スポーツ選手

胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由

胸を張る

よく野球の指導者が選手に向かって言う言葉があります。

「胸を張ってボールを投げろ!」

このアドバイスを受けた選手は、肘の位置が下がり、肘を痛めてしまう可能性があります。投げ方を見ると、どこかぎこちなくスムーズが感じられない投げ方をしていると思います。

これは身体の構造を知ればわかることですが、野球経験者は当たり前のように言ってしまいそうなアドバイスだと思います。今日は、胸を張ってボールを投げようとすると肘が下がってしまう理由をお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

投手の下半身の使い方|プレートの使い方で投げるボールの質が変わる

軸足で立つ

投手は下半身で全体の約60%のエネルギーを作り出し、そのエネルギーを上半身、手からボールやバットに伝えていきます。

これがうまくできるとパワフルな動きに見えますし、実際にボールの質も変わってきます。

だからこそプレートの使い方も重要になってくる。今回はそんな投手の下半身の使い方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ティーバッティングはアップ?!理解しておきたい目的と方法について

ティーバッティング

ティーバッティングというのは、野球選手なら誰もが行う練習方法のひとつですが、このティーバッティングはどのような練習でしょうか?

僕は現役だった頃、正直バッティング練習の前のアップのような感覚で特に目的もなく、芯でボールを捉えられるようにスイングを繰り返していました。

このティーバッティングは目的を理解し、実践することでバッティングをするときの役に立ちますし、自分のインパクトの位置を感覚的に理解することもできる練習です。

今日はこのティーバッティングの目的と実践方法についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

疲れにくい走り方とは?手足を動かそうとせず重心を前に運ぶこと

疲れにくい走り方

疲れにくい走り方とは、リラックスして走ること・・・。

言葉で見るとなんとなくわかったようなわからないような感じ。そもそも疲れるということは、エネルギーを多く消費しているということで、身体を動かすことは必ずエネルギーを消費します。

この、

消費するエネルギーをできるだけ少なく、省エネ状態で走れることが、疲れにくい走り方

と言えるかもしれません。

無駄にエネルギーを消費しないようにするためには、部分である手足を細かく「こうやって、こうやって動かそう・・・」と意識してしまうとそこには緊張が生まれます。

そうすると疲れやすくなりますが、身体はリラックスすれば自然に動きますので、そういう部分への意識をやめることです。そうすれば身体は自然に動き、スムーズな動きとなり、このような動きは無駄なエネルギーを消費しないため楽です。

続きを読む

気持ちよくバットを振ることでバッティングが変わる

ゴルフスイング

全力でバットを振るとはどういうことでしょうか?おそらく力を目一杯入れてバットを振るだと想像する方が多いのではないでしょうか?

これは一般的な全力のイメージだと思いますが、スポーツ選手がこの認識を持っていると動作が硬くなってしまったり、スムーズに身体を動かすことができなくなります。

全力というのは、最も効率よく身体を動かし、最大のスピードを引き出せる状態のことであり、バットを振ることで言えば最もスイングスピードが速くなる状態のことであり、それを全力といいます。

力む、力を入れる、ということが全力ではないということです。

続きを読む

敏捷性(アジリティ)と俊敏性(クイックネス)の意味・トレーニング方法について

ラダー

パーソナルトレーナーのいずる(@izuru_style)です。

敏捷性と俊敏性という言葉は耳にすると思いますが、それぞれの意味や違いを考えるとなんとなくわかっているようで、わからないことってないですか?

この記事では、

・敏捷性(アジリティ)の意味
・俊敏性(クイックネス)の意味
・各トレーニング方法や注意点

をお伝えしていきたいと思います。

いずる
画像や動画を使ってわかりやすく解説しますね!

続きを読む

理解しておきたいウォーミングアップ時のストレッチについて

ウォーミングアップ

練習前や試合前に必ず行われるウォーミングアップですが、競技種目や各チーム・個人によってそれぞれ内容は異なります。その内容の多くは伝統的に行っているものや、流行りを取り入れたもの、または誰かに教えてもらったものなどさまざま。

僕自身も高校のときに行っていたウォーミングアップは、どのような意味があるのか細かくは理解していませんでしたが、身体を動かしやすくするために行っている、その程度の理解でウォーミングアップをこなしていました。

ウォーミングアップのときに、よくストレッチも行っていましたが、何気なくしているストレッチの内容によっては筋力の低下が起こると言われています。

続きを読む

サッカー選手へ伝えたいシュートを放つ時のボールの蹴り方について

シュート動作

先日、魚住先生の個人教授を受けさせていただき、その中の内容でサッカー選手のシュート動作についてアドバイスをいただきました。

個人教授で教わったことを参考に指導をしてみると、ボールの蹴る感覚が変わり、選手自身も気持ちよくボールを蹴られるようになり、楽しみながらシュート練習ができているようです。

今日はサッカー選手がシュートを放つ時のボールの蹴り方についてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ストレッチ効果!?マラソン選手が知っておかないと損をする可能性がある柔軟性について

マラソンタイム

フィットネスクラブに通う人の中で最も知っているテクニックが“ストレッチ”ではないでしょうか?

読者の中でストレッチを知らないという方はどれほどいるでしょうか?おそらくほとんどの人が知っていると思います。それほどポピュラーなストレッチですが、ストレッチの効果といえば筋肉を緩めるということが一般的に知られています。

筋肉を緩める目的で行うテクニックはさまざまなありますが、ストレッチもその中のひとつです。実は、ストレッチによって筋肉を緩め、柔軟性を高めることはメリット、デメリットがあることはご存知でしょうか。

ストレッチによって柔軟性を高めることで、

余分なエネルギー消費が高まる

ことがわかっており、見方によればダイエットをされている方はうれしい情報ですが、マラソン選手についてはエネルギーが消費が高まってしまうため、タイムに悪影響が出てしまう可能性があり、この情報を頭に入れておく必要があります。

続きを読む

速く走るためにはつま先で走る?イメージと実際の動きの違いについて

走り方

先日、ラグビー兵庫選抜の選手と全国大会に出場する中学野球選手にそれぞれ走り方について指導することがありましたが、偶然にも2人とも同じことを言っていました。

速く走るためにはつま先で走る

僕自身も小学生の頃、何かで知ってつま先で走っていましたが、実際はそのような走り方をすると遅くなってしまいます。2人ともつま先で着地することでブレーキがかかり、そこで動きが止まっていました。

速く走るためにはどうすればいいのでしょうか?この記事では、つま先で走ることがすすめられない理由や、速く走るためのポイントについてお伝えしていきたいと思います!

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ