むくみ(浮腫)

むくみを改善=脚の筋トレ⁈知っておきたい筋肉量とむくみの関係について

むくみの改善と脚の筋トレ

女性の天敵であるむくみ。むくみが改善できればどれだけ身体は変わり、もっと楽に過ごせるでしょうか。

仕事を終えた後、ヒールが入らないぐらいに脚がパンパンにむくみ膨れ上がる。こういった悩みを持っている女性は多いと思います。

特に事務職の方や、1日座りっぱなしの方は特にそうだと思います。

続きを読む

顔のむくみを改善するために知っておきたい原因と改善方法について

顔のむくみを改善する

顔のむくみがひどくて今日は外に出たくなる。そう思うぐらい顔がむくんで腫れてしまっていることがあると思います。

特にお酒を飲んだ次の日。身体もそうですが、別人のように見える自分の顔に驚いてしまうときもありますよね。

なぜ顔がむくんでしまうのでしょうか?それは飲みすぎなどの原因が考えられます。もちろんその他の原因も考えられます。

続きを読む

お風呂で身体を温めても翌日にむくみが出てしまう理由

お風呂とむくみの関係

お風呂に入ればむくみが改善されそうな気がしますし、実際にむくみは改善されます。

ただ、身体が冷えた寝る前や、朝起きたときにはまたむくみを感じることがあります。

なぜお風呂に入っている時はむくみが改善され、身体は冷えてしまうとまたむくみが出てきてしまうのでしょうか?

続きを読む

ウォーキングで期待できる効果とその実践方法について

ウォーキング

ダイエットをするにはウォーキングが効果的!

そう言われても、10分、20分そこらで消費できるエネルギーはわずかなもの。チョコレートを1個食べるともう元がとれる。

ウォーキングは本当にダイエットに効果的なのか?と疑いそうになりますが、そもそもウォーキングで得られる効果はダイエットだけではありません。

続きを読む

足首を引き締めるためにはむくみを改善し循環を良くすること

足首のむくみ

 足首を引き締めるためにはむくみを改善し、循環を良くすること。

むくみというのは、リンパ液の滞りが滞っている状態ですが、リンパ液の中には脂肪が含まれ、循環が悪いとその脂肪は足首やふくらはぎ、下肢に溜まってしまいます。そうすると脚は太くなる。

このような状態で「足首がない・・・細くならないかな?足首できないかな?」と悩んでいる方は、むくみを改善し、循環をよくすることで足首周りが引き締まり、細くなります。

続きを読む

水太りが原因で起こる身体への影響と改善について

水太り

「1日4リットル意識して飲んでいます!」

有名なモデルさんがそういうと、こぞってそれを真似する。知らず知らずのうちに水太りになり、むくみ体重が増える。

それだけであればいいのですが、水分を多く摂りすぎると身体には多くの影響が出る可能性があります。

続きを読む

むくみの改善をするために理解しておきたい原因と改善方法について

むくみ

なぜ身体はむくみ、それを改善するためにはどうすればいいのでしょうか?

靴下、マッサージ、整体、オイル。さまざまな方法がありますが、そもそもむくみが起こる原因は組織内で組織液が滞ってしまうから起こると言われています。

むくみを改善するためには、リンパを直接刺激するのか、または筋のポンプ作用によって循環を促すか。

続きを読む

全身のむくみは気持ちよく身体を動かすことで改善できる

全身のむくみを改善する

全身の身体のむくみを改善しようと思うと、エステに行ったり、マッサージに行ったりすることが必要だと思っているかもしれません。

実際はもっと手軽に改善することができます。

ただ気持ちよく身体を動かすこと。これができると筋肉のポンプ作用により循環を促すことができ、全身のむくみを改善することができます。

続きを読む

脚のむくみの原因はストレッチのやりすぎ?やり方ひとつで筋肉は硬くなる

むくみ

これからの時期、女性は冷えに悩まされる方も増えてくると思いますし、苦手な季節がやってくると感じる方もいるかもしれません。

いよいよ冬本番という感じですが、先日あるクライアントさんとのセッションで、脚のむくみの原因が家で行っているストレッチや体操の問題だということがわかりました。

過度にやりすぎているため筋肉が緊張してしまい、寝て起きると脚がパンパンにむくんでいるとのことでしたので、家での過ごし方を変えていただきました。

続きを読む

水分のとりすぎによる弊害!1日2リットル以上水分を摂る人は要注意

水分

 美容や健康のためには水分量の確保が必要です。というのは、いろんなところで耳にしますが、それをそのまま実践するともしかすると身体にマイナスの影響を及ぼすことがあるかもしれません。

この時期、汗をよくかきのども乾くと思いますが、出た分に対して取り込むことはいいと思いますが、摂りすぎには注意が必要です。

先日ダイエットについて相談されたときのことです。

続きを読む