プロフィール おすすめの記事 ニュースレター

お客様の声 お問い合わせ 無料体験

トレーニング

筋肥大をシンプルに考えるといかに速筋(白筋)に刺激を加えるかということになる

筋肥大

筋肉を肥大させるために自分の限界に臨み、ジムなどではいかに高重量を挙げられるか。

今日は80kgできたから次回は82.5kgに挑戦だ。重量は上がっていくが、身体が思ったように大きくならず、筋肉もあまり肥大していない。

もしくは、筋トレをしているけど思ったように成果が見られない。

続きを読む

筋肉をつけるためには常に100%は目指さない。トレーニング初心者に伝えたいステップアップについて

筋肉をつけるためのステップアップ

かっこいい身体になりたいという欲求は、年齢に関係なく男性なら一度は思ったことがあると思います。

でも実際は、トレーニングの辛さに挫折してしまったり、辞めてしまった方も多いのではないでしょうか?

筋肉をつけることは決して楽ではありません。それを乗り越えられた者のみ、憧れる身体を手に入れられるのではないでしょうか。

続きを読む

マシントレーニングについて|目的に対して使い方を変える柔軟さを持つこと

レッグエクステンション

先日、出張であるジムに行ってきましたが、そこで改めて目的ありきの方法だということ、刺激と反応の関係を知ればバリエーションは作れる、ということを感じました。

人間の身体は与えられた刺激に対して反応します。筋肉が緊張したり、緩んだり、弾力が出てきたり、膨らんだり。

どのような変化をさせたいのか、その目的に応じて刺激を変化させる必要があります。

続きを読む

太くなりたい方へ|食べることが苦手でもできる身体を膨らませるトレーニングについて

食べていない

 ダイエットが健康的に脂肪などを減らすことなら、デブエットはその逆とでも言うのでしょうか。

こんなことを言うと世間から批判を浴びると思いますが、ダイエットをするよりも太る方が難しく感じてしまいます。それは食べるのが苦手だからです。

僕はたまに思いますが、もし1日の必要な栄養が1粒のマメで摂れるのであればそれでいい。

続きを読む

上腕三頭筋をトレーニングしよう!機能から考える鍛え方について

トライセップスエクステンション

男性であれば腕の太さに憧れて日々、ウエイトトレーニングに励んでいる方も多いと思いますが、筋肉がつきづらく悩んでいる方もいるかもしれません。

僕自身もトレーナーになってからも筋肉を大きくすることが難しく感じ、なかなか思ったような結果を得られない日が続きました。

筋肉は刺激を加えすぎても、加えなさすぎても、発達しません。

続きを読む

ジムに通う人がついやってしまうトレーニングの勘違いについて

パーソナルトレーニング

ジムに通うと決めて今日もやる気満々でジムの入り口をくぐり、着替えを済ませいざトレーニングフロアへ。

まずは、ストレッチからかな・・・。そして・・・とりあえず歩こう。次は・・・何しよう。。。このマシンをしよっかな。内ももを引き締めたいし、脚を内側に閉めるマシンで鍛えればなんとかなるはず・・・。

こうやってジムに通う気はある!でも実際に通ってみると何をしていいのかわからないという方が多いと思います。迷った挙句、とりあえずやってみる。もしくはジムのスタッフに相談してメニューを出してもらう。そこにはマシンの使い方が書いてあったり、メニューが組まれていると思います。

でも数か月通っているけど、なかなか効果が実感できないというか、わからない。そろそろやる気も低下ぎみ。

続きを読む

ベンチプレスで肩を痛めてしまう原因と改善について

ベンチプレス

先日、ジムでトレーニングをしていると外人さんに話しかけられ「めっちゃいいフォームしているね!日本人はそんな綺麗にスクワットをする人なかなかいないyo!」と声をかけられ、少し話をしていました。

パーソナルトレーナーをしていると言うとベンチプレスで肩を痛めてしまって悩んでいるとのことで、相談を受けました。自分のトレーニングもあるから、やりながら見とくね!と伝えて自分のトレーニングをしながら、休息時間に少しフォームを見ていました。

すると、肘が真横に開くようなフォームをしており20kgのバーを持ってやっても痛いとのことでした。肘の角度やバーのあげ方について少しだけアドバイスすると痛みが出ず、元のフォームに戻すと痛みが出てきて、フォームの問題だということを理解していただきました。

続きを読む

筋肉をつけたい女性へ|筋肉を“つける”より“膨らませる”ことが勧められる理由

筋肉をつけたい女性

 筋肉をつけたいと思うけど、体力がなくてしんどいことをすることに億劫になってしまう。だけど、筋肉はつけたい・・・。

そんな想いを抱えている女性の方もいると思いますが、どうすれば理想の身体に近づけ、健康になれるのでしょうか。筋肉をつけることが絶対条件なのでしょうか。そうではないと現場の経験からも感じています。

細すぎる身体が嫌で、もう少し筋肉をつけたいと思っている方、健康になりたいけどきついことをこなせる自信がない方は少し見方を変えていただき、筋肉を“つける”から“膨らませる”という発想をすれば、理想の身体に近づくことができるかもしれません。

続きを読む