野球

 

その他のカテゴリーはこちら!

シェイプアップダイエッ... 続きを読む

ランニングで膝の痛みが発生する原因と改善について

ランニングと膝の痛み

知り合いに誘われて、走ってみようかな?もしくはマラソンに挑戦してみようかな?と思っている方もいるかもしれません。

そんな初心者ランナーの方が起こしやすいのが、膝の痛みです。

ランニングをするとなぜ膝や足首に痛みが出てしまうのでしょうか?よく言われるのは筋力が弱いからという... 続きを読む

ランニングの着地を考える|速く走るためには踵から着地しつま先で地面は蹴らないこと

ランニングで筋肉をつける

速く走りたい。そんな気持ちが強ければ強いほど自分の走り方を見直し、研究を重ねると思います。

走り方を学び、実際にランニングしたり、走ってみたりして試行錯誤を繰り返す。その中で出てくる疑問のひとつに着地の問題があります。

ランニングをしているときは、踵から着地するのが正しい... 続きを読む

野球選手の肘の痛みはフォロースルーを変えることで改善できる

投げる

野球選手が抱える肘の痛みは、手術をしないと改善しない。ということはんく、逆に手術をしても痛みが再発することがあります。

なぜなら肘の痛みの原因は、投げ方にあるからです。もっと詳しく言うとフォロースルーがうまくとれていないために肘に負担がかかり痛みが出てしまいます。

肘の痛みを改善する、未然に防ぐためには腕を身体に巻き付けるようにフォロースルーをとることで問題は解決できます。

続きを読む

長いイニングを投げたいなら手首の使い方を意識しないこと

手首を使って投げる

先日、ソフトバンクのサファテ投手が先発陣が早々にマウンドを降りてしまうからリリース陣は疲労が溜まっているとチームに喝を入れました。

プロ野球選手を目指す投手であれば、チーム内でいかに長く投げ勝ち星をチームにつけられるかがひとつの評価となります。

長いイニングを投げるためには過度に手首の使い方に意識を向けないことです。手首に意識を向けて動作を行ってしまうと早々に前腕が疲労してしまいます。

続きを読む

ランニング時の走り方を変えることで息が上がりにくくなる

重心は前、脚は後ろで大きく回転

ランニングをすると息が上がり疲れることは当たり前ではなく、人はもっと疲れず楽に走ることができます。

疲れる=エネルギーを消費しているということですが、疲れないような走り方ができると気持ちよくランニングすることができます。

そのためのイメージは、重心は前、脚は後ろで回転するようなイメージで走ることです。

続きを読む

野球選手の投げ方|肘を引き上げようとすると腕は上がらない

投げ方

野球選手は投げ方ひとつで肘が痛くなったり、肩が痛くなったりします。

肩肘を痛めて手術をしても、投げ方に問題があれば痛みが再発し、術後も痛みに悩まされることもあります。

今回お伝えすることは、投球動作の中で起こる腕の上げ方です。肘を引くように上げる、胸を張るように腕を上げる、腕を内側に捻じりながら上げるなどいろんなことが言われます。

続きを読む

ジムでラットプルダウンのマシンを使うときに知っておきたい4つのバリエーションについて

広背筋に刺激

ジムでトレーニングする方ならラットプルダウンというトレーニング方法をご存知だと思います。

このラットプルダウンを行うためのマシンがあり、これはジムで人気のマシンのひとつです。

このマシンは、広背筋のトレーニングとして知られていますが、実は使い方のバリエーションを知っていると大胸筋や上腕二頭筋などを鍛えるためにも活用できるマシンです。

続きを読む

投手のスタミナは走り込みでつく?持久力の意味と実践について

持久力

「走り込みが足りないから打たれたんだ!」そうやって選手を叱る指導者がいますが、本当に走り込みが足りないから打たれてしまうのでしょうか?

もしくは、走り込みを行っていると本当に打たれないのでしょうか?投手が打たれる原因は、うまくボールをコントロールできなかったり、力みすぎて威力のあるボールが投げられず打たれることが考えられます。

もしくはスタミナがなく、回を増すごとに疲れてしまう球威を失い打たれる。そんなこともあると思います。

続きを読む

バッティング時の手首の使い方とは?手首は固定する、それとも返す?

手首の動き

野球選手であれば自分のバッティングをより良くしたいと思うことは自然なことだと思います。

そしてホームランを打つことに憧れる選手も多く、遠くにボールを飛ばすために試行錯誤を繰り返していると思います。

その中で話題になるひとつが、手首の使い方です。バッティングをしているときに手首は返した方がいいのか、それとも固定させた方がいいのか?

続きを読む