姿勢・動作

ヒールを履いた時の立ち方はつま先重心?かかと重心?どっち?

ヒールの立ち方

ヒールを履いていると足の裏が硬くなってしまったり、痛くなってしまったり。ひどい場合外反母趾になってしまう方もいます。

つま先に重心がかかるとふくらはぎが緊張してしまい、筋肉が硬くなることで循環が悪くなり脚もむくむ。こんな状態はヒールを履いていれば仕方ないと思いがちですが、ヒールを履いている時の重心位置を変えることでもっと楽に立つことができるはずですし、ふくらはぎもそこまで緊張しませんし、太ももの前側の張りも改善されるはずです。

ヒールを履いている姿を見れば、一見足元がつま先立ちのような状態であっても、踵(ピン)に体重を乗せることで踵に体重が乗り、その状態で立つことで楽に立つことができるようになります。

続きを読む

歩き方がおかしいと感じる方へ|下駄を利用すると気持ちよく歩ける

歩き方がおかしい

どのような歩き方を正しい歩き方といい、どうすればそのような歩き方ができるのでしょうか。今の自分の歩き方はちょっとおかしいなと感じる方は、どうすればいまよりも良い歩き方ができるのでしょうか。

そのヒントはまず、歩き方を整理し、脚で歩こうとするのを辞めることです。そうすれば今よりもスムーズに、気持ちよく歩くことができます。

下駄を履いて歩くことでべた足、フラットに着地する感覚が得られ、歩きやすくなります。下駄をどのように活用するのかを含めて、今日は歩き方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

歩き方を整理しよう!目的別に見る身体の使い方について

地面を蹴る

 うちには2歳の子供が家の中をうろうろしたり、いたずらをしたりしていますが、毎日少しずつ成長している姿を見ると親としてはうれしくなりますし、よたよたと歩く姿はかわいいものですね。

歩き方といえば、人それぞれ特徴がありその歩き方が原因で、痛みを抱えてしまったり、逆にシェイプアップができたり、見た目の印象が変わったりと、さまざまなことにつながります。

人としての印象が変わり、モデルさんを筆頭に歩き方ひとつで魅力を一瞬にして伝えられるものでもあります。歩き方というのは、いろんなことが言われていますが、今日は緊張を獲得する歩き方と、気持ちよく歩ける歩き方、目的別に見る歩き方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ヒールで歩けば筋肉がついてしまう?歩き方の再考と筋肉がつく原因について

ヒール

ヒールを履いて仕事をしているとむくんで脚はパンパンになるし、ふくらはぎとか太ももの前に筋肉がついて張って見えるし、いいことない。だったら履かないとこうかな。

ヒールを履けば筋肉がつく。そんな想いがある方は、ぜひ一度歩き方を再考してみてください。ヒールを履くから筋肉がついてしまうのではなく、歩き方の問題で筋肉がついてしまうことがよくあります。

なぜヒールを履いて歩くと筋肉がつきやすいのか?そしてどうすればヒールを履いても筋肉がつかないようにできるのでしょうか?今日はこのヒールと歩き方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

重心を引き上げて歩くことで得られる効果|楽に歩けウエストは引き締まる

歩く

時間をあえて作ってトレーニングやランニングをするとなれば、何もしていなかった人にとってはハードルが高くなるもの。

できるだけ日常の中にトレーニングを加えてあげれば、それだけで身体は変わります。逆に言えば、そういう工夫をせずに週に1回や2回だけのトレーニングをしているだけというのは、少しもったいないと思います。

今回は毎日重心を引き上げて歩くことで身体が変わってきた方を例にご紹介したいと思います。

続きを読む

「この立ち方は正しい!」に待ち受ける落とし穴。感覚に頼りすぎるのは危険

立ち方

自分の感覚を信じることは大切なことだと思いますが、それが時にマイナスになってしまうことがあります。

知らず知らずのうちに、筋肉を緊張させること=良いこと、筋肉を緩めること=サボっている、なんて構図が出来上がっている方もいると思いますが、それは考え直した方がいいかもしれません。

胸を張る、肩甲骨を寄せる。筋肉を緊張させて立つことは、しんどいですし、身体にとっては負担になります。しんどいことを正しいと思い込んでいるとそれ自体が身体を太くする原因になっているかもしれません。

続きを読む

X脚を改善|鍛えなくてもまっすぐな脚になる理由

X脚

脚の歪みって気になりますよね。特にスカートとか短パンを履いた時に脚の歪みって目立ってきて、誰も見てないかもしれないけど、その脚がまっすぐじゃないってだけで普段のファッションは限られてくるって方も多いのでは。

X脚を改善するには鍛えなくても大丈夫。大切なことは筋バランスを整えること。いつも言うことですけど、何で脚が歪んだのかってことを把握することが大事。今日はこのX脚の改善についてお伝えしていきます。

続きを読む

歪みの改善はなぜ歪むのかを理解し全身の筋肉を緩めること

歪み

先日姿勢の改善と脚を細くしたいという方からご相談を受け、セッションを開始しましたが、現在までに3回セッションを行いましたが、姿勢の改善が見られご本人も実感され、その変化に驚かれていました。

この変化はクライアントさん自身が日頃から姿勢を気にし、なぜ身体が歪んだのかを理解され、その改善に努めた成果です。

トレーナーはあくまでもそれを気づいていただくためにアドバイスを行いますが、歪みを改善するためにはクライアントさん自身が”自分で直す”という想いを持っていただくことも大切になります。

続きを読む

立ち方を再考しよう!壁立ちって頭・肩・お尻・踵を壁につけるのが自然?

立ち方ってそれぞれの理解があり、本当にいろんな見解があり、それぞれによって言っていることがバラバラ。それ自体はいいと思いますが、立ち方を正すために壁に沿うように立つ壁立ちは本当に正しい立ち方になれるのでしょうか。

人間の身体はひとつひとつの骨が積み木のように連なり、骨で立つことができます。身体調整を終えたクライアントさんも骨で立つ感覚を掴んでいただけます。

良い姿勢とは、肩甲骨を寄せる、胸を張る、頭・肩・お尻・背中が一直線になるように立つことは自然でしょうか。結論から言えば、緊張しまいます。今日は人間として基本になる立ち方についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

座り方を正しましょう!って言うけど、そもそも正しい座り方ってどんな姿勢?

座り方

 座り方を正すと腰痛が改善したり、肩こりが楽になると言われています。座り方気をつけていますか?

僕も日頃結構パソコンを使いますが、結構姿勢が崩れがち。そんなときはすぐに「あっ!汗」と気づいて姿勢を正そうとします。でもふと考えてみると座り方を正すというのもどこかひっかかることがあるような・・・。

そもそも正しい座り方ってどんな姿勢でしょうか。胸を張ること?肩甲骨を寄せること?それぞれの良い姿勢、正しい姿勢というのがあると思いますが、今日はこの“座り方”についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む