投げ方

ピッチャーの手首の使い方|長いイニングを投げたいなら手首の使い方を意識しないこと

手首を使って投げる

昨年、ソフトバンクのサファテ投手が「先発陣が早々にマウンドを降りてしまうからリリース陣は疲労が溜まっている」とチームに喝を入れました。

プロ野球選手を目指す投手であれば、いかに長いイニングを投げ、勝ち星をチームにつけられるかがひとつの評価となります。

長いイニングを投げるためには過度に手首の使い方に意識を向けないことです。手首に意識を向けて動作を行ってしまうと早々に前腕が疲労してしまいます。

投手に大切なことは、いかにリラックスし、気持ちよく投げ続けられるか。

続きを読む

野球肘かも?投げる時に肘が痛む理由と改善について

野球肘

中学2年生の春、肘を痛めて約3ヶ月間ボールが投げられない時がありましたが、野球が好きで始めたのに投げられないのは非常につらかったのを覚えています。

早く直したい気持ちと、きつい練習から逃れられるというサボり心が入り混じっていましたが、投げられるようになったときの喜びは今でも忘れません。

野球肘になってしまったときは、「もう一生治らないんじゃないかな」と怖かった記憶もありますが、治ったときは本当にうれしくて、一杯投げすぎて監督にキレられたことを覚えています。

さて、野球肘を改善するためには多くの場合投げ方の改善が必要になります。

続きを読む

キャッチボールをするときに覚えておきたい投げ方と手順について

腕回しからの投球

キャッチボールをするとき、どのような投げ方をし、どのような手順で進めていけばいいのか?投げ方自体を変える必要はありませんが、いきなり全力で投げると動きが緊張しスムーズな動作をしづらくなります。

言い方を変えると、最初の段階で全力で投げようとすると、硬い動きがインプットされてしまうため、その後もそれが続いてしまいます。そうすると、気持ちよく投げられない。またどこかに引っ掛かりを感じるなど、違和感が出る可能性があります。

キャッチボールをどのように行っていくのか?今現場で指導していて感じることなどをまとめていきたいと思います。

続きを読む

投球した後に身体が流れてしまう原因と改善について

投げ方

先日、野球選手の指導を行っている際に、最近投げた後にどうしても身体が流れてしまうという相談を受けました。

投げ方の綺麗な選手のフォロースルーを見ていると、身体に腕が巻き付くように動き、全体のバランスも良く見えます。

ただ、今回指導した選手の場合投球後に横に身体が流れるように動いてしまい、全体のバランスとしてもあまり良くなく、ボールにも本来の勢いがありませんでした。

続きを読む

胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由

胸を張る

よく野球の指導者が選手に向かって言う言葉があります。

「胸を張ってボールを投げろ!」

このアドバイスを受けた選手は、肘の位置が下がり、肘を痛めてしまう可能性があります。投げ方を見ると、どこかぎこちなくスムーズが感じられない投げ方をしていると思います。

これは身体の構造を知ればわかることですが、野球経験者は当たり前のように言ってしまいそうなアドバイスだと思います。今日は、胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由をお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

投手の下半身の使い方|プレートの使い方で投げるボールの質が変わる

軸足で立つ

投手は下半身で全体の約60%のエネルギーを作り出し、そのエネルギーを上半身、手からボールやバットに伝えていきます。

これがうまくできるとパワフルな動きに見えますし、実際にボールの質も変わってきます。

だからこそプレートの使い方も重要になってくる。今回はそんな投手の下半身の使い方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ピッチングフォームを考える|リラックスすればスムーズな動作ができる

ピッチングフォーム

ピッチングフォームを指導するとき、野球経験のある方はわかるかもしれませんが、自分が経験してきたこと、やってきたことを伝えがちになります。

そして、そのアドバイスは熱が帯びれば帯びるほど数が多くなり、その熱とは裏腹にピッチャーは迷い、動作がぎこちなくなり、結果的にアドバイスが原因でベストパフォーマンスから遠ざかることがあります。

素晴らしい指導者がいる中で、どうしても自分の考えを選手に押し付けてしまいマイナスになってしまうことがあるのも事実です。

指導者との巡り合わせは運命かもしれませんが、野球人生をその運命だけに委ねるのは少し危険な気もします。だとすれば、自分で身体の使い方を知り、自分の考えを整理する必要があります。

続きを読む

野球選手の投げ方|Izuru Styleが指導時にみている15のポイント

投げ方

先日名古屋から社会人野球選手が来ていましたが、その選手への指導の中で感じたのはいかにシンプルに伝えることができるかということです。

シンプルに、一言ぐらい伝えて動作を変えていく。そして、結果も伴うということが重要でアドバイスの量は少ない方が相手は理解しやすく、伝わります。

野球選手の投げ方でも指導時はシンプルですが、考えることはさまざまで今日は実際に現場で指導しているときに送っているアドバイスのポイントをまとめてご紹介したいと思います。

続きを読む

投手がインコースばかりボールを投げてしまう原因について

インコース

コントロールの良い投手と、悪い投手。その違いはどこにあるのでしょうか。

そのひとつは足元にあり、軸足に体重を乗せたときに小指側に体重が乗ってしまうとボールは高めに浮きやすく、無理にコントロールすれば勢いのないボールや沈むようなボールがいってしまいます。

今日はインコースばかりにボールがいってしまい、うまくボールをコントロールできない投手に向けて書いていきたいと思います。

続きを読む

前でボールを離そうとすると肘を痛める理由

投げ方

「相手打者に近いところでボールを離すと打ちにくい。だから前でボールを離せ」そんなアドバイスをすると肘を痛める可能性があります。

前でボールを離そうとすると肘が伸びきってしまい、その繰り返しで肘が炎症を起こしてしまい投げられなくなります。

アドバイスには十分注意がしたいところですが、今日は肘を痛める理由をもっと具体的に見ていきたいと思います。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ