バッティング時のインパクトの位置を変えたいときはフォローを変えること

インパクト

ビデオで撮影し、後1cmボールの下を打つことができればホームランに・・・。

あと、2cm前で打てると野手の間を抜けていた。

そんな細かい分析ができるようになった今、そのビデオなどのデータを基にこんなアドバイスが増えていると思います。

「もう1cmボールの下を打て!」「あと2cm前でボールを打て!」

このアドバイスは一見正しそうに見えて、現場ではなかなかうまくいかないことが多いと思います。

その理由は、主動作を変えたければ始動作、もしくは終動作を変えることで主動作を変えることができ、主動作そのものを変えようとしてもうまく変わりません。

今日は、スポーツのさまざまな場面で見る主動作を変えるときにどのようなアドバイスの送り方をすればいいのか、この点についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

動作は始(準備)動作、主動作、終動作の3つからなる

野球選手がバットを振るという動作を例にして見ていくと、テイクバックがあり、インパクトがあり、フォロースルーがあります。

簡単な言葉で言うと、バットを振るために勢いをつけ(始動作)、そこで得られたエネルギーをボールにぶつけるインパクトの瞬間(主動作)があり、それらの過程で加速されたスピードを減速するフォロースルー(終動作)。

このような主に3つの局面から動作は成り立っています。

インパクトの瞬間は最も動作の中でも速い瞬間であり、投手であればリリースの瞬間になります。

実際にあれだけ速い速度で身体を動かしながら、わずか数ミリ、数センチを操作することは非常に難しいことであることは想像できると思います。

ただ、見た目としてはその数センチの差を埋めるためには、そのまま指導すると「手を1cm左へ」などと、変えた局面そのものの変化を求めてしまいます。

これではうまく改善できません。

主動作を変えるためには、前の始動作を変えるか、もしくは後ろの終動作を変えることで、主動作が変わります。

テイクバックを変えるのか、フォロースルーを変えるのか。

そうすることで先ほどお伝えした「あと1cm」の差を埋めることができます。

 

どのようにアドバイスをすればいいのか?

上記のことを現場で活かすためには、どのように選手にアドバイスをすればいいのでしょうか?

変えたい部分を直接操作しようとしない

先ほどもお伝えしましたが、主動作を変えたい場合、主動作を変えようとしてはうまくいきません。

大切なことは、前後を変えることです。

投手の場合、現在このような位置がリリースポイントだとします。

リリースポイント

バイオメカニクスの観点からすると、後1cm外側に手があった方がいいとするとします。

そのときのアドバイスは、「あと1cm外側にリリースポイントをもっていけ!」とは言わないことです。

フォローの位置(終動作)を変えるとリリースの位置(主動作)は変わる

リリースの位置を変えるためには、フォロースルーの位置を変えることです。

上記の画像のまま投球すると、この位置に腕が巻き込まれ、フォロースルーを迎えるとします。

リリースポイント

この位置を水色で示した位置に持ってくるようにアドバイスをします。

リリースポイント

このフォロースルーの位置に腕が来るためには、先ほどよりも外側を通らないとここには腕はきません。

そのため、主動作を直接変えていませんが、終動作を変えることで間接的に主動作が変わります。

始動作を変えても主動作は変わる

上記でお伝えしたのは、終動作を変えることで主動作も変わるということでした。

これ以外にも、投手の場合、テイクバックのとり方などの始動作を変えることで主動作を変えるという手段もあります。

投げ方

どちらでもいいですので、前後の動きに対してアドバイスを送ることで、「あと1cm外側」という位置を変えることができます。

アドバイスの送り方ひとつで選手の動きも変わってしまうので、このようなことを知っておくとより的確なアドバイスができると思います。

 

バッティングではこのように変える

バッティングを行っているとき、打球をもう少し上げたい、フライを打ちたいと思ったときに多くの場合、打球の下を打とうとしたり、インパクトの瞬間で操作しようとします。

ただ、先ほどもお伝えしたようになかなかうまくいかない。

そんなときは、フォロースルーの位置を変えます。

ライナー性の打球が多い場合、フォローの位置がこのような位置になっていることが多いと思います。

フォロー

バットを寝かせるように構え、そこから平行に回転するように打ったとき、このようなフォローの位置になります。

この場合、ライナー性の打球がいきやすくなりますが、このフォローの位置を高くします。

フォロー

そうすると主動作であるインパクトの位置が変わり、打球は高く上がるようになります。

このように常にメインの動きを変えたい場合、前後の動きを変えることでスムーズな動きの中で動作が変わっていきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

主動作ばかりに意識を向けて、どこでインパクトを迎えようか、どの位置で・・・とそこばかりを練習してしまうと、そこには緊張が生まれます。

そのため、流れがそこだけ途切れたようなちぐはぐな動きになってしまい、スピードも生まれませんし、エネルギーも小さくなってしまう。

結果的にパフォーマンスは落ちてしまうこともあります。

そうならないためにも、アドバイスの送り方は非常に大切で主動作を変えたい場合は、前後の動きを変えることで主動作が変わるということです。

今回の記事も少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 腰痛の原因
  2. ふくらはぎをストレッチ
  3. 打ち方
  4. 壁立ち
  5. 投げ方
  6. がんと食事
  7. コンディショニング
  8. 歩き方
  9. 椅子への座り方
  10. 走り方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  2. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
  3. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  4. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
ページ上部へ戻る