低体温・冷え性

身体の水分を抜くことで柔軟性が向上することがある

水分を抜く

台所の高いところにあるものを取ろうとしたとき、「あれ?前よりも腕が上がらない」と感じたりすることはないでしょうか。

もしくは靴下を履こうとしたとき、「身体が硬くなっていて靴下が履きにくい。」

運動不足や筋肉を使いすぎることで筋肉は硬くなってしまいます。そして身体は硬くなっていってしまいますが、それとは別に身体が硬くなってしまう原因があります。

続きを読む

水太りが原因で起こる身体への影響と改善について

水太り

「1日4リットル意識して飲んでいます!」

有名なモデルさんがそういうと、こぞってそれを真似する。知らず知らずのうちに水太りになり、むくみ体重が増える。

それだけであればいいのですが、水分を多く摂りすぎると身体には多くの影響が出る可能性があります。

続きを読む

低体温になる原因と改善について|下腹部を触って低体温かチェックしよう!

低体温

 子供を抱くと大人よりも体温が高く、その温かさと愛らしさでより一層愛情が深くなります。そんな幸せを噛みしめていた今朝ですが、子供から大人になるにつれて体温が下がってしまう人が増えています。

理想とされる体温は【36.5℃】と言われ、この体温に届かない成人女性は多いのではないでしょうか?

35℃台の方も少なくなく、クライアントさんも以前までは35℃台の方がほとんどでした。なぜここまで体温が下がってしまうのでしょうか?またどうすれば体温を上げることができるのでしょうか?

続きを読む

冷え性の改善ポイントは滞りをなくし循環を良くすること

冷え性

どんな季節でも冷え性に悩まされる方がいますが、冷え性はいくら身体を温めても、それだけではうまく改善することができません。

冷え性になる原因のひとつに循環の悪さが考えられ、この循環が悪くなる原因には人間が静物化してしまっていることや、ストレス過多の生活が大きく関係していると考えられます。

冷え性を改善するためには、循環を良くするために適度に身体を動かす習慣をつけ、筋肉を柔らかい状態で維持することです。

続きを読む

低体温の改善|現場から見えてきた体温を上げる3つの方法

低体温

低体温の改善をするには、身体を温めること。そして、自律神経を整えること。基本的なことでありながら、面倒だとか手間だとか、言い訳をつけてやらなければいけないことを放棄しがちになりますよね。

まさに予防はそれに近しいものがあり、病気になるとわかっていてもタバコがやめられなかったり、お酒を飲みすぎてしまったりします。病気になって初めて予防の大切さをわかるというのは遅すぎます。

これまでも低体温については、何度かお伝えしてきましたが、さまざまな病気や痛み、精神的な問題、こういった症状と低体温は大きく関係していると言われています。

続きを読む

春まで待てない、手足の冷え性対策について

手足の冷え

先週、1週間暖かい日が続きましたね。周りでは卒業シーズン、受験シーズンまっただ中でこれからスタートを切る学生も多いと思います。

高校を卒業してもう7年が経ちました。ものすごく、早く時間は過ぎていきますね。

さて、そんな春の季節を目の前にしてまだまだ寒い日が続きそうで今週はまた雨や雪が降ることで気温が下がってきそうです。冬の時期になると悩むのが乾燥や冷え性について。

続きを読む