走り方

ランニングをした後にアキレス腱が痛む原因と改善について

アキレス腱

ランニングをした後にアキレス腱に痛みが出たり、ふくらはぎに痛みが出てしまったりすることがあります。多くの場合、この原因は、

走り方に問題

があります。もう少し具体的に言うと、着地や足首をどのように使うのかという認識が原因で起こることがあります。

言い方を変えると、

アキレス腱が痛むような走り方をしている

可能性があります。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

痛みに悩む方は、まずはふくらはぎの筋肉を徹底的に緩めてください。そして、より緩ませるためには、筋肉を揺らすことです。

続きを読む

ランニングをした後にハムストリングス(太もも裏)が痛む原因と改善について

ランニングとハムストリングス

ランニングをするとハムストリングス(太もも裏)が痛くなってしまったり、張ってきてしまうことはないでしょうか。

これは筋力不足が原因で起こることもありますが、いくら筋肉を鍛えても改善しないケースがあります。

なぜならこの痛みの原因は、

走り方に問題あり、地面に対してフラットに着地ができておらず、踵から着地してしまっている

ことが考えられます。

ハムストリングスに関わらず、このような痛みが行ってしまった場合、着地の仕方を変え、走り方を変えることで痛みを改善することができます。

続きを読む

ランニングの着地を考える|ケガのリスクを下げるフラット着地を3つのステップでご紹介

マラソン選手

ランニングをしていると、膝や足首が痛くなってしまったりすることがあります。

この主な原因は走り方に問題があり、着地の仕方に問題があることが多い。

着地の話になると、大きく分けて2つの議論が交わされることになり、

  • つま先着地
  • 踵着地

どちらの方がいいのか、ということがよく言われています。ランニングで膝や足首など、どこかに痛みがある場合、着地を足裏全体で着地をすることで、痛みを改善することができます。

その理由は、足裏全体で着地をすると、脚にかかるストレスが脚や体幹に分散することができ、局部へのストレスを軽減できるからです。

続きを読む

足首周囲の痛みや腫れはランニングなどで起こる?原因と現場で感じた改善について

外踝の痛み

スポーツ選手は、日頃身体の痛みに悩まされることも多いと思います。

その中で足首の痛みや腫れを抱えている選手もいると思いますが、ランニングをした後に足首が痛くなるケースがあります。

この原因というのは、フラットに着地ができておらず、着地の衝撃が足首周辺の筋肉に、局部的にかかり続けてしまうことで発生します。

つまり、足首が痛くなるように走っているということであり、ランニングによって起こる足首の痛みは筋肉を緩め、走り方を改善することで痛みを改善することができます。

続きを読む

ランニングで膝の痛みが発生する7つの原因と改善について

ランニング 膝

ランニングを行った後に膝が痛む。もしかすると筋力が弱いからこのような膝の痛みが出るのではないか。

もしそうやってトレーニングを行っているのであれば、一度手を休めてこの先を読み進めていただきたいと思います。

ランニングによって出る膝の痛みは、大方の場合、

筋肉を緩め、走り方を改善すれば痛みは改善

します。

ただ、それは原因によって変わってきます。今回はその具体的な7つの原因をピックアップし、ひとつひとつを解説していきたいと思います。

そして、筋肉を緩めるときには徹底的に筋肉を揺らしてみてください。そうすると、膝の痛みも改善することができます。

続きを読む

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

ランニング後に感じるふくらはぎの痛みの7つの原因と改善について

ランニングを終えた後にふくらはぎが痛む。この痛みはいくら筋力を鍛えても改善しません。多くの場合、走り方を改善すればふくらはぎの痛みは改善され、再度痛みに悩むこともないと思います。

なぜなら走り方によってふくらはぎに大きなストレスがかかり、そのストレスに耐えられなくなった筋肉は硬くなり、最終的に痛くなるからです。

ですので、改善のために必要なことは、まず筋肉を緩め、走り方を改善することです。ただ、原因が別の場合もあり、そのときは対応が変わってきます。

まずは、筋肉を緩めることを徹底してみてください。そうすると、ふくらはぎの痛みに悩む方も改善してくると思います。

続きを読む

ランニング時の走り方を変えることで息が上がりにくくなる

重心は前、脚は後ろで大きく回転

ランニングをすると息が上がり疲れることは当たり前ではなく、人はもっと疲れず楽に走ることができます。

疲れる=エネルギーを消費しているということですが、疲れないような走り方ができると気持ちよくランニングすることができます。

そのためのイメージは、重心は前、脚は後ろで回転するようなイメージで走ることです。

続きを読む

ランニング障害の原因と改善方法を部分別に解説!【まずは緩めること】

筋肉を緩めた後は走り方を改善すること
クライアント
以前から走ると膝に痛みが出て、整骨院に行って電気治療をしてもらいました。一時的には良くなりましたが、走ると痛みます。安静にした方が良いと言われ、安静にしていましたが、走り出すと痛みが出ます。この膝はもう治らないのでしょうか?どうすれば痛みを改善することができるでしょうか?

今回は、そんな疑問にお答えします。

ランニング障害というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、現場でスポーツ選手から相談で最も多いのがこのランニング障害です。

走っていると脚が痛い、膝が痛い、足首が痛いとさまざまな箇所の相談を受けますが、この原因は筋力ではなく身体の使い方が問題になっていることがほとんどです。

続きを読む

全力疾走を繰り返す意味・効果について!脚は速くなる?ならない?

全力疾走を繰り返し、自分の出せる力を目一杯出した。

そうやって毎日自分を追い込んでいる。だから脚もきっと速くなるはずだ。

息が切れて疲れれば疲れるほど、自分が行った努力は実を結ぶと思いたいですよね。

ただ、残念ながら全力疾走を繰り返しても脚は速くなりません。ですが、意味がないということでもありません。

結論から言うと、全力疾走を繰り返しても、

  • 脚が速くなることはない
  • ただ、自分の最大スピードを維持することができる

ということです。

続きを読む

疲れない走り方とは?重心を低く腕を一生懸命引けば疲れる

ヒップキック

語弊を恐れず言うならば、全力で走っても息が上がらず、疲れずに走ることはできると思います。実際に、僕自身徐々に全力で走っても息が上がりにくくなってきています。うさんくせ~なって思う人もいますよね。

だと思うんですけど、そもそもなぜ疲れるのか?それはエネルギーを消費しているから。エネルギーを多く消費しているということは、疲れますよね。

緊張するとエネルギーをより多く使い、リラックスすると省エネになる。身体の動きがリラックスしてスムーズになると無駄にエネルギーを使わず、息が上がりません。

先日走り方の指導をしましたが、指導直後よりも、指導終了前の方が走っているはずなのに息が上がりづらくなったというクライアントさんがいました。今日は少し思い切ったテーマ、疲れない走り方とは?というテーマでお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ