野球

野球選手がウエイトトレーニングをすることで動きが硬く可能性があるため整理しておきたいこと

野球

プロ野球も交流戦が開幕し、普段はDH制があるため打席に立たないパ・リーグの投手が打者としてバッターボックスに立つことや、走塁を見られること、DHは誰が入るのかなど普段では楽しめないことも魅力のひとつです。

個人的にはオリックスがまだまだ本調子ではないことが気がかりで・・・ぜひ頑張ってほしいですね。 頑張れ!オリックス。といったところで今日は野球選手とウエイトトレーニングについて書いていきたいと思います。野球選手にとってウエイトトレーニングとは・・・

続きを読む

50m6.2秒の現役トレーナーが伝える走り方について

走り方

小・中・高校と脚の速い男子はなぜか女子にモテるという風潮があった学生時代ですが、思い出深いのは何といっても高校生の頃。

1年生のとき、スウェーデンリレーのアンカーで出場し、400mを走ることとなりました。高校になると学年関係なく、全校生徒が対決するため野球部の先輩の存在を恐怖に感じながら出場していました。

バトンを受け取ったときは断トツの最下位でしたが、残200mというところでスパートをかけ、4人をごぼう抜きし、トップでゴール。その後、女子生徒7人からアドレスを聞かれ、ハーレム状態ということがありました。今は古き良き思い出。

続きを読む

走り方を変えれば楽に走れ、タイムが縮まり、痛みも改善する

ランニング

先日は2014年神戸マラソンが行われ、約2万人のランナーが神戸の街を駆け巡り感動の渦に包まれたそうです。フルマラソンは走った人にしかわからない達成感と感動が味わえると言われ、僕も未知の世界ですので、いつかは走ってみたいと思います。

来年1月17日で阪神淡路大震災から20年目を迎えるということで、今回の神戸マラソンのテーマは、『20年目のありがとう 震災29年目の感謝と友情』というテーマが掲げられました。当時幼稚園に通っていた僕は今でも当時の記憶が鮮明にあります。

神戸の街を楽しみながら走られたみなさん、本当にお疲れさまでした。

続きを読む

バッティングを上達させるためにおさえておきたい3つのポイント

フォロースルー

先日2014日米野球が行われましたが、メジャーリーガーの圧倒的なパワーと身体能力の高さを随所に見ることができましたが、ソフトバンクホークスの柳田選手はメジャーリーガーに引けを取らない活躍をし、MVPに選ばれていました。

日本とメジャーの対比としてよく、野球とベイスボールという言葉をが使われますが、今回の対戦で際立っていたのは日本投手陣の安定感と層の厚さだと思います。

メジャー移籍がささやかれている広島カープの前田投手をはじめ、オリックスバッファローズの金子投手、楽天ゴールデンイーグルスの則本投手、そのほかにも素晴らしい投手がいます。

続きを読む

投手が知っておきたい投げ方の7つの基本動作

プロ野球では交流戦が熱を帯び、各地で熱戦が繰り広げられていますね。

交流戦で強さを見せるロッテは今年もスタートダッシュし好調な一方、日本ハムの2軍で奮闘する斎藤佑樹投手はいまいち調子が上がってこないようです。

88年代の同世代ですので、前田健太や坂本勇人と同じように一軍で活躍してほしいなと思います。

続きを読む

野球選手の身体づくりについて考える、どんな状態を目指せばいい?

野球選手の身体づくりについて

ゴールデンウィークも後半を迎え、各地では渋滞したり混雑が見られていますが、僕自身はいつもと変わりなく、いつものリズムで仕事をしてます。

ですが、昨日は家族がスタジオに来てくれて新しくなったスタジオを見てもらい、そこから一緒にお昼ご飯を食べました。

仕事場に家族が来るとリラックスしすぎて、子供とはしゃぎすぎてしまいました。

続きを読む

野球選手のコントロールは立った瞬間に決まる?!立ち方の重要性

投げ方

高めにボールが浮いてしまい、次の投球で意識して低めに投げようとするとワンバウンドになり、そこからどのように調整したらいいのかわからなくなり、自分の投球を見失う。

そんな経験をしたことがある投手は多いかもしれません。

コントロールをよくしたい、投手ならだれもが思うことですが誰でもコントロールをよくすることができるのでしょうか?もしあるとすればどのようにすればいいのでしょうか?

続きを読む