野球選手のコントロールは立った瞬間に決まる?!立ち方の重要性

投げ方

高めにボールが浮いてしまい、次の投球で意識して低めに投げようとするとワンバウンドになり、そこからどのように調整したらいいのかわからなくなり、自分の投球を見失う。

そんな経験をしたことがある投手は多いかもしれません。

コントロールをよくしたい、投手ならだれもが思うことですが誰でもコントロールをよくすることができるのでしょうか?もしあるとすればどのようにすればいいのでしょうか?

高めに浮いてしまう原因として、立ち方の問題があります。

問題は投げる瞬間であるリリースポイントではなく、投げる前できまっていると言ってもいいぐらいです。言い方を変えれば、高めに浮くように投げているということです。

なぜ高めにボールは浮いてしまうのでしょうか?

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

高めに浮いてしまう原因は立ち方に問題がある

プレートに足を付き、軸足に体重を乗せ、体重移動を行い投球に入りますが、この際軸足に体重を乗せたときの足の裏の重心位置を確認してみてください。

左右前後にぐらついたり、プレートの前が掘れていてうまく立てないということはないでしょうか?

高めに浮いてしまう原因はここにあります。

どういうことかというと、右投げの場合右脚が軸足になるわけですが、右脚に体重がかかったときに小趾側に体重が流れるとその瞬間にエネルギーの方向がななめ上方になります。

足の外側

イメージとすればやり投げのようなイメージになります。

この段階でボールはどこへ行くのか大体決まりますが、一度上に向いたエネルギーは元に戻そうとしてしてもうまくいきません。

仮にボールが高めに浮いてしまって悩んでいる投手の方は、一度軸足でまっすぐ立てるかためしてみてください。おそらくぐらぐらなったり、小趾側でたったり無駄な力が入り緊張して立っていると思います。

ここで重要なことはぐらぐらせずにまっすぐに立つことです。

関連記事:理解しておきたいバランストレーニングの意味と実践について

 

まっすぐ立つための方法

まっすぐ立ちましょう、と言われてもどのように立てばいいのかわかりません。

立つということは重心をどこにおけばいいのかという問題もあります。実際に足の裏にかかる体重の比率というのがあり、その参考になるものがあります。

マルカルドの体重分布図です。

マルカルドの体重分布図

体重分布

おわかりになるでしょうか?

母趾球と言われる親指の付け根が17%、小趾球と言われる小指の付け根が13%踵に20%、両足で100%となります。

この体重分布ができると骨で立つ感覚が得られ、ぐらぐらせずに立つことができます。

これらの体重分布を実現させるためには、踵の少し土踏まずよりに重心を置くことでフラット着地と呼ばれるこの比率になり、足裏全体で体重を支えることになります。

普段からつま先や母趾球に体重が乗っている選手は踵で立つような感覚が得られると思います。

先ほどお伝えした小趾側に体重がかかることでエネルギーが上方へ向き、高めにボールが浮く原因になっていましたが、まずこの改善をすることで球筋にも変化がみられると思います。

関連記事:ピッチング・バッティングは足元の環境を整えれば良くなる

 

なぜ母趾球に体重を乗せることがいけないのか?

ここで不思議に思った方もいるかもしれませんが、なぜ母趾球で立たないのでしょうか?

一般的に野球選手は母趾球で地面を蹴る、押すなどの表現を多用しますが、実際には踵で地面を押すほうが大きなエネルギーが生まれます。

実は母趾球、つま先で地面を押すことは回転の力が働き、右投手で右打者のアウトローに投げられない原因は、つま先で地面を押している、体重が乗っているからということがあります。

右投手の場合、母趾球で地面を押すとインステップになりやすく、投手は打者のインコースに投げるような身体の使い方をしているのです。踵で地面を押すことでまっすぐ踏み出すことができ、インステップも改善され、自然な使い方ができるとアウトローにボールがいくようになります。

このようにエネルギーを生むことについてもそうですし、コントロールという部分を見ても母趾球ではなく踵に乗せることでより素晴らしい投球につながると考えられます。

 

ここで見落としがちな地面

これは高校野球でよく見かけますが、プレートの前に穴を掘ってその穴につま先を入れて投球するということがありますが、これは自ら立ちにくくしているのと同じです。

なぜ掘る必要があるのでしょうか?プロ野球やメジャーリーグの投手の足元をよく見てみてください。

特にメジャーのマウンドは硬く足元はほとんど掘ることができず、平らな状態です。

プロ野球選手でもコントロールの悪い選手は足元がぐらつきますが、コントロールのいい投手のほとんどの選手は微動だにしないぐらいきちんと立てていることに気づくと思います。

平らな方が立ちやすいのは普通に考えればわかることですが、誰かがやっているから今までやっていたから、などあると思いますが必ず足元を平らにならす癖をつけてください。

この地面の問題もコントロールには影響を受けます。一度試してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今まではただ軸足に体重を乗せていた、一瞬の出来事だったかもしれませんが投手にとっては生命線になりかねない重要なことが詰まっています。

ここに記載していることを実践することで高めに浮くボールは改善されていくと思います。

立つことの重要性を改めて認識してもらえればと思います。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 変形性股関節症
  2. がんと食事
  3. ふくらはぎをストレッチ
  4. 投げ方
  5. 壁立ち
  6. 椅子への座り方
  7. 歩き方
  8. 打ち方
  9. コンディショニング
  10. 腰痛の原因
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  2. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  3. 江成瞳
    ――今日はよろしくお願いします! 江成さん:こちらこそよろしくお願いします。 (さらに&hel…
  4. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
ページ上部へ戻る