シェイプアップまとめ 痛みの改善まとめ スポーツまとめ 無料体験

60代の女性が行うシェイプアップを目的としたトレーニングと目指す姿について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
60代のトレーニング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

60代であっても理想はあり、その理想を追い続けていく姿というのは素晴らしいなとクライアントさんを見て思います。

「バーベルとかダンベルを持ってトレーニングしている姿がかっこいいし憧れる。」照れながら話していましたが、この方が本当に目指している姿です。

今セッションで行うのは、多少ハードでもいいからある程度の重りを使ったり、バーベルを担いでトレーニングを行っています。トレーニング後は、身体も引き締まり姿勢もよくなって帰られています。

今回は60代の女性のクライアントさんとのセッションで感じることをお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

パーソナルトレーニングをご希望の方は、こちらをお読みいただければと思います。

シェイプアップのセッションを受ける前に
スポーツ選手がセッションを受ける前に
痛みの改善のセッションを受ける前に


60代のクライアントさんが行うトレーニング

この方の目的は、身体の引き締めですが、もうひとつの目的がバーベルなどを使ってトレーニングをするということです。

クライアントさんにとっては、バーベルを担いでトレーニングしている姿がかっこよく映り、憧れになっているそうです。

以前までは、腰痛や肩こりなどの身体の不調で悩まれていましたが、最近状態も良くなってきたので、そこからステップアップとしてバーベルなどを使ってトレーニングを行っていきました。

実際に行っているメニューとしては、

  • ベンチプレス
  • ベントオーバーローイング
  • ショルダープレス
  • スクワット
  • デッドリフト
  • 腹筋

このように基本的なメニューではありますが、それなりの重量を使ってトレーニングをされています。

 

1回のトレーニングで身体に変化が出るからわかりやすい

この方は、面倒なことが嫌いでどちらかというと3日坊主的な性格とご自身で言われていましたが、このように言われていても、セッションにはもう3年ほど通われています。

日頃はお仕事で字を多く書いたりする仕事で、身体も非常に硬く、循環も悪かったのですが、トレーニングを行うことで硬さも改善されるし、筋肉を緩めることも同時に行っていきますので、循環の改善もできています。

そのため、セッション終了後は姿勢が良くなり、全体的に身体も引き締まっています。

こういう変化を感じることができるとモチベーションも上がるそうで、時にはしんどそうな顔をされますが、楽しそうにトレーニングに取り組まれています。

目的がシェイプアップと、そもそもこのようなトレーニングをすることが目的ですので、それで身体が引き締まっていくのであれば続けやすいですよね。

 

年齢に関係なく人の身体はいつからでも変わる

60代の方がこれだけトレーニングをされて身体が変わるということは、身体を変えることは年齢は関係ないということです。

ある程度の重量を扱っていますが、高齢の方とのセッションだけではありませんが、けがのリスクがあればできるだけそれらを排除しておく必要があります。

例えば、重量を下げたとしてもクイック的にリバウンドを活用してトレーニングを行うと、身体に対する刺激は大きくなります。

また、スローで動き続けるようなスロートレーニングも一時的に大きなストレスを受けず、筋肉に刺激を与えることができます。

こういう刺激の与え方には工夫をする必要がありますが、年齢に関係なく人の身体はいつからでも変わっていくので、あとは実行するのみという感じですね。

 

スロージョギングで筋力が向上する

スロージョギングという方法を聞いたことがあるでしょうか。文字通り、スローにジョギングするということですが、この利点は、

  • ある一定の速度を超えた時歩くことよりもスロージョギングの方が楽に感じる
  • スロージョギングの方が楽に感じるが、消費カロリーはスロージョギングの方が高くなる
  • また筋力の向上もする

このように紹介されている、本があります。

クライアントさんは、40代のときにスロージョギングにはまっていたそうで、最近もしたいしたいと思いつつなかなかできずにいました。

ですけど、先日から改めて始められたそうで、持久的な部分の成果だけではなく筋力の向上が見られました。

いつも行うスクワットは、ある程度の回数をこなすときつくなり、その様子は見ているとよくわかります。ただ、スロージョギングを初めてからは、以前よりも回数がこなせるようになっており、スクワットの重量をもう少し上げてもいいと思うぐらい軽く感じられるようになりました。

スロージョギングでは、1歩ずつ片足にジャンプをして着地をするようなものですから、このようなことを繰り返すことで筋力の向上が見られたと考えられます。

クライアントさんの主観としては、スロージョギングは楽だし、すごくストレス解消になるから1時間でもできると言っていました。スロージョギングをはじめてから体重も落ちてきていますし、プラスになることがよく見られるようになっています。

クライアントさん自身が続けやすいもの選択していくことは、非常に大切なことだと改めて感じさせられる瞬間でした。

 

まとめ

身体を変えていく方法はひとつではありませんし、何かひとつに固執することもないと思います。

今回の場合、クライアントさんご自身がある程度重りを担いでトレーニングすることがひとつの目的でした。ですので、上記でお伝えしたような方法を選択し、実践していきました。

これでも十分身体は変わってきていますし、姿勢の改善もうまくできています。

さらにご自身でスロージョギングを取り入れていただくことで、筋力の向上もみられていますし、身体も軽くなり、以前よりも非常に健康的になっていると思います。

知識や技術も非常に大事なことですが、現場で大事なことはクライアントさん自身が求めていることをきちんととらえて、それに応えていくこと。

これからも一人一人を大切にして、期待に応えられるようにセッションを行っていきたいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*