スポーツ選手の痛み

野球選手は柔軟性が低下することで肩の痛みにつながる【改善方法あり】

野球選手は柔軟性が低下することで肩の痛みにつながる【改善方法あり】

パーソナルトレーナーのいずる(@izuru_style)です。

野球選手は、肩の痛みに悩むことがありますが、原因の1つに柔軟性の低下があります。

投げ方が原因で痛みが出ることが多いですが、先日指導した選手は少し違っていました。

この記事では、

・柔軟性の低下で肩が痛む原因
・肩の痛みの改善方法
・ウエイトトレーニングの必要性

をお伝えします。

リラックスして気持ち良くスムーズに身体を動かしていると、柔軟性は向上し、肩の痛みの改善につながりますので、詳しく解説します。

続きを読む

ランニング後に感じるお尻の痛みの原因と改善について

ランニング後に感じるお尻の痛みの原因と改善について

ランニングをした後にお尻やお尻の外側に痛みが出ることがあります。

その原因は、着地する箇所が問題で異常なストレスがお尻にかかっているからです。つまり、走り方が問題になっていることが多い。そんなとき、いくらお尻のストレッチを行っても、そのときはなんとなく改善しますが、また走ると痛みが出てしまいます。

改善するところは、フラットに着地できるようにすることです。その前に硬くなった筋肉を緩めることです。そうすればランニング後に感じるお尻の痛みを改善することができます。

続きを読む

足首周囲の痛みや腫れはランニングなどで起こる?原因と現場で感じた改善について

外踝の痛み

スポーツ選手は、日頃身体の痛みに悩まされることも多いと思います。

その中で足首の痛みや腫れを抱えている選手もいると思いますが、ランニングをした後に足首が痛くなるケースがあります。

この原因というのは、フラットに着地ができておらず、着地の衝撃が足首周辺の筋肉に、局部的にかかり続けてしまうことで発生します。

つまり、足首が痛くなるように走っているということであり、ランニングによって起こる足首の痛みは筋肉を緩め、走り方を改善することで痛みを改善することができます。

続きを読む

ランニングで膝の痛みが発生する7つの原因と改善について

ランニング 膝

ランニングを行った後に膝が痛む。もしかすると筋力が弱いからこのような膝の痛みが出るのではないか。

もしそうやってトレーニングを行っているのであれば、一度手を休めてこの先を読み進めていただきたいと思います。

ランニングによって出る膝の痛みは、大方の場合、

筋肉を緩め、走り方を改善すれば痛みは改善

します。

ただ、それは原因によって変わってきます。今回はその具体的な7つの原因をピックアップし、ひとつひとつを解説していきたいと思います。

そして、筋肉を緩めるときには徹底的に筋肉を揺らしてみてください。そうすると、膝の痛みも改善することができます。

続きを読む

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

ランニングを終えた後にふくらはぎが痛む。この痛みはいくら筋力を鍛えても改善しません。多くの場合、走り方を改善すればふくらはぎの痛みは改善され、再度痛みに悩むこともないと思います。

なぜなら走り方によってふくらはぎに大きなストレスがかかり、そのストレスに耐えられなくなった筋肉は硬くなり、最終的に痛くなるからです。

ですので、改善のために必要なことは、まず筋肉を緩め、走り方を改善することです。ただ、原因が別の場合もあり、そのときは対応が変わってきます。

まずは、筋肉を緩めることを徹底してみてください。そうすると、ふくらはぎの痛みに悩む方も改善してくると思います。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ