をされていました。

結論から言えば、この方は半年間で-12cm太ももが細くなりました。この方の内ももを引き締めるために行ったことは、

  • 内ももが太くなった原因をみつける
  • 全身の筋肉を緩め、循環を改善する
  • リンパセルライトスパッツでヒップアップと内ももの擦れ合うことを防ぐ
  • 日頃の姿勢や動作を改善
  • ダイエットをする

この流れをすべてして、約半年間で太ももは大きく変わりましたし、ウエストも―10cmだったので、みんなから「ホントに変わったね!」と言われるようになったそうです。

続きを読む

立ち方を考える|胸を張るのは間違い?!立ち方を理解するための3つのステップ

壁立ち

正しい立ち方とは、

胸を張り、肩甲骨を寄せ、母趾球に体重を乗せて立つこと。

もしそう考え実践している方がいれば、おそらくこの立ち方は疲れるはずです。

疲れる=緊張しているという状態ですが、人は骨で立つ感覚をつかむことで楽に立つことができ、緊張もなく、いつまでもその状態で過ごせるような気にさえなります。

人の骨格を積み木と捉え、それらが積み重なるように立てると、無駄に筋肉を緊張させることもなく楽に立て、“骨で立つ感覚”が得られるようになります。

続きを読む

座り方について|坐骨を感じて肩の位置を修正すれば楽に座れる

座り方について|坐骨を感じて肩の位置を修正すれば楽に座れる

座り方を変えると楽に感じるはずです!なぜなら、読者の方が椅子に座るときの姿勢は、おそらく筋肉が緊張するように座っているからです。

1時間も座っていると肩が凝ってくる、腰のあたりがしんどくなってくる、もしくはどこか居心地が悪くなって身体を捻ったり、けのびをしてみたり。

このようなことをしているのであれば、座り方を改善すると非常に楽になり、快適に過ごせるようになります!

この記事では、座り方の考え方と一緒に座り方の改善方法についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

歩き方がおかしいと感じる方に伝えたい下駄を利用した歩き方の改善方法

歩き方がおかしいと感じる方に伝えたい下駄を利用した歩き方の改善方法

どのような歩き方を正しい歩き方といい、どうすればそのような歩き方ができるのでしょうか。今の自分の歩き方はちょっとおかしいなと感じる方は、どうすればいまよりも良い歩き方ができるのでしょうか。

そのヒントはまず、歩き方を整理し、脚で歩こうとするのを辞めることです。そうすれば今よりもスムーズに、気持ちよく歩くことができます。

下駄を履いて歩くことでべた足、フラットに着地する感覚が得られ、歩きやすくなります。下駄をどのように活用するのかを含めて、今日は歩き方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

歩き方と脚やせの関係とは?脚を前に出さず重心を運べば太ももは細くなる

歩き方

歩き方を言葉で説明すればどのように説明しますか?

読者の方はいかがでしょうか?実は、この歩き方を言葉で説明すると、ご自身が日頃どのように歩いているのかが見えてきます。

そして、

脚を前に出す

というような意見を持っている方がいれば、おそらくそれが原因で太ももの前側が太くなっている可能性があります。

そして、歩き方を改善すれば、太ももの前側の張りは改善でき、ヒップアップすることができるはずです!もし身体の不調を抱えている場合、それも歩き方が原因かもしれません。

歩き方のポイントは、

重心を前に運ぶ

ということです!

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ