腰痛を改善!1日限りの対処療法ではなく、根本原因の改善をしよう

腰痛の改善と対処療法

腰が痛い、肩が痛い、身体のどこかに痛みがあると日々の生活も過ごしづらくなります。

そんなとき、その痛みを改善しようとマッサージや温熱療法で改善を試みるけど、どうしてもその日はいいけどまた痛みが出てきてしまう。

みなさんも経験されたことがあるかもしれませんが、実際にこのような悩みを持って相談に来られるクライアントさんもいらっしゃいます。

痛みの改善は整骨院やマッサージや整体に行くが、どれもその日はいいけど日時がたてばまた痛みが出てきてしまい、なかなか痛みが改善してくれません。

このような場合、どのように改善をすればいいのでしょうか?

先日50代女性の方からご相談があり、話を聞いていると腰痛の改善のためには鍛えることが必要と考えられ、毎日ジムに通い、マシントレーニングやスタジオでのレッスンに汗を流しているそうです。

痛みは数年前からあるそうですが、痛みが出たり出なかったりを繰り返していますが、先日身体調整をすると次の日から楽になり、原因となっていると考えられた体操をやめていただくと痛みが改善し、違和感はあるけども痛みはあまり感じなくなったそうです。

腰痛というのはまだわからないことが多いとされており、解明できていないことも多いそうですが、腰痛を改善するためには、対処療法ではなく根本原因の改善が必要になります。

前置きが長くなりましたが、今日はそんな腰痛の改善について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

体幹トレーニングをすることで緊張していた腰部

この方の場合、日頃からよく体幹トレーニングを行い、ほぼ毎日行っているそうです。内容も何十種類という数をこなし、さまざまな体勢でトレーニングを行います。この方の腰痛は右側に出ており、ヘソの高さぐらいの位置で痛みを感じていたそうです。

触れてみると右の腰部だけ筋肉は緊張し、ポコッと膨れたように筋肉が硬くなっていました。

この体幹トレーニングを行うのも、痛みを改善するためには筋力を高めるしかないとアドバイスを受けたためであり、痛い=筋力が弱いと考え、毎日のように鍛えられていました。

まずは自然体に直し、緊張している筋肉を緩めるようにお話をすると、緩める=痛みが改善するということがイメージできず、はじめはどうしても鍛えたいということを言われていました。

1度だけ身体調整を体験していただき、状態の変化をみていただくと軽くはなっているけど、これじゃあまた痛みは出るから鍛え方を教えてほしいとおっしゃっていました。

結局、次回まで1度体幹トレーニングをやめて変化を見ていただくことになり、かわりに立ち方や座り方、歩き方、階段昇降のやり方など、日常生活の動作をお伝えし、それを意識して実践していただくことしました。




 

筋肉が緩まり、徐々に痛みの程度が変わった

そうして1週間すごしていただくと、自然体に直すことや筋肉を緩めることで痛みが改善することが理解していただけました。

今までは施術を受けた次の日は痛みが出てくるけど、今回は出てこないため喜ばれていましたが、根本的な原因は家での過ごし方にあったと思います。

家では地べたに座り、あぐらをかき背中を丸めるように座っていました。座る姿勢が乱れてしまい、その影響で全体の歪みへとかわり、右の腰部の緊張につながっていたと思います。

それにプラスして体幹トレーニングをすることで腰部への緊張が増していったと思います。

身体調整を終えてからは、椅子に座ってすごしたりすることが多くなり、わかってはいたけども筋肉の緊張の出方がかわり楽になったそうです。

関連記事:体幹トレーニングをすれば腰痛は改善できる?流行りに流されないために知っておきたいこと




 

部分的な対処ではなく、全体を直すことで部分も改善される

現在、医療機関やさまざまな場面で対処療法が問題視されており、根本原因の改善なくして、問題の解決はできないと言われています。書籍を見ていても、病院での薬の使い方に疑問を投げかける医師も多くいます。

腰痛も同じで、腰が痛い、緊張しているから腰の筋肉をほぐすということが中心に行われがちですが、実は本来の原因は他の場所にあることがほとんどです。

少し部位はかわりますが、以前足首が腫れている選手がおり、病院で診断を受けたけども特に問題が見当りませんでした。

この選手は足首が腫れていましたが、すねの近くにある腓骨筋という筋肉が緊張し、炎症していたため足首が腫れていました。

そのとき、すねあたりを緩めると腫れも引いていきましたが、この例と同じように痛みが出ている箇所に問題があることは少なく、原因は違う場所にあったりすることが多く見られます。

このような場合、全身の歪みや緊張を改善することで部分の問題も解決するのではと考えています。

そのため、この50代女性の場合も首から足まで身体調整で自然体に直し、筋肉を緩めていきました。

そうすることで腰の痛みも改善されていきました。

関連記事:腰痛の原因をわかりやすく伝えます|必ずしも痛い部分が問題ではない




 

日常で行う姿勢や動作を見直すことが根本原因の改善につながる

この方も自然体に直すことは理解していただけましたが、この歪んでしまう原因は日常生活にあるとは理解していただくことができませんでした。

自分の感覚では歪んでいる感覚はないそうで、だから歪んでいないという理解だったそうですが、鏡を見ながら肩の高さや骨盤の高さ、左右への捻りを比べてみると違いが初めてわかり、この歪んだ姿勢の状態に似た姿勢を日頃からとっていないかをお聞きすると、「あっ!」っと思い出し、それが座り方のまずさに気づかれたときでした。

みなさんも経験があるかもしれませんが、自分が感じる違和感のない姿勢が歪みのない姿勢ではなく、歪みがある方が自然体に直すと違和感が出ることがあります。

これは自分の感覚がすべて正しいということではなく、日頃過ごしている姿勢をとるとあまり違和感を感じません。ですが、その姿勢から自然な状態に直すと違和感が出てしまいますが、おそらく筋肉の緊張はなく、楽に感じます。

なぜなら自然な姿勢というのは緊張のない状態に近づくためです。

腰痛というものを紐解けば、普段当たり前にとっている姿勢や動作が不自然であり、いわゆるクセがついていることで局部に負担がかかり、痛みにつながってしまうということです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?腰痛については冒頭でもお伝えしましたが、まだ原因がわかっていないことが多く現在は自然体に直し、日常生活での姿勢や動作を改善することでクライアントさんの痛みの改善につながると考え、身体調整など指導を行っています。

とはいえ、原因はそれぞればらばらであり、その原因を探ることに最も時間を割いています。この探る作業もお話を伺ってその情景を想像し、それから考えられる姿勢や動作が原因で痛みにつながっているという見えないところを想像しきれておらず、原因がわからないこともあります。

ただ、実践を重ねて見えてくるのは鍛えるから痛みが改善するということもありますが、多くの場合は筋肉の緊張を改善し、自然体に直すことで痛みの改善につながっています。

その状態を目指し、日常での姿勢や動作を改善することが腰痛の改善につながるのではないでしょうか。

最後に今日の記事のまとめを書いていきたいと思います。

  • 筋肉を鍛えるかた痛みが改善するとは限らない
  • 腰が痛い場合、そのほかの影響を受けて腰が痛んでいることが多い
  • 部分の問題は、全体を直せば部分も改善する
  • 腰痛改善には、自然体に直し、日常生活での姿勢や動作を改善する

このような内容でお送りしてきました。

現場ではまだまだ鍛えることが優先されていたり、痛みがあることは筋力が弱いからと言われることが多いですが、筋肉を緩めることや自然体に直すことで痛みの改善になると考えると今までとは痛みとの付き合い方が少し変わるのではないでしょうか。

今日の記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 壁立ち
  2. 変形性股関節症
  3. 投げ方
  4. 歩き方
  5. 椅子への座り方
  6. コンディショニング
  7. 打ち方
  8. ふくらはぎをストレッチ
  9. 走り方
  10. 腰痛の原因
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  2. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  3. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  4. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
ページ上部へ戻る