スポーツ選手

投球時にグローブの使い方を工夫することで腕の動きがスムーズになる理由

グローブの使い方

投球時、腕の動きを気にするあまり、腕が緊張しスムーズな動きができなくなることがあります。

そうすると、スピードが出なくなってしまったり、どこか一部にストレスがかかり痛みが発生したりしてしまう可能もあります。

こういう場合、グローブを持っている腕の使い方を工夫することで、投球をする側の腕がリラックスし、スムーズな動きができるようになります。

今回はこのグローブを持っている側の腕の動きについてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

準備体操(ダイナミックストレッチ)のやり方の手順と準備体操を行う前にしておきたいこと

準備体操

スポーツをする前や、身体を動かす前に準備体操をしておかないと、ケガをする可能性があることは想像しやすいと思います。

ただ、その準備体操を具体的にどのように行えばいいのか、実際にやるとなったときにわからない・・・となることがありますよね。

今回は準備体操(ダイナミックストレッチ)のやり方や、準備体操を行う前にやるべきことがあるので、それらをすべてお伝えしていきたいと思います。

なぜ準備体操(ダイナミックストレッチ)だけをピックアップしてお伝えするのかというと、それだけ体操のやり方ひとつで身体の動かしやすさが変わり、ケガのリスクを最小限にできるからです。

今回は主にスポーツ選手などに向けてお伝えしますが、一般の方も健康のためにという視点でも行っていただけるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

続きを読む

投手が前に脚を踏み込んだときに膝が割れてしまう原因と改善方法

投手であれば、投球フォームがスピードやコントロールに大きく影響を与えることは実感していると思います。

「今のフォームだと、球が走らないしコントロールも安定しない。」

そうわかっていても、改善できなことのひとつに“膝の割れ”があります。踏み出した脚の膝が外側に倒れてしまいボールに力を伝えられなかったり、コントロールが悪くなってしまう。

こうなる原因の1つにつま先の向きが関係しています。つま先の向きを少しだけ内側に向けると膝は割れず、逆にまっすぐだと膝は割れてしまいます。

続きを読む

足首が硬いと思っている方必見!足首が硬いと感じてしまう本当の理由について

足首が硬いと思っている方必見!足首が硬いと感じてしまう本当の理由について
30代女性のクライアントさん
私の足首すごく硬くて、むくみもあって、だからふくらはぎとか細くならないんじゃないかって思ってるんだけど、どう?足首を柔らかくすると脚って細くできる?足首を柔らかくする方法を教えてください。

この質問にお答えします。

この記事では、

・足首が硬くなる原因
・足首を柔らかくする方法
・一般的に言われる方法への考え方

などをお伝えします。

続きを読む

【スポーツ選手】レベルアップするために知っておきたいことのまとめ!

スポーツ選手がよりうまくなり、勝てる選手、チームになるためには、コンディショニングや身体のことなどを知ることが必要だと思います。

この記事では、そんなスポーツ選手がより高いレベルに行くために必要なことをまとめていますので、何か1つでも参考になることがあれば幸いです。

続きを読む

ヘッドを走らせるためにはヘッドを走らせるイメージを持つこと

ヘッドを走らせる

先日、全国大会にも出場した中学3年生の野球選手の親御さんからスイングについて見てほしいという相談を受け、指導してきました。

中学生ながら恵まれた体格で、これからが楽しみな選手だと感じましたが、スイングを見させていただいたときに感じたことは、ヘッドが走らず振り出しからフォローまでスピードがほとんど変わらない。

親御さんからも言われましたが、「以前は本人もいい感覚で打てていたそうですけど、最近は少しつまりぎみなんです。」と、スイングの変化を気にされていました。

これは指導の影響でこのようなスイングになっていたことがわかりましたが、イメージを変えることでヘッドが走るようになり、タイミングも合うようになりました。

続きを読む

足首周囲の痛みや腫れはランニングなどで起こる?原因と現場で感じた改善について

外踝の痛み

スポーツ選手は、日頃身体の痛みに悩まされることも多いと思います。

その中で足首の痛みや腫れを抱えている選手もいると思いますが、ランニングをした後に足首が痛くなるケースがあります。

この原因というのは、フラットに着地ができておらず、着地の衝撃が足首周辺の筋肉に、局部的にかかり続けてしまうことで発生します。

つまり、足首が痛くなるように走っているということであり、ランニングによって起こる足首の痛みは筋肉を緩め、走り方を改善することで痛みを改善することができます。

続きを読む

肩が痛くなる投げ方の原因と具体的な改善例について

肩を痛めない

野球選手が肩肘の痛みを訴えるケースはよくみられ、プロ野球でも毎年のように離脱してしまう選手も出てきます。手術をして組織自体に問題がなくなっても、まだ尚痛みが継続し、試合に出られずそのまま引退する選手もいます。

手術をすれば良くならないのは手術を担当した医師の技術が低かったからこういうことになるのでしょう。

それは違い、素晴らしい医師が手術をし成功したとしても痛みが再発する原因は、痛みの原因が投げ方にあり動作の問題が痛みの原因となっているからです。いくら組織が良くなったもこの投げ方を変えなければ肩肘の痛みの改善はできません。

今日はそんな肩を痛めてしまう原因と、その改善についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

投手が理解しておきたい脚を上げる理由と身体を捻る理由

甲子園球児に限らず、全国の球児の投手を見ていると、プロ野球選手を参考にしたようなフォームの選手がおり、非常に似た投球フォームをしている選手がいます。

松坂大輔選手に似た投球フォームで話題になった選手がいたり、一時期はヤクルトスワローズの小川投手の脚の上げ方を真似たフォームが流行っていました。

この記事では、投手が理解しておきたい投球フォームについて触れていきたいと思います。脚を高く上げることで何が変わるのでしょうか。また元メジャーリーガーの野茂投手のように身体を捻ることはどのような影響があるのでしょうか。

続きを読む

キャッチャーのスローイングのコツ・ステップ・体重移動などの実践方法について

キャッチャーのスローイング

先週、社会人野球選手にキャッチャーのスローイングについて指導する機会がありました。肩は強く、投手をすれば140kmは出るぐらいの選手ですが、もう少しスローイングについて質を上げたいということで指導をしてきました。

肩が強いがためにステップの使い方が不自然だったり、腕だけで投げるようなフォームになっており、そのあたりを修正すると非常に球筋も良く楽にセカンドまで投げられる感覚が出てきたそうです。

今日はキャッチャーのスローイングについてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ