痛みについて

 

その他のカテゴリーはこちら!

シェイプアップダイエッ... 続きを読む

鵞足炎の原因とあまり知られていない改善方法とは?

鵞足炎

運動やスポーツをしていると、膝のお皿の内側が痛むということがよく起こります。お皿の近くではあるけど、少し下あたりが痛むかも・・・と思っている方はおそらく鵞足炎の疑いがあるかもしれません。

鵞足炎とは、後述しますが半腱様筋、縫工筋、薄筋などが付着する鵞足という部分で炎症が起こる障害です。... 続きを読む

ランニングで膝の痛みが発生する原因と改善について

ランニングと膝の痛み

知り合いに誘われて、走ってみようかな?もしくはマラソンに挑戦してみようかな?と思っている方もいるかもしれません。

そんな初心者ランナーの方が起こしやすいのが、膝の痛みです。

ランニングをするとなぜ膝や足首に痛みが出てしまうのでしょうか?よく言われるのは筋力が弱いからという... 続きを読む

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの原因と改善について

ランニングとふくらはぎ

ランニングを終えたと、ふくらはぎが痛むことがあります。これは筋力が弱いから起こってしまうのでしょうか。逆に言えば、筋力が強ければ痛みは出ないでしょうか。

逆から考えるとスポーツ選手は筋力が高いため痛みが出にくく、一般の方は出やすいとなるでしょうか。筋力は痛みの原因の一要因ではありますが... 続きを読む

疲れて動けない方へ|細胞が元気になれば身体も元気になる

疲れて動けない

毎日仕事で疲れて動けない。でも健康のために、自分の身体を変えるために、少しでも運動しなきゃ。

そんな想いを毎日抱くけども一向に行動できない。それほど仕事中心の生活になっている方もいると思います。

実際、クライアントさんの中にはそういう方もいらっしゃって、セッションの内容は... 続きを読む

骨盤が開くってどういう意味?骨格から考える骨盤の動きと締める方法について

骨盤が開く

鏡を見て自分の身体を見たときに、「あれ?もしかして、骨盤が開いている?」と思ったり、テレビで骨盤矯正について放映されているとつい食い入るように見てしまう。

思い当たるふしがある方もいると思いますが、ご自身の骨盤は開いているでしょうか?それとも締まっているでしょうか?

そも... 続きを読む

ストレス過多!自律神経が乱れることで受ける身体への影響

ストレス

世界で最も働く人種第1位に堂々輝いた我ら日本人ですが、教育業に携わる職種や介護業界は人手不足で深刻な問題となっています。

世界的に見ても、勤勉で真面目な日本人は、外国人から見ると「なぜここまで勤勉なんだ?アメイジング!」という声や「日本人は丁寧な仕事をする上に、仕事が早い。」などという高い評価を得る一方、家族を大事にしていない、など批判的な声も上がっています。

なぜ日本人はここまで働くようになってしまったのでしょうか?そして、未来を見据えるとこのような働き方は果たして後世に素晴らしいものを残せるのでしょうか。

続きを読む

膝下がO脚かも?と感じる方へお伝えしたい原因と改善について

膝下がO脚

膝下がO脚と感じるように、ふくらはぎの外側が張り出していて、それが気になる場合、大腿筋膜張筋・腸脛靭帯、ふくらはぎの外側などの筋肉が緊張している可能性があります。

改善のためにはこれらの筋肉を緩め、筋肉の緊張のバランスを整えることで改善します。

そもそも膝下がO脚と感じてしまう原因は何か、改善のためにはどうすればいいのかなどをお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

猫背の改善は筋力を鍛えることでできる?ポイントは筋肉を緩めること

猫背

猫背は健康にも影響すると言われており、内臓を圧迫し代謝を下げてしまう可能性があったり、見た目としても自信がないように見えてしまったり、内外面ともに影響を及ぼします。

この猫背は筋力とはあまり関係がありません。それよりも筋肉を緩めることで改善することができます。

猫背について、改善を試みようとするとき、多くの方が行うことと言えば肩甲骨を寄せるように姿勢をとってみたり、胸を張ってみたり、背筋を鍛えてみたりとさまざまですが、これらで改善ができるかというと難しいということは身をもって体験している方は多いのではないでしょうか。

続きを読む

腰が痛い!腰痛になりそうな5つの原因と改善の考え方について

腰痛の原因

腰が痛い!朝起きて、ベットから出ようと思うと腰が痛くて動けない。

何か地面にあるものを持ちあげようとして、よいしょ!ああああ・・・。腰が痛い。いろんな場面で腰が痛くなる原因が潜んでいますが、この痛みはどうすれば改善するのでしょうか?

それは筋肉を緩めることです。今回は、腰痛が発生してしまいそうな場面と改善の考え方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む