自分を変える方法とは?変われると幸せになっている人が多い【経験談】

クライアントさん
自分を変えて学校に行かない息子にも変われることを伝えたいんです。いずるさんの力をぜひお借りしたいです。よろしくお願いします。

約5年程前に、ある40代のクライアントさんからお問い合わせのメールがあり、このようなことを相談されました。

自分を変える方法は世の中でいろいろ言われていますが、僕はこの答えは1つしかないんじゃないかなと思っています。それは続けることです。

しかも続けていても、自分の感覚としては劇的な変化は感じないものの、実は振り返ったときに大きく変わっている感覚です。

今回は、これまでクライアントさんが身体や考え方が変わった方を見て感じたことなどをお伝えしていきたいと思います。

 


結論:自分を変える方法は無限にありそうで1つしかない

結論:自分を変える方法は無限にありそうで1つしかない

クライアントさんが変わったり、僕も変わったなと感じた経験を通じて、お伝えできることは、おそらく自分を変える方法は無限にありそうで1つしかないということです。

その答えは、先ほどお伝えした、“続けること”だと思います。

クライアントさんは3ヶ月という期限を決めた

先ほどお伝えした40代のクライアントさんは、僕のスタジオまで片道約2時間ぐらいかかるところにお住まいで、そこから週2回のペースで通われました。

期限も3ヶ月間と決め、その中でできることをやっていくことを決めました。

このクライアントさんの目的は、

自分を変えて息子さんにも変わってもらいたい。私は体型を細くして、変わったところを見せたい。

ということで、体型を変えることが第1ではなく、自分を変えて、息子さんに変わってほしいということが第1の目的でした。

これまで何かをやり遂げたことがない

このクライアントさんは、これまでいろんなところに通ったこともあったそうですが、なかなか続かず挫折し続けていたそうです。

基本的に続けたこと、やり遂げた経験がありませんでした。ここもご本人が口にされていて、

「続けることができるだけで、少し変われる気がする」

僕もここにポイントがあると感じていたので、身体を変えることと3ヶ月やりきれる内容をイメージしレッスンをしていきました。

3ヶ月を終えた後の感想

結論とすれば、クライアントさんは3ヶ月間をやりきり、自信を持って帰られました。

そして、息子さんもお母さんの頑張りに応えるように、自分のやりたいことを見つけ進学されたそうです。

このクライアントさんが最後に言っていたことは、

最後までできたことが一番うれしいですね。これを機に、いろんなことにチャレンジしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

と、身体が変わったことよりも、続けられたことが嬉しかったそうです。

結果的に、体重は-6kg、ウエストも-8cmほど引き締まりましたが、それ以上に得たものがあったそうです。

結局は毎日の積み重ねでしかない

このクライアントさんは、3ヶ月で合計24回のレッスンを行ったわけですが、特別なことをしたかと言うとそうではありません。

トレーニングなども行っていますが、以前からこのクライアントさんはトレーニングは苦手だったそうです。ですが、指導してやっていただくと、うまくできるようになりました。

やり方の問題はあったので、そこを変えることでより快適にできるようになり、苦手意識もなくなっていったそうです。

そして、こういったトレーニングを3ヶ月間続けられたことで、自分もできるという感覚が徐々に芽生え、3ヶ月後には自信をつけられていました。

結局、自分を変える方法は、具体的に◯◯ということではなく、何かを続けることでしか変われないのかもしれません。

 

自分に置き換えて考えるとやっぱり続けることが大事だと痛感する

続けること

僕も、今の自分に全然満足していないですし、物足りなさ、知りたいことが山ほどあるので、これからもそこを追究していくと思います。

現時点でもそうは思っていますが、ただこれまでの約3年間を振り返るとなかなか変わったなと感じています。

でも振り返って変わった感覚はありますけど、今の自分が「すごい変わった!」と実感しているかというと、そうでもないです。

いつもと変わらない自分な感覚です。

淡々とやり続けること

変わるためには続けることが大事だとお伝えしてきましたが、具体的に何をやり続けるのかは自分が目指す方向性のものでいいと思います。

僕だったら、

  • トレーナー関連の勉強&練習
  • 栄養、料理、食材などの勉強

とかが出てくると思います。この辺りを自分が一番自然に取り組みやすいものからやっていくと続けやすいと思います。

今の僕だったら、食についてもう少し深く知りたいので、以前購入したマクガバンの本を読み直しています。

これを1日1時間程度読むようにしていて、もしこれが終われば次のものに移ったり、毎日やることが終わって、時間があれば自由に勉強をするようにしています。

こうやって今自分が知りたいことを淡々とこなしていくと、いろんな知識がついてきます。

現場で実践し分析する

こういった学んだことって、実践して成果を見ていかないと活きた知識にはならないので、レッスンでは積極的に使っていきます。

そして、そこから得られたことを再度見直して、次に活かす。あとはこのルーティンをひたすら繰り返しますが、そのときってうまくいっている感覚はありません。

「どうやったらもっと良くなるのか?」その回答しか自分の中に出てこないので、結構苦しかったりします。でも、それが楽しかったりもするので、続けられるんですよね。

1年前の自分を見ると恥ずかしくなる

こういった感覚であることを続けていると、たまに1年前の自分を見たときに、「えっ?こんなことやってたの?」と恥ずかしくなることが何度もあります。

このときはじめて、「あぁ、自分って変わってるんだ」って思えます。この瞬間が一番成長を感じれる瞬間かもしれません。

だからこそ、僕は劇的に変わることは難しいんじゃないかって思ってます。そういう方法もあるんだろうけど、結局そういう方法は短期的にかなり自分に負担がかかります。

何よりも続けることに意味があって、その先に変わった自分がいると思うので、無理はいらないと思います。

 

自分なりのステップをみつけることが大切

こういった話をすると、「いずるさんだからできるんでしょ?」と言われることもありますが、おそらくそういうことを言う方は、いつまで経っても変われないと思います。

僕のことはどうだっていいわけです。なぜなら、自分の人生のメインは自分だからです。

僕が伝えたいことは、他人の人生や経験をそのまま自分がやるのではなく、自分ができるようにうまく工夫して、できるところだけで真似すればいいということです。

そうすると、自分のリズムでうまく進んでいける方法が見つかるので、他人の人生をそのまま生きない方がいいと思います。

1日5分でも10分でもいい

先ほど僕は勉強の話をしましたが、僕は本を読むのが基本的に好きです。

ブログを書くことも好きなので、起きて5分後にはブログを書き始めています。それができるペースや長さも違うので、続けることが苦手と思っている方は、まず5分~10分でもいいと思います。

そういった短い時間をまずは毎日続ける習慣をつける。英単語もそうですけど、1日3つ覚えると1年で1000個以上覚えられるわけです。

それぐらい1日の小さな積み重ねは、続けると大きなものに変わります。

塵も積もれば山となる

この言葉は本当にすごいと思う言葉ですが、その通りだと思います。

だからこそ、自分ができるペースなどをみつけて、まずは余裕でクリアできるペースから始め、それを徐々に伸ばしていく。

そうやって続けていると、ある日誰かから「◯◯さんはそうやって続けられてすごいね!」と言われるはずです。そのとき、はじめて変わったと実感できる自分がそこにいるはずです。

 

まとめ

基礎知識

自分を変える方法は、いろんな方法があると思います。ただ、僕は複雑な方法は必要ないと思っていて、ただ必要なことを続けることで、変われると思います。

その続けることのペースは人によって違うので、そのペースを人と比べて落ち込む必要もないですし、ただ淡々とこなしていけばいいと思います。

すると、数ヶ月後、数年後、振り返ったときに変わった自分を実感できると思います。その時々ではあまり実感できないかもしれませんが、確実に成長していくはずです。

変わりたいと思っている方は、毎日自分ができることを続けていくことが大事になるんじゃないかと思います。

今回の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

人気記事ホットヨガの体験ならココ!トレーナーの僕がおすすめする4ヶ所【手ぶらでOK】

関連記事

▼仕事のときに考えていること
>>「完璧にできてから」ではなく「まずやってみる」という意識で仕事をして感じたこと

▼体型が気になっている方に伝えたいこと
>>太っている・体型が気になる方に伝えたいこと

IzuruStyleについて

伊藤出

神戸パーソナルトレーニングIzuru Style
伊藤出のプロフィール
コース・アクセス
お客様の感想
FAQ
お問い合わせ(無料体験)

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*