野球選手の肘の痛みはフォロースルーを変えることで改善できる

野球選手の肘の痛みはフォロースルーを変えることで改善できる

≫無料体験≪

投げる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球選手が抱える肘の痛みは、手術をしないと改善しない。ということはんく、逆に手術をしても痛みが再発することがあります。

なぜなら肘の痛みの原因は、投げ方にあるからです。もっと詳しく言うとフォロースルーがうまくとれていないために肘に負担がかかり痛みが出てしまいます。

肘の痛みを改善する、未然に防ぐためには腕を身体に巻き付けるようにフォロースルーをとることで問題は解決できます。

今回は、野球選手が抱える肘の痛みと改善についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

Izuru Styleでは無料体験も行っていますので、ブログの内容を実感してみたい方、パーソナルトレーニングにご興味ある方は、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

無料体験はこちら


野球選手が肘を痛めてしまう原因

野手であれ、投手であれ、野球選手が肘を痛めてしまう原因のひとつに投げ方の問題があり、フォロースルーのとり方に問題があり痛みにつながっている可能性があります。

野手の場合、打球なりに送球を受けた後、どこかにボールを投げると、投げた方向に腕を伸ばし、いわゆる野手投げをすると思います。

この動作も問題がありますが、肘が痛くなる投げ方というイメージは投手で説明するとわかりやすいと思います。

投手がボールをリリースし、腕を減速させるためにフォロースルーをとります。このとき、腕が身体に巻き付くようにできていると肘への負担も少なく、痛める可能性は少なくなります。

投げる

ただ、このようなフォローをとらず、このようなフォローになっている場合、肘を痛める可能性があります。

フォロースルー

フォロースルー

これは身体が突っ立ってしまっていて、腕がうまく身体に巻き付いていない状態です。

このような状態は、何が問題になるのかというと、ボールをリリースした後、一度肘が完全に伸展してしまいます。

肘が完全伸展

その場でやっていただくとわかりますが、肘を伸ばしきることを何度も繰り返してみてください。数回するだけで肘関節に大きなストレスがかかることがわかると思います。

投球時、肘は完全伸展することはなく、肘が伸びきっているように見えても、若干関節自体にはゆとりがあります。

肘は完全伸展しない

リリースした直後は、前腕の回内、肩は内旋し、小指が天井を向くようにフォローをとることで減速していきます。

このような投げ方ができていると肘を痛めることなく、投球することができます。

 

肘の痛みを改善する方法

肘の痛みの原因が投げ方にある場合、先ほどお伝えしたように腕を身体に巻き込むようなイメージでフォローをとると肘が伸びきらずに投球することができます。

投げ方の改善は、こちらを参考にしていただければと思います。

 

肘の痛みの原因はひとつではない

ここまで野球選手が抱える肘の痛みの原因は投げ方だとお伝えしてきました。

ただ、肘を痛める原因はそれだけではありません。

野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因についてでもお伝えしていますが、肘を痛める原因は、

  • 筋力不足
  • 使いすぎ(オーバーユーズ)
  • 柔軟性の低下
  • アクシデント

なども考えられます。

もうひとつ考えられることが、指導者の理解不足です。アドバイスによって肘が伸びきるような投げ方になってしまう選手がいます。

  • 胸を張って投げろ
  • 肘を引くように腕を上げろ
  • ボールを前で離せ

このいったアドバイスは腕が上がらなかったり、結果的に肘が伸びきるような投げ方になってしまいます。

そういうことが考えられる方は、こちらを参考にしていただければと思います。

指導者のアドバイスが原因で肘が痛くなる場合、選手は自分自身で投げ方の理解を深め、臨機応変に対応する必要があると思います。

 

まとめ

今回は、フォロースルーのとり方が原因で肘が痛くなってしまう理由や改善についてお伝えしてきました。

今回の場合であれば、腕を身体に巻き付けるようにフォローをとることで肘の痛みを改善することができます。

ただ、その他の要因が原因である場合、また改善方法は変わってきます。

大事なことは、なぜ肘が痛くなってしまうのか、その原因をみつけることです。原因によって対応は変わるため、何をやるかよりも、なぜ痛くなってしまったのかを把握することが改善の第一歩となります。

最後に、今回のまとめをお伝えしていきたいと思います。

  • 投球時、肘は完全伸展する瞬間はない
  • フォローのとき、腕が身体に巻き付かない場合、肘が伸びきる可能性がある
  • その繰り返しが肘を痛める原因となる
  • 改善方法は、フォローのとき腕を身体に巻き付けるように投げること

このような内容でお送りしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事

ピックアップ記事

  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  2. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  3. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  4. 出張パーソナルトレーニング
    出張パーソナルトレーニングは、全国可能で、1回60分10,800円となります。 現在、毎月最終週の…
  5. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  6. 野球パーソナルトレーニング
    野球・スポーツコースは、1回のみのプランや60分・90分、1~2回/週などをお選びいただけます。 …
  7. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  8. スポットパーソナルトレーニング
    スポットパーソナルトレーニングは、1回のみのパーソナルトレーニングになります。 遠方の方や、「まず…
  9. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
ページ上部へ戻る