スポーツ選手

野球肘かも?投げる時に肘が痛む理由と改善について

野球肘

中学2年生の春、肘を痛めて約3ヶ月間ボールが投げられない時がありましたが、野球が好きで始めたのに投げられないのは非常につらかったのを覚えています。

早く直したい気持ちと、きつい練習から逃れられるというサボり心が入り混じっていましたが、投げられるようになったときの喜びは今でも忘れません。

野球肘になってしまったときは、「もう一生治らないんじゃないかな」と怖かった記憶もありますが、治ったときは本当にうれしくて、一杯投げすぎて監督にキレられたことを覚えています。

さて、野球肘を改善するためには多くの場合投げ方の改善が必要になります。

続きを読む

野球選手がバランスよく立てない理由とその影響について

バランス

野球選手は、足元の環境が悪くバランスを崩すと、大きく影響を受けてしまうということを感じることがありました。

バランスよく立てない原因を違う場所で探してしまい、足元の環境が原因だと気づくことがなかなかできず、時間がかかってしまいました。

高校球児はプレートの前やバッターボックスに穴を掘り、その穴につま先を入れる選手もいます。

続きを読む

サッカー選手に伝えたい。アジリティ・クイックネス・フットワークの違いについて

サッカー選手のアジリティ

サッカー選手であれば、よりうまくなりたいと思うことは自然なことだと思います。

ライバルに勝ちたい、試合に出たい、レギュラーになりたい。今の立場が違っても、それぞれが向上心を持ってサッカーに取り組んでいると思います。

うまくなりたいと想いが強くても、練習やトレーニングの目的を理解せず、ただこなすだけではパフォーマンスは上がってきません。

続きを読む

疲れない走り方とは?重心を低く腕を一生懸命引けば疲れる

ヒップキック

語弊を恐れず言うならば、全力で走っても息が上がらず、疲れずに走ることはできると思います。実際に、僕自身徐々に全力で走っても息が上がりにくくなってきています。うさんくせ~なって思う人もいますよね。

だと思うんですけど、そもそもなぜ疲れるのか?それはエネルギーを消費しているから。エネルギーを多く消費しているということは、疲れますよね。

緊張するとエネルギーをより多く使い、リラックスすると省エネになる。身体の動きがリラックスしてスムーズになると無駄にエネルギーを使わず、息が上がりません。

先日走り方の指導をしましたが、指導直後よりも、指導終了前の方が走っているはずなのに息が上がりづらくなったというクライアントさんがいました。今日は少し思い切ったテーマ、疲れない走り方とは?というテーマでお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

キャッチボールをするときに覚えておきたい投げ方と手順について

腕回しからの投球

キャッチボールをするとき、どのような投げ方をし、どのような手順で進めていけばいいのか?投げ方自体を変える必要はありませんが、いきなり全力で投げると動きが緊張しスムーズな動作をしづらくなります。

言い方を変えると、最初の段階で全力で投げようとすると、硬い動きがインプットされてしまうため、その後もそれが続いてしまいます。そうすると、気持ちよく投げられない。またどこかに引っ掛かりを感じるなど、違和感が出る可能性があります。

キャッチボールをどのように行っていくのか?今現場で指導していて感じることなどをまとめていきたいと思います。

続きを読む

投球した後に身体が流れてしまう原因と改善について

投げ方

先日、野球選手の指導を行っている際に、最近投げた後にどうしても身体が流れてしまうという相談を受けました。

投げ方の綺麗な選手のフォロースルーを見ていると、身体に腕が巻き付くように動き、全体のバランスも良く見えます。

ただ、今回指導した選手の場合投球後に横に身体が流れるように動いてしまい、全体のバランスとしてもあまり良くなく、ボールにも本来の勢いがありませんでした。

続きを読む

あれ?遅くなった?日頃から最大スピードを経験させないとスピードが落ちてしまう理由

最大スピード

中学生の頃、全国でも屈指の選手であり、県大会に出場するのは当たり前で、常に全国大会の常連。でも高校に入ると、調子が上がらず成績も低迷。

中学の頃の方が速く走れるし、スピード感がある。最近はスピード感が出ないし、どこか自分に遅さを感じる。

このようなことを経験し、悩んでいる選手がいました。日頃行う練習内容によって自分が持っている最大スピードを発揮できなくなることがあります。

理由はシンプルで、最大スピードで身体を動かすことをしなくなったから。今日は、以前はもっと速く動けたのに最近動きが鈍い。そう感じている方に向けてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

バッティング時のインパクトの位置を変えたいときはフォローを変えること

インパクト

ビデオで撮影し、後1cmボールの下を打つことができればホームランに・・・。

あと、2cm前で打てると野手の間を抜けていた。

そんな細かい分析ができるようになった今、そのビデオなどのデータを基にこんなアドバイスが増えていると思います。

「もう1cmボールの下を打て!」「あと2cm前でボールを打て!」

このアドバイスは一見正しそうに見えて、現場ではなかなかうまくいかないことが多いと思います。

続きを読む

パフォーマンスを向上させるためには“できる”と“難しい”ことを組み合わせること

コーディネーション

スポーツ選手がうまくなりたい、パフォーマンスを向上させたいと思っている時というのは、ライバルに勝ちたかったり、自分が目指すところにたどり着きたかったり、それぞれの想いがあると思います。

それを実現させるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、“できる”ことをステップアップさせていくこと、あえて“できない”ことを経験させること、これらを両方うまく組み合わせトレーニングさせることです。

続きを読む

腕は引く?振る?前に出す?マラソンなどの長距離を走るときの腕の振り方について

マラソンの腕の振り

この季節、いろんなところでマラソンやランニングイベントが行われ、年々参加者が増えている気がしますね。

先日も神戸のポートアイランドであったり、4月には芦屋の方でマラソンがあるみたいで、参加するために今から練習に取り組んでいる方もいるかもしれませんね。

ぜひいい記録を出したり、会社の同僚や友達で楽しめる時間を過ごしていただければと思います!

さて、そんなマラソンやジョギングですが、実際に走ってみると・・・「そういえば、どうやって走ればいいのかな?」と迷ってしまう方もいるかもしれません。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ