ダンスエクササイズで持久力を高めようとしたらこうなった・・・。

  • 2014/6/9

梅雨入りしてからというもの、なかなか外でランニングをすることもできてないし、持久力を高めることが梅雨入りしてからというもの、なかなか外でランニングをすることもできてないし、持久力を高めることができていないな・・・。早く身体を動かしたいけど、何かいい方法はないかな・・・。

アッ、そういえば最近ダンスエクササイズが流行っていたよな?あれやってみよう!確か、DVDあったよな・・・、あった!!

これこれ。みつけた。本当に効果あるのかな?とりあえずやろう。

まずは、パソコンを準備しないとね。それからDVDを入れて・・・と。よし、再生できた。どんな感じなんだろう?

ふんふん・・・。なるほどね~!おもしろそう!よし、いざやってみるか!内容は大体覚えた!!

まずは、ウォーミングアップからだ!首を伸ばして・・・

次は、身体を捻って・・・

よし、準備完了だ!!

気合い入ってきたから、服脱いじゃえ!上から・・・

さらに・・・

こっちも・・・。バサッ!!








よし、プリケツスタイルでやろう!

すごい・・・か、か、か、輝いている・・・。す、す、す、す、すごい・・・・・・!!!!!!!!

そんな見ないで・・・。いけない、つい恥ずかしがってしまった。早速始めよう!!

ここから見てろ、俺の真骨頂だ!!!!!見ずにやってやるぜ!!!

テイ!!

おりゃ!!

決めポーズだあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!

完璧だ、完璧すぎるフィニッシュだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

このDVD思ったよりも楽すぎるぜ!俺の体力がありあまってやがる。












やってやろうじゃないか!!どんなプログラムでもかかってこい!!!!










シェアァァァァァァァ!!!!!

トリヤーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

シャキーーーン・・・。

・・・くそ、体力が持たない。う、う・・・予想以上にき、き、きつい。

はあ、はあ、はあ、はあ・・・・・・・・・・・・・・・・・。だめだ。無理だ。

 グハァ・・・。

トレーナーである俺がこんなになるとは・・・。

もう一度、持久力を鍛えなさないといけない。有酸素性持久力を向上させるためには、どうしたらいいんだ。

つまり心拍数を120拍/分以上を保って、ランニングやバイク、こういったダンスエクササイズを行えばいいということだ。思い出したぞ!そうすることで、持久力は向上し、このダンスエクササイズはクリアできるはず。

よし、まずは自分のペースでできるランニングからやり直そう。走りに行こう・・・。

ちょっくら走りに行ってきます!!

アバヨ!!

有酸素性持久力を向上させたいと考えたとき、ただ走ればいいかと言えばそうではありません。

先ほどもお伝えしたように、心拍数120拍/分を超えるようなペースで運動を行えば有酸素性持久力は向上しますが、どのように心拍数をあげれてあればいいのでしょうか?

そこで思いつく手段として、ランニングやバイクなどが思いつきやすいですが、心臓を上下に揺らし刺激を加えることで心拍数は上がります。その場でジャンプをし続けてもいいですし、エアロビクスのレッスンを受けてもいいと思います。

方法はさまざまありますが、心拍数を意識して有酸素運動を行ってみると、今までとは違う効果が見られると思います。筋肉とは異なり、適応までに12週間かかるとされていますので、コツコツ積み重ねていくことも大切になりますね。

はじめは気持ちよく走れるペースから始めてみてはいかがでしょうか?

最後に、今流行っているダンスエクササイズは楽しく、みなさんが行っても楽しめて、強度的にも軽すぎず気持ちよく終われる内容になっていました。ぜひ、みなさんも楽しみながら運動を続けてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で


シェイプス
関連記事

おすすめ記事
  1. 歩き方
  2. 椅子への座り方
  3. 鵞足炎
  4. ランニング 膝
  5. がんと食事
  6. 壁立ち
  7. 変形性股関節症
  8. 打ち方
  9. 投げ方
  10. 走り方



ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
カテゴリー
おすすめ記事
  1. 打ち方
    いかに打つか、野球選手なら常に考えていることだと思います。 身体をどのように使えば打てるのか、…
  2. コンディショニング
    今日は体調が良かった、逆に悪かった。そんなことを意味するように使われているのが“コンディショニング”…
  3. がんと食事
    つい最近まで元気だった人が突然がんを宣告され、その3ヶ月後には命を落としてしまうという現実を突きつけ…
  4. 椅子への座り方
     「椅子に“正しく”座りましょう!」 そうやって言われても、そもそもどのように座ればいいのか、あま…
ページ上部へ戻る