スポーツ選手

ランニングで膝の痛みが発生する7つの原因と改善について

ランニング 膝

ランニングを行った後に膝が痛む。もしかすると筋力が弱いからこのような膝の痛みが出るのではないか。

もしそうやってトレーニングを行っているのであれば、一度手を休めてこの先を読み進めていただきたいと思います。

ランニングによって出る膝の痛みは、大方の場合、

筋肉を緩め、走り方を改善すれば痛みは改善

します。

ただ、それは原因によって変わってきます。今回はその具体的な7つの原因をピックアップし、ひとつひとつを解説していきたいと思います。

そして、筋肉を緩めるときには徹底的に筋肉を揺らしてみてください。そうすると、膝の痛みも改善することができます。

続きを読む

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

ランニングを終えた後にふくらはぎが痛む。この痛みはいくら筋力を鍛えても改善しません。多くの場合、走り方を改善すればふくらはぎの痛みは改善され、再度痛みに悩むこともないと思います。

なぜなら走り方によってふくらはぎに大きなストレスがかかり、そのストレスに耐えられなくなった筋肉は硬くなり、最終的に痛くなるからです。

ですので、改善のために必要なことは、まず筋肉を緩め、走り方を改善することです。ただ、原因が別の場合もあり、そのときは対応が変わってきます。

まずは、筋肉を緩めることを徹底してみてください。そうすると、ふくらはぎの痛みに悩む方も改善してくると思います。

続きを読む

野球選手の肘の痛みはフォロースルーを変えることで改善できる

投げる

野球選手が抱える肘の痛みは、手術をしないと改善しない。ということはんく、逆に手術をしても痛みが再発することがあります。

なぜなら肘の痛みの原因は、投げ方にあるからです。もっと詳しく言うとフォロースルーがうまくとれていないために肘に負担がかかり痛みが出てしまいます。

肘の痛みを改善する、未然に防ぐためには腕を身体に巻き付けるようにフォロースルーをとることで問題は解決できます。

続きを読む

ピッチャーの手首の使い方|長いイニングを投げたいなら手首の使い方を意識しないこと

手首を使って投げる

昨年、ソフトバンクのサファテ投手が「先発陣が早々にマウンドを降りてしまうからリリース陣は疲労が溜まっている」とチームに喝を入れました。

プロ野球選手を目指す投手であれば、いかに長いイニングを投げ、勝ち星をチームにつけられるかがひとつの評価となります。

長いイニングを投げるためには過度に手首の使い方に意識を向けないことです。手首に意識を向けて動作を行ってしまうと早々に前腕が疲労してしまいます。

投手に大切なことは、いかにリラックスし、気持ちよく投げ続けられるか。

続きを読む

ランニング時の走り方を変えることで息が上がりにくくなる

重心は前、脚は後ろで大きく回転

ランニングをすると息が上がり疲れることは当たり前ではなく、人はもっと疲れず楽に走ることができます。

疲れる=エネルギーを消費しているということですが、疲れないような走り方ができると気持ちよくランニングすることができます。

そのためのイメージは、重心は前、脚は後ろで回転するようなイメージで走ることです。

続きを読む

ランニング障害の原因と改善方法を部分別に解説!【まずは緩めること】

筋肉を緩めた後は走り方を改善すること
クライアント
以前から走ると膝に痛みが出て、整骨院に行って電気治療をしてもらいました。一時的には良くなりましたが、走ると痛みます。安静にした方が良いと言われ、安静にしていましたが、走り出すと痛みが出ます。この膝はもう治らないのでしょうか?どうすれば痛みを改善することができるでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えします。

ランニング障害というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、現場でスポーツ選手から相談で最も多いのがこのランニング障害です。

走っていると脚が痛い、膝が痛い、足首が痛いとさまざまな箇所の相談を受けますが、この原因は筋力ではなく身体の使い方が問題になっていることがほとんどです。

続きを読む

投手のスタミナは走り込みでつく?持久力の意味と実践について

野球選手が目指すべき身体

「走り込みが足りないから打たれたんだ!」そうやって選手を叱る指導者がいますが、本当に走り込みが足りないから打たれてしまうのでしょうか?

もしくは、走り込みを行っていると本当に打たれないのでしょうか?投手が打たれる原因は、うまくボールをコントロールできなかったり、力みすぎて威力のあるボールが投げられず打たれることが考えられます。

もしくはスタミナがなく、回を増すごとに疲れてしまう球威を失い打たれる。そんなこともあると思います。

続きを読む

バッティング時の手首の使い方とは?手首は固定する、それとも返す?

手首の動き

野球選手であれば自分のバッティングをより良くしたいと思うことは自然なことだと思います。

そしてホームランを打つことに憧れる選手も多く、遠くにボールを飛ばすために試行錯誤を繰り返していると思います。その中で話題になるひとつが、手首の使い方です。バッティングをしているときに手首は返した方がいいのか、それとも固定させた方がいいのか?

僕も現役のときに考えたことですが、バットにボールが当たってから体感できるまでの時間やバッティング時の身体の動きがわかるとどうすればいいのかが分かってきます。

今回は、バッティングの手首の使い方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

全力疾走を繰り返す意味・効果について!脚は速くなる?ならない?

全力疾走を繰り返し、自分の出せる力を目一杯出した。

そうやって毎日自分を追い込んでいる。だから脚もきっと速くなるはずだ。

息が切れて疲れれば疲れるほど、自分が行った努力は実を結ぶと思いたいですよね。

ただ、残念ながら全力疾走を繰り返しても脚は速くなりません。ですが、意味がないということでもありません。

結論から言うと、全力疾走を繰り返しても、

  • 脚が速くなることはない
  • ただ、自分の最大スピードを維持することができる

ということです。

続きを読む

野球選手が筋トレを行う目的とは?筋トレ以外でもパワーは向上できる理由

野球と筋トレ

野球選手が身体を大きくすること、筋力を向上させることでパフォーマンス向上を図る。

筋トレによって筋力を向上させ、パワーアップを図り、結果スイングスピードなどの向上をしようとしますが、思ったように成果が得られないときがあります。

パワーは、筋力×スピードという式で成り立っていますが、パワーを向上させるためには筋力を向上させるか、スピードを向上させるか、もしくは両方とも向上させるかです。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ