むくみの改善はエステでできる?改善はできるけど、大事なことは日常!

  • 2018/2/9
むくみ改善とエステ

最近、ライザップが【VIVANA】 という暗闇でエクササイズをし、ダイエットするスタジオをオープンしたり、ヨガ以上・RIZAP未満【ボディメイクホットヨガLIPTY】 というホットヨガをオープンさせましたね。

いろんなスタジオなどが出てきますが、今でも大きな期待を込めて女性が行かれているのはエステではないでしょうか。

健康に携わっていると、いろんな方に「●●ってどうなんですか?」と聞かれますが、それぞれ良い部分があり、合わない部分があり、回答に困りますね。

ただ、言えることは「効果がある人は効果があるし、ない人にはない」というのがベストな答えかなとも思います。というのは、やっぱり現状の身体が違えば、やるべきことは変わりますし、現状が分からない中で何をすればいいのか僕もわかりません。

今回はむくみの改善にエステに行っても効果があるのかどうかという質問を最近よく受けるので、その回答をお伝えしますが、エステに行けばむくみは改善できると思います。

ただ重要なことは行ってプロの手で施術をしてもらうことと並行して、日常の中でそれを維持することをしなければうまく改善がしません。

今日はこの辺りについて、プロの任せる部分と自分でやるべきことをお伝えします。それがうまく噛み合ったとき、今と違った身体になれると思います。

【VIVANA】 に行ってみたい方はこちらからどうぞ。

 

スポンサードリンク

むくみの改善はエステではできないという意見について

僕個人的な意見としては、エステに通うと、その施術によってむくみは改善できていると思います。

実際にエルセーヌ に通った次の日に来られる、またはエステ後に来られたクライアントさんもいましたが、いつもよりむくみが改善し、しぼんで来られています。

ということは、エステそのもので施術を受けることは効果はあるということだと思います。

ただ、場所を選ばないと効果がないところもあるかもしれません。僕はそういうところに行ったことがないので、何とも言えませんが、実際にエルセーヌ に通われた方は、効果はあると思います。

よく言われる「効果がない」という意見は自分の想いも入っている

エステ=効果がないという方もいますし、以前は僕もそうでした。ただ、本当にそうなのかと考えたとき施術後は身体に変化が見られる。ということは、施術自体は効果があります。

問題は、その状態がどれぐらいの期間持つのか、そして長期的に見たときにどれぐらいの変化があるのか。

そういったことを見たときに、おそらく変化がある方は少数で、エステのみだとあまり変化が見られない。だからそういう意味では効果がないということが言えると思います。

でも施術自体には一定の効果があるので、問題点は施術以外のところにあるということになります。

同業だとどうしても他社のことを批判的に見てしまったり、嫉妬なども混じると、否定的な意見を言いたくなりますし、RIZAP もそうです。

結果は出ると思いますけど、批判的な声も多いですよね。あれは純粋に成果のことだけを言っていることは少ないと思います。今回はできるだけ客観的にどうすればむくみを改善できるかを見ていきたいと思います。

なぜ施術を受けた状態を維持できないかを考える

エルセーヌ で施術を受けたあと、なぜその状態を維持できないのでしょうか。ここが一番重要なところであり、今回のポイントになります。

一般的にはエステにそもそも効果がないという声になりますが、そうではありません。その状態を維持することをしていなかったから再度むくみが出る。

そもそもむくみはなぜできるのか、改善のためにはどうすればいいのか、そこを自分で理解していればおそらくエステも有効に活用することができるはずです。

まずこの原因と改善については、こちらを読み進めてください。

関連記事:むくみの改善をするために理解しておきたい原因と改善方法について

 

むくみを改善する方法は主に2つだと考えるとわかりやすい

むくみを改善するためには、主に2つの方法を知っておくと整理がしやすいと思います。

  • リンパ管を直接刺激する
  • 筋肉のポンプ作用を活用する

これらがどういうことかをもう少し整理していきたいと思います。

リンパ管を刺激するということについて

リンパ管を刺激するということは、いわゆるリンパマッサージをすると捉えてください。

これだとわかりやすいと思います。

身体に血管のように全身に張り巡らされたリンパ管という管の中に、リンパ液が通っていますが、このリンパ液が滞ることでむくみがうまれます。

そのため、このリンパ管を直接刺激することでむくみを改善することができます。

ただ、このリンパ管を刺激すると一言で言っても、むくみを改善するためには、刺激する強度、時間、順序などさまざまな技術が必要になります。実際にエステに通うと、このリンパを刺激することを行ってくれます。

関連記事:リンパマッサージのやり方をご紹介!セルフで行うときに知っておきたい8つの手順

現在【エルセーヌ 】では500円のむくみ改善エステ体験を実施中!

筋肉のポンプ作用を活用するということについて

筋肉のポンプ作用を活用するということについては、身体を気持ち良く動かし、筋肉の収縮-弛緩の作用によってポンプのような役割をさせ、そのような動きによってリンパ液の滞りを改善するということになります。

ここで重要なのは、どのように筋肉を動かしポンプ作用を行うのかということです。

大きく言えば、この2つの方法でむくみを改善、そして改善できた状態を維持させることになります。

関連記事:全身のむくみは気持ちよく身体を動かすことで改善できる

むくみの改善を行うためにおさえておくこと

むくみを改善するためには、どういう方法をとるのかというよりも、どのような刺激をリンパ管に加えるのか、ということが最も重要になります。

ですので、リンパ管を刺激するにしても、筋肉のポンプ作用を活用するにしても、どのように行うのかということが最も重要になります。

 

むくみの改善はエステでできる理由

むくみの改善がエステでもできると言える理由は、このリンパ管を直接刺激するテクニック、技術力があるからです。

ただ、一般の方であればそのテクニックがないため、むくみを改善するためにリンパ管を刺激するためにエステに通うことは僕は良いことだと思いますし、結果も出るはずです。

この部分を見れば明らかに僕のようなトレーナーよりも、技術や知識に関しては熟知していると思いますし、専門家です。

だからこそこういう部分は任せられると思います。

本当に大事なのはそこからです。

むくみを維持するための方法を指導するところが少ない

ここからは実際にエステに通われた方から聞いた話ですが、エステではあまり日頃するべきことを指導してくれないそうです。

だからむくみが改善した状態を維持できません。エステに通っている方は、この部分を理解し、日頃やることを知ればもっとむくみは改善できるはずです。

ダイエットをしましょうとは言われるそうですが、その他の僕がブログで伝えているようなことはあまり指導されないそうです。

関連記事:むくみ(浮腫)のカテゴリー

それを理解した上で通っていただきたいなと思います。やはり専門家ですので、リンパ管を刺激する技術については信頼できると思います。

 

むくみを改善した状態を維持するための考え方

では日頃むくみを維持するためにはどうすればいいのでしょうか。ここからはそれを具体的にお伝えしていきたいと思います。

現状によって方法が異なりますので、今のご自身の生活などを振り返って、改善に取り組んでみてください。

体内の水分量が多い方の場合

水分を飲みすぎる場合、改善することは水分を減らすことです。もう1つの手段としては、発汗し水分を体内から減らすことです。

水分をとりすぎることはむくみの原因にもなり、せっかくエステなどに行ってもすぐにむくむはずです。

改善方法は水分を減らすか、

RIZAPプロデュース【ボディメイクホットヨガLIPTY】 ★ホットヨガスタジオ L A V A★ とかに行ってホットヨガで汗をかくことでもいいですよね。こういう場合のヨガは

効果があると思います。

このように日頃から水分を摂りすぎてしまう方は、そこを改善する必要があります。

運動不足の場合

事務職の方の場合、日頃座りっぱなしでエステに行く以外何もしていない。そんな状態では、当然エステ後2~3日でむくみは出てくると思います。

なぜなら筋肉が硬くなり循環が悪くなること、また椅子に長時間座ることで循環が悪くなり、特に下半身はむくみやすくなります。

こういうときの改善は、仕事中に軽く足首などを動かすことです。そうすると筋肉を動かすので、ポンプ作用が働き、循環を促すことができます。

エステに行った後にすることは、こういう適度に身体を動かすことです。ここがあればエステの効果も持続しますし、次の施術のときはさらに変化が見られるようになるのではないでしょうか。

関連記事:全身のむくみは気持ちよく身体を動かすことで改善できる

できるのであれば、日頃歩くときに軽く足首を使って歩くことでこれでもむくみを改善することができます。

関連記事:むくみを改善する1つの方法として歩き方を変えると循環を良くすることができる

締め付けの強い衣服を着用している場合

もう1つむくみの原因があって、締め付けの強い衣服をつけている方は、エステで施術を受けてもすぐにむくむはずです。

逆に締め付けの弱い衣服に変えることで、施術を受けた後もむくみづらくなるはずです。また締め付けの弱い衣服に変え、さらに身体を適度に動かす。

そうすると、むくみの改善した状態を維持できると思います。

この衣服の締め付けがないかどうかもチェックしていただき、もしあれば改善してみてください。

このようにむくみが改善された状態が維持できていない場合、何か問題があり、そこを改善することでよりむくみが改善した状態を維持することができるようになります。

 

まとめ

今回は、むくみの改善はエステでできるのか?というテーマでお伝えしていきましたが、結論としては可能です。

ただ、そのエステでなぜむくんでしまうのか、という指導を受けられることはあまりないと思うので、ご自身で理解しやる必要があります。

そういう理解のもとでエステに通うと、さらにむくみを改善した状態を維持できるのではないでしょうか。

今日の内容が少しでも参考にしていただければと思います。

現在【エルセーヌ 】では500円のむくみ改善エステ体験を実施中!

関連記事

おすすめ記事

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で


シェイプス
関連記事

おすすめ記事
  1. 変形性股関節症
  2. 鵞足炎
  3. 走り方
  4. 椅子への座り方
  5. ランニング 膝
  6. 腰痛の原因
  7. コンディショニング
  8. がんと食事
  9. 壁立ち
  10. 投げ方



ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
カテゴリー
おすすめ記事
  1. 走り方
    先日、ラグビー兵庫選抜の選手と全国大会に出場する中学野球選手にそれぞれ走り方について指導すること…
  2. ランニング 膝
    ランニングを行った後に膝が痛む。もしかすると筋力が弱いからこのような膝の痛みが出るのではないか。…
  3. がんと食事
    つい最近まで元気だった人が突然がんを宣告され、その3ヶ月後には命を落としてしまうという現実を突きつけ…
  4. 壁立ち
    正しい立ち方とは、胸を張り、肩甲骨を寄せ、母趾球に体重を乗せて立つこと。もしそう考え実践している…
ページ上部へ戻る