カテゴリー:投げ方

  • 投げ方
    前でボールを離そうとすると肘を痛める理由
    「相手打者に近いところでボールを離すと打ちにくい。だから前でボールを離せ」そんなアドバイスをすると肘を痛める可能性があります。 前でボールを離そうとすると肘が伸びきってしまい、その繰り返しで肘が炎症を起こしてしまい投げ…
  • インナーマッスル
    インナーマッスルを強化しただけでは球速が上がらない理由
    140kmを超えるスピードボールを投げるためには、インナーマッスルを強化すること。まだこのようなことを言っている雑誌がありました。 なぜ部分だけを見るのでしょうか。下半身から60%のエネルギーが生まれると言われています…
  • 野球
    野球選手が練習でよりうまくなるためにおさえておきたいポイント
    中学、高校と当たり前のように行ってた部活動の練習メニュー。先生が考えてくれ、その練習メニューをこなす日々。 多くの学校では伝統的に行われているウォーミングアップを行ったり、ひとつの儀式のように繰り返されるメニューが存在…
  • 肘
    投手の肘が上がらなくなる原因と不適切なアドバイスについて
    少年野球などでは「肘の位置を上げろ!」と指導者の方が言われたりしていますが、それだけでは肘はなかなか上がってきません。身体の構造を知り、どうすればスムーズに肘の位置が上がるのか、それを指導することが必要となります。 …
  • 肩肘を痛めない投げ方
    野球選手が肩・肘を痛めない投げ方と痛みの原因について
    プロ野球も開幕して1ヶ月が経とうとしてますが、大方の予想を裏切るセ・パ両リーグの順位となっています。まさかの大失速のオリックスですが、主力の投手を欠いているのは非常に痛いことです。 毎年のようにプロ野球に限らず、社会人…
  • ピッチング
    ピッチング・バッティングは足元の環境を整えれば良くなる
    高校野球も各地で決勝戦を終え、続々と代表校が決まっていっています。大阪ではPL学園や大阪桐蔭高校が敗退し、兵庫でも報徳学園や神港学園などが敗退しています。 本命が敗れるという番狂わせが起こったり、9回2アウトから4点差…
  • 投げ方
    投手が知っておきたい3つに分けた投げ方の基本の考え方について
    小学校からしていた野球はいつまでたっても好きで、野球に関わる仕事ができていることは、本当に幸せだとつくづく思います。 動作を学んだり、コンディショニングについて学んでいる内に現役のときに知っておきたかったという気持…
  • 型
    投げる動作を柔らかくするためには型にはめてしまわないこと
    昨日は、高校野球へ出かけた話を書いていきましたが、そのときに指導したもう一人の選手がいました。 この選手はキャッチャーをしていますが、二塁への送球時に肘に痛みを感じているそうでした。昨年の6月から肘の痛みを感じ、なんと…
  • 投げ方
    投手が知っておきたい投げ方の7つの基本動作
    プロ野球では交流戦が熱を帯び、各地で熱戦が繰り広げられていますね。 交流戦で強さを見せるロッテは今年もスタートダッシュし好調な一方、日本ハムの2軍で奮闘する斎藤佑樹投手はいまいち調子が上がってこないようです。 88年…
  • 投げ方
    野球選手のコントロールは立った瞬間に決まる?!立ち方の重要性
    高めにボールが浮いてしまい、次の投球で意識して低めに投げようとするとワンバウンドになり、そこからどのように調整したらいいのかわからなくなり、自分の投球を見失う。 そんな経験をしたことがある投手は多いかもしれません。 …



おすすめ記事
  1. がんと食事
  2. 椅子への座り方
  3. ふくらはぎをストレッチ
  4. 壁立ち
  5. 変形性股関節症
カテゴリー
おすすめ記事
  1. がんと食事
    つい最近まで元気だった人が突然がんを宣告され、その3ヶ月後には命を落としてしまうという現実を突きつけ…
  2. 投げ方
    先日名古屋から社会人野球選手が来ていましたが、その選手への指導の中で感じたのはいかにシンプルに伝える…
  3. ふくらはぎをストレッチ
    ふくらはぎをストレッチする目的は、何でしょうか?ふくらはぎを細くしたい、女性らしい身体になりたい…
  4. 打ち方
    いかに打つか、野球選手なら常に考えていることだと思います。 身体をどのように使えば打てるのか、…
ページ上部へ戻る