ダイエットしても体重が減らない。失敗したことがある方に伝えたいダイエットのヒントについて

ダイエットに取り組む方へ!基礎代謝を上げるために筋肉をつけようとしない方がいい理由

基礎代謝を上げる

ダイエットを成功させるためには、大まかに言えば、摂取カロリー>消費カロリーの関係にすることです。

そして、この関係にするためには食事制限と“筋トレ”を行うことが、読者の方もイメージされている方が多いのではないでしょうか?

これは正しいことだと思う一方、挫折率は半端なく高いと思います。そして自己嫌悪になってしまう方もいるぐらいだと思います。

続きを読む

ジムでは痩せない⁈ジムに通う方は“変わるためのこと”をする必要がある

レッグエクステンション

この5月、6月あたりは1年の中でもフィットネス業界は会員さんやクライアントさんが動きやすい時期なんですかね。

先日ちらっとそんなことを聞いたんですが、僕はそんなことは関係なくいつも通りセッションを行っています。

ジムに通っている方は、どうですか?うまくいっていますか?

続きを読む

エステに通ってもなかなかセルライトが解消しない理由と改善について

エステとセルライト

エステに通ってセルライトを撃退するぞ!そう意気込んでエステに行ったけど、思ったように結果が出なかった方もいると思います。

もしくは、結局ダイエットをするために、食事制限するんだと思った方もいると思います。

人間の身体を変えるには、そう簡単なことはないですよね。そうはわかっていてもできれば楽をして痩せたい。そんな矛盾を生じるのが人間だと思います。

続きを読む

インナーマッスルを鍛えてもダイエットが成功しづらい理由

インナーマッスルとダイエット

インナーマッスルを鍛えるとダイエットに効果的!書店に行けばそんな本をすぐにみつけることができます。

インナーマッスルを鍛えると、姿勢が良くなる、ダイエットに効果的、腰痛を改善できる。芸能人の方でも、「美しさを保つためにはインナーマッスルを鍛えることです。」と言われることもあります。

ダイエットに関しては、インナーマッスルを鍛えることが必ずしもダイエットにつながるとも限りません。

続きを読む

ウォーキングで期待できる効果とその実践方法について

ウォーキング

ダイエットをするにはウォーキングが効果的!

そう言われても、10分、20分そこらで消費できるエネルギーはわずかなもの。チョコレートを1個食べるともう元がとれる。

ウォーキングは本当にダイエットに効果的なのか?と疑いそうになりますが、そもそもウォーキングで得られる効果はダイエットだけではありません。

続きを読む

下半身太りを解消したい方必見!上半身と下半身の差をなくすために行いたいこと

下半身太り解消

上半身は細いけど、へそから下はまるで別人。なんで?

脚も出せやしないし、ゆとりのあるパンツしか履けない。でも改善方法が分からないから諦めている。

ダイエットしたらいいと聞いてやったけど変わらない。トレーニングしたらいいと聞いて鍛えたけど逆に太くなった。

続きを読む

太くなりたい方へ|食べることが苦手でもできる身体を膨らませるトレーニングについて

食べていない

 ダイエットが健康的に脂肪などを減らすことなら、デブエットはその逆とでも言うのでしょうか。

こんなことを言うと世間から批判を浴びると思いますが、ダイエットをするよりも太る方が難しく感じてしまいます。それは食べるのが苦手だからです。

僕はたまに思いますが、もし1日の必要な栄養が1粒のマメで摂れるのであればそれでいい。

続きを読む

分子栄養学とは|机上だけで計算するのではなく別の視野で栄養を見る

分子栄養学

今世の中で言われる栄養学の大半は、必要なエネルギーを机の上で計算し、炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなどの必要量を導き出すことが常識的です。

ただ、これだけで栄養計算をしてしまうと、個人の吸収率や消化機能については無視されている状態だと疑問がありました。

以前からある栄養学の視点ではなく、細胞レベルで栄養を捉えようとするのが分子栄養学です。その内容を知っていただければと思います。

続きを読む

痩せる身体ではなく太りにくい身体になるために知っておきたいこと

太りにくい身体

痩せたいと思うのであれば食べないのが一番。そっけない回答ですが、食べないことでいとも簡単に痩せていきます。

病気ではない限り、痩せないと悩んでいる方はほとんどの場合食べ過ぎ、もしくは運動不足です。答えは非常にシンプルですが、わかっているけど・・・でも違うところに理由を求めたい。

そんな気持ちもわからないでもありません。少し考えを変えてみませんか? “痩せる” から “太らない” へ。考え方をシフトして、今がベースであり今以上にならないようにする。そう考えるとちょっと肩の荷が下りるような感覚になりませんか?

続きを読む

ダイエット関連記事一覧