筋肉が大きくならない理由とは!?成人男性に伝えたい筋肉を大きいくするヒントについて

ジムでラットプルダウンのマシンを使うときに知っておきたい4つのバリエーションについて

広背筋に刺激

ジムでトレーニングする方ならラットプルダウンというトレーニング方法をご存知だと思います。

このラットプルダウンを行うためのマシンがあり、これはジムで人気のマシンのひとつです。

このマシンは、広背筋のトレーニングとして知られていますが、実は使い方のバリエーションを知っていると大胸筋や上腕二頭筋などを鍛えるためにも活用できるマシンです。

続きを読む

筋肉をつけたい女性へ|筋肉を“つける”より“膨らませる”ことが勧められる理由

筋肉をつけたい女性

筋肉をつけたいと思うけど、体力がなくてしんどいことをすることに億劫になってしまう。だけど、筋肉はつけたい・・・。

そんな想いを抱えている女性の方もいると思いますが、どうすれば理想の身体に近づけ、健康になれるのでしょうか。筋肉をつけることが絶対条件なのでしょうか。そうではないと現場の経験からも感じています。

細すぎる身体が嫌で、もう少し筋肉をつけたいと思っている方、健康になりたいけどきついことをこなせる自信がない方は少し見方を変えていただき、筋肉を“つける”から“膨らませる”という発想をすれば、理想の身体に近づくことができるかもしれません。

続きを読む

3ヶ月で10kgの体重増加をして感じた身体の変化と食に対する考えについて

デブエット

まだまだ廃れないダイエット方法特集ですが、先日も直接見たわけではありませんがテレビで1ヶ月で10kg近くのダイエットに成功して、その経過を紹介する番組?が組まれていたんですかね。

そういうのを少し聞いて、ダイエットはいつまでたっても方法論と追いかけっこをしていくのかなと感じてしまいます。次回の記事ではそういうダイエット関連の記事を書こうと考えていますが、今日は体重をあえて増加させるデブエットについてです。

3ヶ月で10kg増量をした去年。今思えばかなり身体に負担がかかっていましたし、食べ過ぎがいかに身体に及ぼす影響が大きいかを体感できたように思います。身体を大きくしたいからといって無理は禁物。今日はそんなデブエット体験記をお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

筋肥大をシンプルに考えるといかに速筋(白筋)に刺激を加えるかということになる

筋肥大

筋肉を肥大させるために自分の限界に臨み、ジムなどではいかに高重量を挙げられるか。

今日は80kgできたから次回は82.5kgに挑戦だ。重量は上がっていくが、身体が思ったように大きくならず、筋肉もあまり肥大していない。

もしくは、筋トレをしているけど思ったように成果が見られない。

続きを読む

筋肉をつけるためには常に100%は目指さない。トレーニング初心者に伝えたいステップアップについて

筋肉をつけるためのステップアップ

かっこいい身体になりたいという欲求は、年齢に関係なく男性なら一度は思ったことがあると思います。

でも実際は、トレーニングの辛さに挫折してしまったり、辞めてしまった方も多いのではないでしょうか?

筋肉をつけることは決して楽ではありません。それを乗り越えられた者のみ、憧れる身体を手に入れられるのではないでしょうか。

続きを読む

上腕三頭筋をトレーニングしよう!機能から考える鍛え方について

トライセップスエクステンション

男性であれば腕の太さに憧れて日々、ウエイトトレーニングに励んでいる方も多いと思いますが、筋肉がつきづらく悩んでいる方もいるかもしれません。

僕自身もトレーナーになってからも筋肉を大きくすることが難しく感じ、なかなか思ったような結果を得られない日が続きました。

筋肉は刺激を加えすぎても、加えなさすぎても、発達しません。

続きを読む

筋肉をつけたい方へ|筋肉が肥大しない理由と肥大させる刺激について

筋肉をつけたい

以前までIzuru Styleでは女性のクライアントさんが9割を占めていましたが、最近は連続して男性が入会されており、男性らしい目的をお持ちでセッションもこれまで以上に新鮮に感じ、充実感があります。

野球選手を中心に、ラグビー選手や会社員の男性も来られますが、スポーツ選手以外の男性は主に身体を大きくしたい、筋肉をつけたいという目的をお持ちです。

今日はそんな男性のクライアントさんとのセッションで感じたことをまとめていきたいと思います。筋肉をつけたい男性の参考になればうれしく思います。

続きを読む

筋肉をつけたい方へ!トレーニング刺激を変えて筋肉を膨らませる

筋肉をつける

筋肉がなくて身体が小さいから自信がない。見た目が良くないから引け目を感じてしまう。今だからこそ思いますが、ある程度時間はかかりますが、それは自分自身の努力で変わることができるはずです。

それは僕も身体が小さい上に細かった。でもある程度勉強していくと身体も変わり、今では身体も変わりそこまで大きいとは言えませんが、一般の方より少し筋肉はついています。必要なことは、知識と技術とそれを継続する意思だけだと思います。

もちろん栄養や休養なども必要になりますが、継続しなければ筋肉をつけることができません。今日はそんな筋肉をつけたいと思う方に向けて、トレーニング刺激を変えて筋肉を膨らませるというテーマでお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

低負荷でのレジスタンストレーニングでも筋肉がつく理由

低負荷トレーニング

男性と女性の身体つきは大人になればなるほど変わり、それぞれの“らしさ”を表すものの一つに体格というものが当てはまると思います。そして、その体格を決めるのは筋肉量の多さもひとつの指標となります。

男性であれば、女性よりも筋肉量が多く肩周りや腕周りは特にたくましくなっていきます。一方女性はしなやかな身体へと変わり、筋肉隆々とした体型からは遠ざかり、細く美しい身体へとなっていきます。

男性と同じようにハードに身体を鍛えている女性がいますが、頼もしくそこには美しささえ感じることがありますが、同じようにトレーニングを重ねていても、女性は男性のような身体になることは難しいとされています。

続きを読む

筋肉を大きくする・細くする・大きな力を出す・何度も収縮させる、何を目的にするかで方法が変わる

筋肉を大きくする

トレーニングを行う方はさまざまな目的があって、筋力トレーニングにを行ったり、レジスタンストレーニングなどをして、目標とする身体に近づこうと努力を重ねていきますが、人間の身体は面白く、刺激によってその姿を変化させたり、もしくは変化しないということが起こります。

変化の有無は“何をするのか”ではなく“身体にどんな刺激が加えられたのか”によって変わり、細くもなれば、太くもなり、形に大きな変化がみられないが発揮される力が増していたりとさまざまな反応を示します。

目的と方法が一致することが重要で、方法は何通りでも存在し、ひとつのパターンだけではありません。

続きを読む