痛みの改善

痛みの改善

腰痛や膝痛など身体の節々の痛みを改善したい。でもどうすればいいのかわからない、またどこに行っても改善しないと悩んでいる。

この記事ではそんな方が痛みの原因や改善について理解できるように、痛みに関わる全てのことをお伝えしていますので、何か1つでも参考になれば幸いです。

 


ステップ1 痛みの原因

痛みの原因は、部位によって異なるため、ここでは痛みに悩んでいる箇所別に記事を分けていますので、ご自身の悩む症状をクリックしてください。

痛みを改善するためには、まずは自然体に直すこと、つまり筋肉を緩めることです。そして、立ち方や歩き方などの動作を改善することです。

 

ステップ2 筋肉を緩める方法

それぞれの痛みに対して筋肉の緩め方は異なるため、症状別に見ていただく方がすぐに改善方法がわかると思います。

ここでは、もっと根本的なところにスポットを当てて、なぜ筋肉が緩むのかということを解説したいと思います。

緩める

筋肉の緩め方

 

ステップ3 日頃の姿勢や動作を改善する

筋肉を緩めることができると、痛みの主な原因でもある日常で行う姿勢や動作を改善していきます。いくら筋肉を緩めても、この部分が改善できていないと痛みは再発する可能性が高くなります。

座り方

座り方

座り方とは?坐骨で座れば楽に座れる
⇒筋肉を緊張させて座ると疲れます。座り方のポイントは、骨で座ることです。そうすると、楽に過ごせ、循環も良い状態を維持しやすくなります。

立ち方

立ち方

立ち方を理解するための3つのステップ
⇒立ち方のポイントを踵で立つこと、骨で立つことを感覚的に掴むこと。

ヒールを履いた時の立ち方について
⇒ヒールを履いた時はつま先に体重を乗せがちですが、ピンの部分である踵で立つと楽に立つことができます。

歩き方

歩き方

歩き方を理解するために大切な重心移動について
⇒歩くことは、脚を前に出すことではなく重心を運ぶことです。楽に歩くためのポイントをお伝えしています。

ヒールを履いた歩き方を変えてヒップアップする
⇒ヒールを履いて歩くとき、少しのコツを掴むことでヒップアップでき、ウエストを引き締めることができます。

階段

階段の上り下り

階段の上り下りを改善すると膝の痛みは改善する
⇒階段の上り下りを変えることで、楽に上り下りができますし、膝の痛みなども改善するので、痛みを抱える方には非常に重要です。

 

ステップ4 自律神経を整える

痛みは脳が感じるという考え方があり、脳が緊張していると痛みを感じやすくなります。そのため、痛みで悩んでいる方は、自律神経を整えることで痛みの改善につながることがあります。

悩み

自律神経を整える方法

自律神経を整える方法のまとめ
⇒自律神経は、リズム運動をすることで整えることができ、さらにトリプトファンというアミノ酸を摂っておくことで整いやすくなります。

自律神経が整わないときに確認したい3つのこと
⇒仕事のストレスが溜まりすぎていて、なかなか自律神経が整えられない方は、こちらを参考にしてみてください。

脳が痛みを感じていると感じた話
⇒実際に腰痛で相談を受けたクライアントさんの話で、痛みの改善の新しい見方になると思います。

 

身体の痛みに関する記事

腰痛の原因

腰痛

肩の痛み

肩・首こり

膝などの痛み

その他の痛み