投球した後に身体が流れてしまう原因と改善について

投げ方

先日、野球選手の指導を行っている際に、最近投げた後にどうしても身体が流れてしまうという相談を受けました。

投げ方の綺麗な選手のフォロースルーを見ていると、身体に腕が巻き付くように動き、全体のバランスも良く見えます。

ただ、今回指導した選手の場合投球後に横に身体が流れるように動いてしまい、全体のバランスとしてもあまり良くなく、ボールにも本来の勢いがありませんでした。

フォロースルーの位置や、リリースポイントを修正することで全体のバランスも良くなり、うまく改善ができました。

今日は、投球後に身体が流れてしまう原因と改善についてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

投球後のバランスが悪かった原因

以前は投球後のバランスも良く投げられていましたが、最近はバランスが悪く、投球後にはほとんど身体が横側に流れるようになってしまっていました。

この原因は腕の振りを見てわかりましたが、まず選手に確認したことはどのように投げているつもりかを確認していきました。

オーバースローかスリークォーターか

投げ方  投げ方  投げ方

確認というのは、身体をどのように使っているのかというよりも、選手自身はオーバースローで投げたいのか、スリークォーター気味で投げたいのか、その投げ方を確認していきました。

選手はオーバースローのつもりで投げていましたが、ここに問題がありました。

実際に腕の振りを見ていると、リリースの位置が低く、腕の振りは縦と言うよりも斜めに動いており、スリークォーター気味に投げていました。

腕が若干横から出てくるので、フォロースルーを迎えるときに縦ではなく横回転になり、その影響で身体が外側に流れてしまうということが考えられました。

動画を撮り本人に見せて確認すると、自分が思っているよりも腕が横から出てきており、フォロースルーの位置も思ったところとは違っていたそうです。

原因が見えてきたところで、次に改善に移っていきました。

 

身体の回転を横から縦に変える

投げ方

まず行ったことは、身体に回転の方向をインプットさせるために身体をどの方向に動かせばいいのか、筋肉に触れその方向に筋肉を収縮させていきました。

立った状態で軽い腹筋のようなエクササイズですが、これでどの方向に身体を回転させればいいのかをインプットしていきました。

そこから投球をしてもらいましたが、これだけでも変化が見られバランスよくなってきました。

ただリリースポイントの位置が少し低かったので次はそこを修正していきました。

リリースポイントを確認する

リリース時に一番大きな力を発揮する場所は体幹です。

どの位置でリリースすれば一番力が加わりやすいのか、まずはその位置を探りインプットしていきました。

リリース

その位置が自分が思っていたリリースの位置よりも高かったため、そのイメージを変えてもらいました。

いつもより少し高い位置を切るようなイメージで投げてもらうと、指導前よりもボールに勢いが出てきて、選手自身はボールが指にかかっている感覚が出てきて気持ちがいいと言っていました。

投球を続けてもらい、投げ方を見ていましたが指導前よりもリリースの位置も良くな全体のバランスも良くなっていきました。

ただこの選手の特徴で同じところにボールを投げられておらず、本人もこのことはひとつの悩みだったそうです。

同じところにボールが投げられないということは、腕が同じ軌道を通っておらず、毎回違う軌道を通っているということです。

ですので、これをフォロースルーで改善をしていきました。

フォロースルーの位置を毎回同じにする

腕の軌道が毎回違うということは、フォロースルーの位置も毎回違ってきます。

選手に指導したことは、まず良いボールが投げられた時、感覚良く投げられたときにフォロースルーはどこに来るのかを感じてもらいました。

そして、そこがわかってくると毎回その位置にフォロースルーを持っていくように投げてもらいました。

フォロースルーの位置が安定してくると、その前に行われている動作も安定してくるため、毎回同じ位置にフォロースルーを持っていくように意識してもらいました。

繰り返し行っていくと、フォローの位置も同じ位置にくるようになり、投げたボールも同じようなところにいくようになってきました。

 

選手の表情や姿から結果を感じること

今回はうまくいったケースだと思いますが、選手やクライアントさんに指導しているときに気にしていることは、どのような表情をされているか、どんな感覚でやっているかということです。

選手の場合、投げていると腕の振りもスムーズに感じられるようになり、ボールの勢いも良いときに近づいてきたそうです。

そのため、「いい感じ!いい感じ!」とその感触を楽しむように、投球を繰り返していました。

何も言わなくてもどんどんボールを投げ、気持ち良く投げられるから投げる感覚も短くなっていく。

そのときの表情は指導前よりも明るいように見えますし、その雰囲気は伝わってきます。

ただ、これがうまくいっていないとき、こちらの指導が力不足の場合、明らかに表情が硬かったり、投げる間隔やテンポが悪くなります。

これは魚住先生の指導を横で見させていただいた時に感じたことですが、良い結果が出ている時には表情がよく、早く練習したい、早く走りたい、投げたいという気持ちが伝わってきます。

そういった目に見える動作だけではなく、そういう雰囲気を感じることで相手はどのように理解しているのか、どのように感じているのかを判断する材料にもなります。

気持ちの良いことを続けると結果も良い

リラックスをしてスムーズに動く。

これができると動いている方は気持ちがよく、あまり疲れません。

疲れないためもう1回しようという気持ちにもなりますし、決して身体への刺激が小さいということには必ずしもなりません。

クライアントさんはいろんな目的を持たれていますが、みなさんに共通することは気持ちよく身体を動かすということだと思います。

筋肉をつけるとなればきつさも感じますが、シェイプアップや痛みの改善、走る、投げる、打つなどの動作は気持ちよく行えれば結果も良くなります。

そのためにどのように身体を動かすのか、ということを理解してもらうと気持ちよく動け、結果も良くなります。

表情が良い状態で終わると結果も良い

毎日1日のセッションが終わると必ず1時間以上は時間をとり、その日に行ったセッションをすべて振り返るようにしています。

面白いなと思うのは、クライアントさんが「ありがとうございました」といって帰る姿を思い返すとその日の内容がどうだったかがある程度わかったりします。

変化が出ると嬉しいですし、それが表情に出てきます。

少し引っかかるような表情をされている時は、何か問題があり、行ったことをすべて振り返ります。

  • 体操(内容、身体を動かす手順、言葉の内容、呼吸の使い方など)
  • トレーニング(内容、身体を動かす手順、意識をさせるポイント、足幅やつま先の向きなど)
  • 筋肉を緩める(テクニック、持ち方、時間など)

あげればきりがありませんが、自分の何が問題だったのか、どこが原因なのかをみつけようとするとその理由が見えてきたりします。

ただ、今の自分の実力でもあると思いますが、これが分からないこともあります。そのときはある程度仮定をして次のセッションでトライします。

クライアントさん、選手の表情というのも指導内容を振り返る材料となりますし、自分が提供したこと、指導したことをどのように感じられているのかを見ることもできます。

クライアントさんの表情が良いと僕自身も気持ちがいいですし、最終的には気持ちが良いことを追究していけばいい結果になるのだと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後は少し本題から話が反れてしまいましたが、今回は投球後に身体が流れてしまう原因と改善についてお伝えしていきました。

投手などは投げた後のバランスを必ず良くしようと思う必要はないと思いますが、スムーズな身体の使い方ができていると全体のバランスは良くなります。

そこだけに意識が向いてしまうと動作が硬くなってしまうので、難しいところですが、今回はどのように身体を回転させればいいのかをインプットすると全体のバランスも良くなっていきました。

気持ちよく動けないのには何か原因があり、それを取り除くことができると気持ちよさが出てきます。

投げる、打つ、走る。

すべてに共通することは、気持ちよく動くこと。気持ちよく動けると無駄な緊張も生まれず、疲れない。

疲れないから積極的にしたくなるし、続ける。

この循環が作れると選手はよりうまくなると思います。

そういった循環を作れるように、僕自身も学び続けたいと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. コンディショニング
  2. 歩き方
  3. 腰痛の原因
  4. 椅子への座り方
  5. 変形性股関節症
  6. がんと食事
  7. ふくらはぎをストレッチ
  8. 投げ方
  9. 打ち方
  10. 壁立ち
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  2. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  3. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  4. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
ページ上部へ戻る