不安になる原因とは?性格と自律神経の2つをみることでわかる改善方法について

スポンサーリンク
不安になる原因とは?

何かについて心臓がどきどきして、ちょっとした頼まれごとでも、「失敗したらどうしよう。」「怒られたらどうしよう。」って不安になることってありますよね。

僕も結構心配性というか、気にしいなので不安になることは多かったんですね。正直今までは、この不安になる原因って性格だって思ってました。

でも最近ちょっと違うなって感じてます。というのは、性格ももちろんあると思うんですけど、多分性格だけの問題じゃないんですね。というのは、ちょっと想像してほしいんですけど、元気なときって仕事をしていても何もなければ不安になることってないと思うんですね。

ちょっと疲れてるときとか、寝不足のときとかって、何もしてないんですけど、「あれってちゃんとしたっけ?」とか「あれ大丈夫だっけ?」とかなんか余計な心配したり、不安になることってないですか?

僕は寝不足だとこれがひどい。だから絶対に夜更かししないようにしてるし、時間だけは毎日同じ使い方をしてます。

不安になる原因って性格だけじゃなくて、改善できる部分もあると思うので、ちょっと試してほしいことがあるので、実践してみてください。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

不安になる原因は大きく分けて2つあると思う

個人的には、不安になる原因って大きく分けて2つあると考えています。

  • 性格
  • 自律神経のバランスの乱れ

この2つです。

性格が原因

性格(せいかく)は、その者の性質を表す。

Wikipediaより引用:性格

これは、今まで育ってきた環境要因と元々持っている遺伝的な部分の混同で出来上がってくると思うんですけど、要は遺伝と今まで経験したことによって形成される部分であり、時間をかけて作り上げられる部分だと思います。

繰り返し、「だめだよ!」「●●してはいけない!」と言われ続けたり、やることなすことに注意をされていると、常に「怒られるんじゃないか?」と考えやすくなると思います。

このように、性格的な部分が原因で不安になりやすいこともあると思いますが、これを改善するためには時間をかけて形成されてきたものなので、時間をかけて改善するしかないと思います。

要は、考え方を変えていかないといけないはずです。

自律神経のバランスの乱れが原因

今回一番お伝えしたいところが、この自律神経のバランスの乱れが原因で不安になるということなんですね。

自律神経って、交感神経と副交感神経とがあって、これらがバランスを取り合っている状態が良いとされています。

今ってストレス社会だし、人間関係に悩む人って多いと思います。僕も含めて。だから圧倒的に交感神経が優位になっている人が多いと思うんですね。

で、交感神経が優位になるってことは、低体温になったり、血流が悪くなったりします。一番問題なのが、脳から分泌されるセロトニンっていう快楽ホルモンの分泌量が減る。

そうすると、リラックスできなかったり、イライラしたり、不安になったり。精神的に不安定になるんですね。つまり自律神経のバランスが乱れるということで、不安が増すという可能性があるということになります。

 

自律神経のバランスを整える考え方

自律神経のバランスを整える方法は、呼吸であったり、リズム運動ということは以前からお伝えしてきていますので、こちらを参考にしていただければと思います。

関連記事:自律神経のバランスが整わない原因と整えるために知っておきたいこと

関連記事:自律神経を整える方法|心が落ち着き仕事の効率も上がる

改善方法のイメージできました?つまり、日常生活の中でリズムを感じること。そして、循環の改善を行って体温をあげる。

セロトニンの材料になるトリプトファンというアミノ酸は、できればOisix(おいしっくす)で売っている食材を使ってほしいですね。というのは、ここは安心できます。

有機野菜ですし、無添加の食べ物も扱っているので、できればこういう食材からトリプトファンを含む、豆、豆腐、卵、野菜などをとってほしい。

もし食事だけでは摂れない方は、グッドナイト27000というトリプトファンを摂れるサプリも補助的にはありかなと思います。

 

1回できるだけゆっくりする時間を確保してみて!感覚変わるから

僕もそうやったんですけど、いらちというか不安だからなんですけど、何かやってないと落ち着かなかったんですね。

だけど、今思うと、この状態になっている時点で結構やばいなってところまできてるんだと思うんです。というのは、今はすごく落ち着いて、毎日いろんなことが見えるようになったんですけど、数年前まで大分ひどかった。

いろんなことに対するやりすぎがあって、結果それが不安を増していた原因だったと思います。

何かをやりすぎているとやりすぎている自分に酔ってくる

これはどちらの意味でも言えるんですけど、やりすぎるとすごい成果を生むときと、自分の身体が壊れるとき。

今の自分を変えるためにはある程度数をこなすことも大事。だけど、それ以上に自分の身体が健康であることが前提だと思うんですけど、やりすぎゾーンに入ってしまうとそれが気づけなくなる気がします。

僕は逆にやりすぎているときに、やりすぎて無理をしている自分に「俺って今イケてる!」とか思って、調子が良いと感じてしまう。

だけど実際は違っていて、ただ興奮状態になってしまっていて、その興奮状態を超えるとどうなるかというと発熱して、一気に体調が崩れる。まずやりすぎている人はちょっと手を止めて、一度頭を冷やした方がいいと思います。

そこで、すごいいろんなことに気づけるし、頭が冷やされていくと、抱いていた不安が少なくなっていく、この不思議な感覚が出ると思います。僕の場合はですけど。

誰かに相談することもいいのかも。

僕はこれがへたくそ。誰かに相談することが。わかっちゃいるけど、自分で解決したいかな。

でも、変わらないとね、とも思ってます。頑固者ですね。

仕事をしていても、相談されることはありがいことに多くて、そういう方って結局解決するための声を求めているわけではなく、吐き出すことが気分転換になったり、楽になったりするのかなって思ってます。

表情見てたら僕も、「聞いてるだけだけど、良かったかな。」って思えますよね。だから、誰かに話すことも大事だと思いますよ。

僕もへたくそといいながら何気に相談して、聞いてもらえるとすっきりしている自分がいるので、やっぱり人に相談することって、いいと思います。

不安があるのは頑張っているからだと思う

これはほぼ間違いないことだと思うんですけど、不安があるって悪いことばっかりじゃないと思うんです。

何かを変えようとしていたり、頑張っていたり、良くなりたいと思っていたりするからだと思います。どうでもよかったり、今のままでいいと思ってたら、不安というよりも投げ出す感じになるんじゃないかな。

みんながみんなそうじゃないと思うけど、やっぱり、頑張ってるから不安にもなるし、迷うことも出てくると思う。きっとそこを乗り越えると、違う感覚になれるんだと思います。

僕もそうでしたし、これからもそうだと信じてますしね。

 


まとめ

不安になる原因は何も、性格だけのことではなくって、自律神経のバランスが乱れてしまって、精神的に影響が出る。

これは実際にありえることで、不安が出るということをある程度コントロールできる部分はあるはずです。だからこそ、自律神経のバランスを整えることをしてほしいですし、食べ物も意識的に変えてほしいなと思います。

全ては僕のためじゃなく、自分のためになりますからね。少しでも参考になれば僕もやっぱりうれしいですよね。

あまり自分の性格を責めすぎず、下を向かず、前を向いて、今何をやれば不安が解消ができるのかっていう参考になる内容であればうれしく思います!

最近の記事

関連記事

おすすめ記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. できること

    「できてくるからこそわかることがある」失敗を重ねて気づいたこ…

  2. 実際に聞いた不倫話4選!夫(男性)だけではなく妻(女性)の不倫が目立つ

    実際に聞いた不倫話4選!夫(男性)だけではなく妻(女性)の不…

  3. 靴の変形

    O脚を改善するために靴を変えよう!靴が原因でO脚になることが…

  4. 継続できない人の6つの特徴と継続するための方法

    継続できない人の6つの特徴と継続するための方法

  5. 原因

    「原因をみつけましょう」言うのは簡単だけど、みつけることは難…

  6. 働き方

    進化を求めなければ成長は止まるって当たり前じゃない?|伊藤出…

\脂肪を移動させて簡単にヒップアップ/




伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

  1. 気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介!

    2018.04.21

    気疲れを解消したい方に伝えたい原因と解消方法を3つご紹介…

  2. 2018.04.21

    続かない・続けられない人の特徴と続けるためのコツ・方法を…

  3. 2018.04.21

    膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と2つの改善…

  4. おすすめ記事

    2018.04.21

    まず読んでいただきたい15記事をまとめてみました!

  5. 疲れて動けない方へ

    2018.04.21

    疲れて動けない方へ|細胞が元気になれば身体も元気になる

  1. 健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

    2018.04.15

    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選…

  2. ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり方)など一挙ご紹介!

    2018.04.15

    ストレッチの本10冊!ストレッチの種類・効果・方法(やり…

  3. 便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお茶4選

    2018.04.13

    便秘で悩む方におすすめしたいサプリメント・医薬品9選とお…

  4. 脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ!

    2018.04.07

    脚(足)のマッサージオイル7選!脚痩せしたい方におすすめ…

  5. 美脚とサプリ

    2018.04.05

    ストレスとむくみの関係|美脚を目指す方におすすめのサプリ…

  1. おいしっくす

    2018.04.12

    【まとめ】有機・無農薬・半減野菜を購入できるサイト5選

  2. コンディショニング

    2018.04.11

    体調だけではないコンディショニング(基礎体力)という言葉…

  3. 太ももの前側を引き締める

    2018.04.04

    太ももの前側がパンパンに張り脚を太くする6つの原因と4つ…

  4. ふくらはぎの外側

    2018.04.04

    ふくらはぎの外側が張り出す原因と改善について

  5. 太ももの外側

    2018.04.03

    太ももの外側がポコッと出る脚の膨らみの4つの原因と改善方…

\太もも用ホットマッサージジェル/