痛みについて

 

その他のカテゴリーはこちら!

シェイプアップダイエッ... 続きを読む

腰痛はストレッチで改善?!お伝えしたい原因と改善の3つのステップについて

タオルでストレッチ

腰痛はストレッチで改善することはできると言われていますが、おそらくこの言葉をそのまま実践すると改善は難しいと思います。

腰痛を改善するためには、全身の筋肉を緩め、立ち方・座り方・歩き方など、根本的な原因になっている要素を改善する。そこまでできて初めて腰痛を改善することができます。続きを読む

腹筋と姿勢の関係|立つために必要な筋力と姿勢をよくするたった1つのポイント

腹筋をしても姿勢は良くなりません。いくら腹筋が割れていても、それが姿勢の改善につながるとは限りません。

なぜなら姿勢を良くするために必要なことと、腹筋ができるということは別物だからです。

1歳の小さな子供がなぜ直立できるのか。猫背にならず、違和感のない立ち方ができるのでし... 続きを読む

ヒールウォーキングについて|かっこよく見せるための5つのポイント

ヒールウォーキング

人通りの多い街を歩くと、どこか殺伐とした空気感の中、一瞬で目がグッと惹きつけられるような女性がたまに出会います。

細いピンヒールを履き、全体の美しさやファッションセナスは抜群なのはもちろんだけど、歩いている姿を見ているとそこから漂うオーラというか、雰囲気に魅力を感じる。

... 続きを読む

肩こりを予防?!腕を振り子のように動かすことで肩周りは緩む

肩こりを予防する

コートを着るこの季節。マフラーをしていて外してもそうですが、外出していて家に帰ってそれらを脱いだり、外したりすると、ああ・・・肩がこる。

肩こりになりそうと思ったとき、肩に手を当てて「こったなぁ」と揉んでみてもほとんど効果はない。

季節的なこともそうですが、日頃の姿勢や動... 続きを読む

楽に立つためのポイントは筋肉を緩めその感覚を体感すること

楽に立つ

先日セッションの中でクライアントさんと立ち方について話をしていましたが、立ち方について固める、頑張って立つ、しんどさを感じることが善しとする傾向がまだまだ強いと感じることがありました。

立つということは、骨で立つ感覚をつかむこと、楽に立つこと。それが僕自身がセッションの中でお伝えしてい... 続きを読む

足首の外側の腫れや痛みの改善は腓骨筋を緩めることで改善できる

足首の外側の痛み

ランニングをしたり、スポーツをしたりしていると、足首の外側が腫れ痛むことがあります。

これは腓骨筋炎の疑いがあり、腓骨筋にストレスがかかり、そのストレスに耐え切れなくなった時に足首の外側が腫れたり、痛みが出ます。

腓骨筋というのは、ふくらはぎの外側についている筋肉で、この... 続きを読む

一般的に言われる良い姿勢が勧められないのはその姿勢が不自然だから

肩の位置

現場で指導をしていて最も多い勘違いのひとつに良い姿勢に対しての認識があげられると思います。

何を持って“良い”と捉えるのかによって変わるとは思いますが、読者の方も含め、セッションに来られる方の多くの方がいい姿勢=胸を張ることだと思っています。

これは人間にとって不自然であ... 続きを読む

首や背中にかけてこりを感じる方に伝えたい原因と改善について

椅子にもたれて座る

首や背中にこりがあって、いつも重だるかったり、ひどい日には頭痛や吐き気もあって、仕事どころじゃない。

そんな方の中には頭痛薬を飲んだり、整体やマッサージ、ストレッチ教室に通ったりしている方もいると思います。だけど仕事が終わりに近づくにつれてまた頭痛が・・・。

なぜ整体など... 続きを読む

楽な歩き方ができるようになるためには足首の使い方を意識しないこと

歩くとは?

セッションをしていると歩き方について指導したり、歩き方の話題になることがよくありますし、必要であれば必ずお伝えしています。

不思議に感じますが、人間が最も行う動作のひとつなのに、その動作のやり方を具体的に習ったことがありません。だからこそ大人になったら「あれ?どうやって歩くのがいいの?... 続きを読む

脚は前に出さない?!歩き方を習得するための3つのステップと考え方について

歩き方

人がどこかへ移動する上で必要になる歩くということ。人は歩き方を教わって歩けるようになるのではなく、1歳前後になってくるといろんなステップを踏んで歩けるようになります。

だからこそ今歩き方について悩む方もいると思いますし、大人になってから「そもそもどうやって歩くのがいいの?」と疑問に思う... 続きを読む