癌の方におすすめする運動内容と激しい筋トレをしない理由

癌の方におすすめする運動内容と激しい筋トレをしない理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

先日「乳がんの術後から変えた食事内容について【経験談】」という記事を書いたところ、癌の方からお問い合わせがありご相談を受けました。

その内容をご承諾を経て、今回記事にしてもいいということだったので、その方にお伝えする意味も込めて今回は記事を書いていきます。

具体的なご相談内容は、

クライアント
いつもブログ楽しみに見させていただいて、勉強させてもらっています。さて、私は現在乳癌になり、手術を終えて半年が経ちますが、これからのことを考え運動をしていきたいと考えています。そこで、ご相談ですが、何かいい運動方法などはありますでしょうか?

という内容でした。内容を省略してお伝えしていますので、もう少し細かい現状をお聞きしていますが、今回はこのご質問にお答えする形で癌の方におすすめする運動について解説していきたいと思います。

 


前提:個人の状態によって内容は大きく変わる

前提:個人の状態によって内容は大きく変わる

今回お伝えする内容は、あくまでも特定の1人の方のお身体の状態を把握し、アドバイスする内容ですので、癌の方全員に役立つ内容ではありません。

ただ、今回ご相談いただいた方とは別のクライアントさんの場合、乳房を切除し退院して1週間後からサポートをした経験もあります。

そういった経験や学んできた中で、僕がアドバイスできることをまとめていきたいと思います。

参考程度に読み進めていただき、何か役立つことがあれば実践していただきたいなと思います。

 

癌の方は激しい筋トレは不要

癌の方は激しい筋トレは不要

まず、乳がんの再発を防ぐために運動を考えている場合、基本的に激しい筋トレは不要だと考えています。

その理由は、

  • 健康のためには、細胞の活性化が重要
  • 細胞を活性化するためには循環を良くし、体温を上げること
  • これらを実現するためには、気持ちの良い体操で可能
  • 筋肉を肥大させることよりも、膨らませることが大切
  • 筋肉を膨らませるためには、リズムよく関節を動かすこと
  • つまり、癌の方は体操を習慣にすること

簡単ではありますが、まとめるとこのような考えを持っています。

ですので、まず明確にしておきたいことは、

激しい筋トレ=健康になる

とは、限らないということです。これで少し気分的に楽になる方もいらっしゃるでしょうし、お身体の状態からして激しい筋トレをすることが難しい方もいると思います。

癌の再発を防ぐためには、気持ちの良い体操で十分だと考えています。

関連記事:健康を目指すなら気持ちよく動く体操で十分な理由【具体例あり】

 

なぜ癌の予防のための運動が体操なのか?

なぜ癌の予防のための運動が体操なのか?

実際に乳癌の手術を終えたクライアントさんがおっしゃっていたことですが、

クライアント
本当に情けない。筋トレもできないこんな身体になってしまって・・・

と落ち込まれていました。

現場でいろんなクライアントさんに指導をしていても、みなさん共通して無意識のうちに思い込んでいることがあります。

それは、

しんどいことが続かない、重たい物を持てない=ダメ

という認識です。これは絶対に変えた方がいいです。日本人は特に、経験しなくていいしんどさ、苦労をすることが良しとしすぎです。

これは運動においては、かなり顕著に感じられます。はっきり言えることですが、健康を維持するためには、もっと気持ちの良いこと、楽なことで十分です。

では、なぜこのようなことが言えるのか、詳しく解説していきます。

そもそも人の身体に癌細胞が常在している

人の身体には癌細胞が常にいますが、癌にならないのは、リンパ節と言われる癌細胞を殺菌するようなところがあるため、癌が発症しないようになっています。

免疫力(めんえきりょく)という言葉をよく耳にするようになりましたが、免疫力が高いとこういった癌細胞を死滅させ、癌になりづらく自らを守ってくれます。

この免疫力を高い状態で維持するためには、免疫機能に関わる小さな細胞1つ1つを活性化させておく必要があります。

細胞の活性化に必要なこと

細胞を活性化するためにまず重要なことは、細胞そのものが健康で元気であることです。

細胞を元気に保つためには、

  • 老廃物、二酸化炭素を出す
  • 栄養素、酸素を摂り込む

ことです。いわゆる“代謝”をきちんと行っておくことが重要です。

いずる
人で見ればわかりやすくて、呼吸してご飯食べて、トイレ行って出す。このサイクルが健康のためには必要ですよね。細胞レベルでもこの流れが大切ということですね!

この細胞の代謝を促すために、筋肉を収縮-弛緩させます。

関連記事:健康とは?速筋線維を「快」で刺激する。気持ちのいいことでも身体は変わる

スポンジ=細胞を健康に保つ秘訣

『筋肉を収縮-弛緩』と言われてもわかりづらいですよね。

わかりやすく表現すると、ある程度水を含んだスポンジをイメージしてみてください。

このスポンジを握ると、水は出ていきますよね。そして、このスポンジを握ったとき、前腕の筋肉に力が入ります。

スポンジを握る

逆にこの握ったスポンジを離すと、再度スポンジに水が入って、前腕の筋肉は緩みますよね。

つまり筋肉を、

  • 収縮させる=老廃物、二酸化炭素を出す
  • 力を抜く(緩める)=栄養素、酸素を摂り込む

という動きが細胞単位で起こるわけです。だから、体操をするとこの筋肉の収縮-弛緩ができるので、相談された方にはこういった体操をご提案しました。

そうすると、細胞内は代謝され、細胞そのものが元気な状態を維持できるため、身体全体も元気に、健康を維持できるのではないかという考え方になります。

健康のために激しい筋トレが不要な理由

もう1つお伝えしたいのが、このスポンジを握るとき、軽く握れば十分水を出すことはできますよね。

スポンジを強く握っても水が出ますが、余計な力み、ストレスがかかります。

スポンジ=筋肉と表現してきましたが、筋肉は強く緊張させ続けると硬くなるため循環が悪くなり、細胞の代謝がしづらくなります。

筋肉は柔かく保ちたいわけです。スポンジ=筋肉は大きくなくてもいいので、柔らかい状態を維持することが健康のためには大切になります。

そして、硬い筋肉を体操で柔らかくすることで膨らみを持つので、まずしていただきたいことは気持ち良く身体を動かす体操ということになります。

 

癌の方におすすめの体操について

癌の方におすすめの体操について

では、どのように身体を動かし体操をすればいいのでしょうか?

ここからは具体的な体操のやり方についてご紹介したいと思います。

体操をやる前に

体操をやるときのポイントをまとめておきますね。

  • リラックスして気持ち良く動くこと
  • 疲れないこと
  • 大きく動かそうとしない
  • 一生懸命にしない、適当さが大事
  • ながらでもOK!

無意識に、一生懸命したり、頑張ってしまうことがあると思いますが、ここでは一切不要です。

体操をする中で筋肉を緩めるので、適当さ、頑張らない、疲れないことが大事です。気持ち良く身体を動かしていきますね。

肘で円を描く

  1. 手を肩辺りに当てる
  2. 肘で小さな円を描くように動かす
  3. このとき肩がゴリゴリ鳴らないぐらいに動かす
  4. 気持ち良く1分動かし、逆回しも1分行う

腕をぶらぶらさせる

  1. 立った状態でも、座った状態でもOK
  2. 肩から腕がぶら下がっているようなイメージを持つ
  3. そして、腕をぶらぶら小さく揺らす
  4. これを1~2分間行う

いずる
ぶらぶらしているときに肩などが疲れ出すと揺らしすぎなので、もう少し小さく動かしてみてください!

 

身体をぶらぶらさせる

  1. これも立ったままでも、座ったままでもOK
  2. 身体を小さく左右に軽く揺らす
  3. これを2~5分間行う(最初は短くてOK!)

脚を気持ち良く動かす

  1. 座った状態で、脚を気持ち良く開閉させる
  2. 足首を軽く動かす
  3. これらを合計2分程度行う

体操をやっているときに感じること

このように身体を揺らしていると、身体がポカポカしてきます。

これは、寒いところに行くと身体はぶるぶる震えますよね。これって微振動を起こすことで熱が発生するため、防衛反応として無意識の中で起こります。

この原理と同じで、身体をぶらぶら揺らしていると熱が発生し身体が温かくなってきます。

体温が高くなると、免疫力も高くなりますし、揺らすことで筋肉も緩むので、今回目的である健康的な身体には近づけるという内容です。

最初は全部やるのは大変に感じるかもしれないので、1つでもいいですし、時間を短くしてもらって構いません。気持ち良く続けられるように調節してみてください。

体操と合わせて食事も変えていきたい

体操で細胞を活性化させ、より健康的な状態を目指します。そして、それに合わせてやはり身体をつくる食事にも気を遣っていきたいところです。

ここは、体操以上に個人の今の生活が反映されるので、安易にこれがいいですよ!ということは言えません。

ただ、僕もクライアントさんのサポートをして感じたことがあったので、もし食事について知りたい方は、乳がんの術後から変えた食事内容について【経験談】を参考にしていただければと思います。

 

まとめ

まとめ

今回は、乳がんの方からのご相談内容にお応えする形で内容をお伝えしていきましたが、日頃行う運動はこういったことがおすすめできると思います。

やはり、人の身体は細胞の集合体なので、いかにその1つ1つの細胞を元気で活性化された状態で維持できるか。

それが大きなポイントになると思います。そのためには激しい筋トレは不要で、気持ちの良いことを続けることで十分です。

あとは体操を継続していただくことで、身体の軽さ、体調の変化などを感じられるようになります。

今回の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

人気記事からだを元気な状態でキープするために僕が考えているたった1つのこと

関連記事

▼癌の原因と食塩などとの関係について
>>がんの原因と食事の関係|塩分や動物性脂質・タンパク質の摂取量を控える

▼癌と自律神経との関係について
>>癌の原因と自律神経との関係|食事療法の考え方もまとめてみました。

IzuruStyleについて

伊藤出

神戸パーソナルトレーニングIzuru Style
伊藤出のプロフィール
コース・アクセス
お客様の感想
FAQ
お問い合わせ(無料体験)

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ