投手が知っておきたい投げ方の7つの基本動作

投げ方

プロ野球では交流戦が熱を帯び、各地で熱戦が繰り広げられていますね。

交流戦で強さを見せるロッテは今年もスタートダッシュし好調な一方、日本ハムの2軍で奮闘する斎藤佑樹投手はいまいち調子が上がってこないようです。

88年代の同世代ですので、前田健太や坂本勇人と同じように一軍で活躍してほしいなと思います。

さて、そんなプロ野球の話題からスタートしましたが、小学校からしていた野球はいつまでたっても好きで、野球に関わる仕事ができていることは、本当に幸せだと思います。

先日投げ方について自分なりに頭の中で整理をしていると忘れていたことや、アドバイスとして不適切なことを言ってしまっていることに気づきました。

自分の頭を信用せずに、常に見返すことが大切だと改めて感じました。今日はそんな野球の投球について書いていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

投球動作を整理してみました

投球動作は、非常に複雑に感じますが、今日はシンプルにまとめていきます。

基本の考えとしては、3つの局面に分けて考えることでよりわかりやすくなると思います。

その3つの局面というのは・・・

  • 立つ
  • 前に(体重移動)
  • 投げる

になります。

これは以前からお伝えしていますが、このように考えることで整理しやすく、実践しやすくなると思います。では、これをもう少し砕きながら細かく見ていきましょう。

関連記事:投手が知っておきたい3つに分けた投げ方の基本の考え方について

 

立つについて

投げる動作の最初の動作になりますが、セットから投げる際に右投げであれば右脚が軸足になり、一度体重を乗せてから、キャッチャー方向へ体重移動をしていきます。

軸足で立つ

前に体重移動

この軸足に体重を乗せる動作で、コントロールの良し悪しが決まってしまったり、きちんと軸足に体重が乗れなかった場合、力のないボールを投げることになってしまいます。

投球の約60%が下半身から力を得るとされており、その重要性はこの数値からも理解できます。

軸足に体重を乗せるとき、どのように立てばいいのでしょうか?

体重支持については、三点支持・フラット着地と言われるベタ足状態で立ちますが、この際によくあることが、プレートの前に穴を掘っていることがあります。

これは、つま先を突っ込むような形で立つことになり、軸足に体重を乗せたとき不安定になり、つま先に体重が乗るので、踏み込んだ際にインステップになったり、バランスを崩してしまう原因となります。

インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

プレート前の穴は埋めておくほうが、足場の安定が得られ、下半身の力をより使うことができますし、コントロールも乱れにくくなります。

 

軸足に体重を乗せたときの注意点

軸足に体重を乗せ、体重移動に移っていきますが、この際に位置エネルギーを得ることで、その後の投球により力を加えることができます。

この軸足で立ったとき、小趾側に体重が流れてしまう選手がいますが、このように小趾側に体重が流れることでエネルギーの方向が上方向に向いてしまいます。

足の外側

そのままキャッチャー方向に踏み込んでいっても、ボールが高めに浮いてしまったり、一度上方向に向いてしまったエネルギーの方向は下方向に向けることは難しくなります。

腕でコントロールするような形になり、ストライク付近にボールが投げられたとしても、腕でコントロールするような形になり、力のないボールしかいきません。

大切なことは、軸足の足裏全体で体重を支持することです。

投げ方

そのためには踵で立つという感覚を得ることが重要で、体重移動の際にプレートを押すのも、この踵でプレートをより押すことで勢いをつけることもできます。

まずは、踵で立つという感覚を得ることが投球には大切になります。

関連記事:ピッチング・バッティングは足元の環境を整えれば良くなる

 

前に(体重移動)

続いては体重移動についてですが、どのように体重移動をしていけばいいのでしょうか?

よくプレートを蹴れ、などと言われますが、実際にプレートを蹴ることは難しい。というのは、蹴るという感覚よりも、踵でプレートを押すほうが前方への力が得られます。このように押す感覚の方が自然であり、投球に活きてきます。

体重移動をする際に、方向を決めるために何か目安を作ると自然に前方へ移動しやすくなります。

これは選手の一番意識しやすい場所でいいと思いますが、その意識する場所の例がこちらです。

  • グローブを出す
  • 肘を出す
  • 肩から出す
  • 骨盤(腰)を出していく

体重移動

これらのどこでもいいので、一番意識しやすい場所を先導するように、前方移動をします。

これらに意識をするメリットとしては、腕に意識を向けていませんので、無駄な緊張がなく、スムーズに腕を振ることができるため、自然な動きがしやすくなります。

方向性を決めるためにも、上記のどこかに意識を向け、キャッチャー方向にまっすぐに運んでいくと、ステップもインステップなどにならず、まっすぐ踏み出すことができるようになります。

関連記事:インステップする理由とは?野球選手が知っておきたい身体のこと

 

アームパスについて

前方への体重移動とともにアームパスが行われます。

このときによく言われることですが、『腕を内側に捻れ』や、『胸を張れ』ということが言われますが、意識的にこのような動作を行うと緊張してしまい、スムーズな動作ができません。

こういう意識を持たなくても、リラックスしておけば自然にこのような動作になります。

無理にこのような動作をせずに、リラックスして投げることをすれば、それが一番スムーズに動けるコツになります。

野球選手の投げ方|肘を引き上げようとすると腕は上がらない

胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由

 

投げるについて

リリース時に一番自然とされる腕の角度が、0ポジションといわれる位置で、前方に45度、外転45度の位置が肩のすべての筋肉が動員される位置とされています。すべての筋肉が動員されるため、局部への負担が少なく、肩を痛めるリスクの少ない位置にもなります。

サイドスローやアンダースローのような場合も、頭部と肩の位置関係は変わらず、このときに何が変わるのかといえば、上体の傾きの角度が変わることによって投法が変わることになります。

ですので、基本的には投法は関係なくこの0ポジションで投げることが求められます。

ボールをリリースする際によくボールを切れ、ということが言われていますが、スローでリリースの瞬間を見ると、指でボールを切るように離れていくのではなく、指で押し出すようにボールが離れていくようになっています。

ということは、ボールを切るよなイメージではなく、実際は押し出すイメージの方が適切となります。

また切るイメージを持ったとしても、リリースの瞬間は数秒もなく、0.何秒という短い時間しかなく、切るように意識したとしてもボールを切ることはできないようです。

長いイニングを投げたいなら手首の使い方を意識しないこと

 

腕の動きについて

リリースの瞬間を見ると、手の平がキャッチャーに対して正面を向いており、イメージとしてはリリース直前から手の平は正面を向いた状態で出てきているように感じますが、投球時の腕の動きは、カーブを投げるように頭の後ろに腕が落ちた後、チョップをするように腕が出てきます。

そして、リリースの瞬間に手の平が正面を向き、そのすぐ後に腕は内旋され、身体に巻き付くようにフォロースルーを迎えます。この投球動作の中で肘が完全伸展することはありません。

肘を痛める原因として、投球動作中に肘が完全伸展し、関節面がぶつかりその結果痛みが出ます。

このように自然な動作ができていれば肩や肘が痛むこともありません。

野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因について

キャッチボールをするときに覚えておきたい投げ方と手順について

 

まとめ

今日の記事については、自分の復習を兼ねて書かせていただきましたので、そこを知りたい!というところが抜けているかもしれませんが、そういう方はお気軽にご相談ください。

最後にまとめて今日の記事を終わりたいと思います。

  • 投球動作は、立つ→前に→投げる、とシンプルに考える
  • フラットに立てるようにプレート前は平らにしておく
  • プレートは蹴るのではなく、踵で押すイメージを持つ
  • 体重を前方へ移動させる際、肩や肘など4つのポイントのどこかを先導させる
  • リリースポイントは0ポジション
  • 投球動作の中では肘が完全伸展する局面はない
  • フォロースルーは、腕が身体に巻き付くように迎える

先日も、野球選手から肘が痛いと相談があり、いろんな場所で診てもらったが改善しなかったそうですが、一番の原因は投げ方に問題があり、上記のように、投げ方を伝えていくと楽に投げられるようになり、痛みも改善されました。

少しでも痛みがなく、野球に集中できるように痛みのない野球生活を送っていただいたり、身体の使い方を覚えて気持ち良く投げられる選手が増えていくとうれしいですね。

今日も記事が参考になればうれしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 腰痛の原因
  2. 変形性股関節症
  3. 打ち方
  4. 走り方
  5. がんと食事
  6. ふくらはぎをストレッチ
  7. コンディショニング
  8. 壁立ち
  9. 投げ方
  10. 椅子への座り方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  2. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  3. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
  4. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
ページ上部へ戻る