選択肢は1つではない。自分に合うものを探し続けたらいいと思う。

選択肢

今日から自分が感じたことととか、考えていることとかを短いブログで伝えていきたいと思います。

知識的なことをいつもお伝えしていますが、それとはまた違った感じで伝わればいいなって思ってます。

ん~、なんだろうな・・・。最近っていうか、いつもなんだけど、「●●やれば変わる!」とか「●●しないとあなたは変わらない!」みたいな言葉にすごく違和感を感じるんですね。

すごい胡散臭いっていうか、あんまり信用できないというか。

トレーナーの仕事をしていて私生活に役立っている考え方っていろいろあって、そのひとつが選択肢は1つではないってことです。

 

スポンサードリンク

例えば筋肉を緩めるとする

筋肉を緩めるには、一般の方からするとストレッチとかマッサージがイメージしやすいですかね?

これは間違っていないんですけど、この他には筋肉を揺らしたり、さすったり、収縮させたり、筋膜に刺激を加えたり・・・といろいろ方法はあるんですね。

でも、ストレッチ店であれば「あなたの人生ストレッチで変えます!」みたいなことを言って、ストレッチを勧めていきますよね。

ストレッチ店を批判するつもりはないですし、素晴らしい時間を提供するところもあるので個人的には尊敬するところもあります。

でも、商売ってなると本質の部分が隠れたり、少し捻じられて表現されていたりすることが多い。

ここにすごく違和感を感じてしまうんですね。

で、何が言いたいかっていうと、身体を変えるにしても、生き方にしても自分に合った居場所って必ずあると思うんです。

 

続けられないのは自分のせいだけじゃない

ちょっと話が反れますが、身体を変えたくてどこかでトレーニングを習いに行くとしますよね?

このトレーニングがきつくて耐えられなくて、途中でやめてしまうとします。

このとき、周りになんて言われると思いますか?もしくは、自分で自分のことをどう思いますか?

「●●って弱いね!」「へたれやん!」「自分って本当に何やってもダメだ。」

いろんな声があると思うんですけど、これってそもそも身体を変えるためにきついトレーニングが必要なのか?ってこともあります。

結構固定的に考えられていて、身体を変える=めちゃくちゃハードだってイメージが強いと思うんです。でも実際はそうじゃないんですね。

継続できるように工夫して、その人ができることを見極めてやれることを続けていくと、多分続けられると思いますし、身体も変わる。

ここはトレーナーの技術もあるってことです。

だから、続けられないのはすべてが自分のせいではないということです。

 

自分の価値観を大事にすると見えてくることがある

独立をして6年目ですが、いろんな経験をして人にも騙されて人生の勉強だって思ったこともありました。

今個人的にすごく大事にしたいことは、いろんなことを世間で言っていたり、近い場所で言えば、学校、会社、家庭で自分のことをいろんな風に評価されることがあるかもしれません。

そこで下された評価って価値はそこまでないと思っていて、自分の価値観を大事にして、自分の感性を信じてやり続けていきたいということを今本当に大事にしたいと思っています。

ここ数ヶ月、本当に自分に問いただすことばかりが続いていて、そこで出る答えってやっぱり自分が今まで大事にしてきたことで、自分の価値観そのもの。

他人からいろいろ言われる環境ではないので、自分の声を聞きやすいですが、そうじゃない方も多いと思います。

どうしても外野の声が入ってきて、なかなか自分の価値観を大事にして、生きることって難しく感じてしまう方もいるかもしれません。

でも、そういう方にこそ自分の価値観を大事にしてほしいなって思います。

 

僕は会社勤めより独立の方が楽だと思う

僕は会社勤めが無理で、その環境に身を置くことが本当に苦痛です。

だから会社勤めをされている方は、強いなって本気で思ってます。僕は、その強さはないから独立をしたっていうのもあります。

社会的に見ると、独立=すごい、会社勤め=普通、みたいなイメージってないですか?僕は全然なくて、そもそも独立すること自体は難しいことではないと思います。

僕にとって独立して1日16時間ぐらい働くのと、会社勤めで8時間労働するのとではどっちがいいかと言われると、迷わず独立を選びます。

会社勤めするより、1人でとことん仕事をする方が楽なんですね。

もちろん体力的にしんどいですけど、でも会社勤めする方がよっぽどしんどいですね。

これも選択ですよね。自分に合っているのは独立で、その環境がすごく好きです。

今日一番伝えたいことは、他人の価値観で何かを選ぶのではなく、自分の価値観で選んだ時間は本当に充実するということです。

いろんな情報が伝わりやすい時代だから、いろんな文言で誘惑があったり、気持ちが揺さぶられることもあります。

だけど、それは何のために発せられた言葉なのか、それを冷静に見極めることで情報に対する反応は薄れると思います。

 

自分に合うものを探し続けたいと思います。

何が自分に合って、何が自分に合わないのか。

それを見極める最も正確な方法は、やってみるということだと思います。

僕はデザインとか絶対苦手だと思っていましたけど、ブログもそうですけど、すべて1から作ることができました。

ある程度形にすることができましたし、時間をかけて辛抱強く学んでいけば本当にできるかどうかわかってきます。

やる前に判断するのはあまりにももったいない。

これからも僕は自分に何が合って、何が得意で、何が長所で、何を伸ばせば突き抜けられるのかを探し続けたいと思います。

そのためには、他人の価値観ではなく自分の価値観で物事を決め、判断し、実行し続けたいと思います。

そういう人生の方が楽しいと思いますからね。

選択肢は1つではなく、自分に合うまで探し続けるといつかみつかると思います。その過程を楽しめば人生も充実したものになるんじゃないかなって思います。

このブログで、1人でも多くの方が「自分も何か頑張ってみようかな?」と思っていただけると嬉しいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. コンディショニング
  2. 変形性股関節症
  3. 壁立ち
  4. がんと食事
  5. 打ち方
  6. 椅子への座り方
  7. 腰痛の原因
  8. 投げ方
  9. 走り方
  10. 歩き方
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
  2. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  3. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  4. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
ページ上部へ戻る