野球

競技を向上させよう!スポーツ選手向けの記事まとめ

走り方

スポーツ選手に対して行う指導というのは、ウエイトトレーニングだけではありません。

そもそもどのようなことを向上する必要があるのかというと、コンディショニングを向上させることがベースになります。

コンディショニングとは何か。どのようなトレーニングをする必要があるのか。

続きを読む

野球選手がバランスよく立てない理由とその影響について

バランス

野球選手は、足元の環境が悪くバランスを崩すと、大きく影響を受けてしまうということを感じることがありました。

バランスよく立てない原因を違う場所で探してしまい、足元の環境が原因だと気づくことがなかなかできず、時間がかかってしまいました。

高校球児はプレートの前やバッターボックスに穴を掘り、その穴につま先を入れる選手もいます。

続きを読む

サッカー選手に伝えたい。アジリティ・クイックネス・フットワークの違いについて

サッカー選手のアジリティ

サッカー選手であれば、よりうまくなりたいと思うことは自然なことだと思います。

ライバルに勝ちたい、試合に出たい、レギュラーになりたい。今の立場が違っても、それぞれが向上心を持ってサッカーに取り組んでいると思います。

うまくなりたいと想いが強くても、練習やトレーニングの目的を理解せず、ただこなすだけではパフォーマンスは上がってきません。

続きを読む

疲れない走り方とは?重心を低く腕を一生懸命引けば疲れる

ヒップキック

語弊を恐れず言うならば、全力で走っても息が上がらず、疲れずに走ることはできると思います。

実際に、僕自身徐々に全力で走っても息が上がりにくくなってきています。うさんくせ~なって思う人もいますよね。

だと思うんですけど、そもそもなぜ疲れるのか?それはエネルギーを消費しているから。エネルギーを多く消費しているということは、疲れますよね。

続きを読む

キャッチボールをするときに覚えておきたい投げ方と手順について

腕回しからの投球

キャッチボールをするとき、どのような投げ方をし、どのような手順で進めていけばいいのか?

投げ方自体を変える必要はありませんが、いきなり全力で投げると動きが緊張しスムーズな動作をしづらくなります。

言い方を変えると、最初の段階で全力で投げようとすると、硬い動きがインプットされてしまうため、その後もそれが続いてしまいます。

続きを読む

投球した後に身体が流れてしまう原因と改善について

投げ方

先日、野球選手の指導を行っている際に、最近投げた後にどうしても身体が流れてしまうという相談を受けました。

投げ方の綺麗な選手のフォロースルーを見ていると、身体に腕が巻き付くように動き、全体のバランスも良く見えます。

ただ、今回指導した選手の場合投球後に横に身体が流れるように動いてしまい、全体のバランスとしてもあまり良くなく、ボールにも本来の勢いがありませんでした。

続きを読む

あれ?遅くなった?日頃から最大スピードを経験させないとスピードが落ちてしまう理由

最大スピード

中学生の頃、全国でも屈指の選手であり、県大会に出場するのは当たり前で、常に全国大会の常連。

でも高校に入ると、調子が上がらず成績も低迷。

中学の頃の方が速く走れるし、スピード感がある。最近はスピード感が出ないし、どこか自分に遅さを感じる。

続きを読む

パフォーマンスを向上させるためには“できる”と“難しい”ことを組み合わせること

コーディネーション

スポーツ選手がうまくなりたい、パフォーマンスを向上させたいと思っている時というのは、ライバルに勝ちたかったり、自分が目指すところにたどり着きたかったり、それぞれの想いがあると思います。

それを実現させるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、“できる”ことをステップアップさせていくこと、あえて“できない”ことを経験させること、これらを両方うまく組み合わせトレーニングさせることです。

続きを読む