シェイプアップ 痛みの改善 スポーツ 無料体験 

身体のむくみの原因とは?改善のためには循環を良くすること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
身体のむくみの原因と改善について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は冷え込みが増してきて朝晩は10度前後の日も珍しくなくなってきました。この時期になると僕だけでしょうか・・・。

あえて寝る前に半袖短パンになり、肌を露出し、冷えた布団にわが身を触れさせ、体温と布団の温度差によって、『あっ・・・冷たい。』となるのが気持ちよく感じるのは。

そんな就寝前のことはどうでもいいことですが、就寝前といえば仕事疲れもあって、やっとゆっくり寝れる・・・とリラックスできる時間でもあると思います。

でも、そんな時間帯にいつも気持ちよさを邪魔する存在がいます。

それは“むくみ”の存在です。男性の方はあまり経験はないかもしれませんが、このむくみは女性にとっては非常に厄介者です。

気だるさを感じさせたり、見た目も身体が太く見えてしまったり、顔になんかでてしまうと朝は化粧のノリが悪いなど、できれば現れてほしくない症状のひとつだと思います。

女性が悩むむくみについて、今日はその原因と改善策について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


noteでは、この記事よりも詳しい情報を有料(480円)でお伝えしていますので、よければこちらもご覧ください。


むくみが起こる原因とは?

むくみの原因

なぜむくみは起こるのでしょうか?それは、水分の取りすぎや塩分の取りすぎなどのときに起こるものもあれば循環系の病気になったときにもむくみと言われており、病的な場合とそうでない場合のときがあります。

今日お伝えしていくのは、病的な原因以外の場合のことについてです。

そもそもなぜむくみが起こるのかといえば、血管の中を血液が通り、その血管から毛細血管へと流れていきます。

そして、その毛細血管から染み出した液体を“間質液(かんしつえき)”と呼び、その間質液が組織内で滞ってしまうとむくみになってしまうということです。

通常であれば、間質液は静脈やリンパ管を通り流れていきます。血液の流れというは心臓がポンプの役目を果たし、常に循環できるシステムができています。

そのため滞ることはほとんどありませんが、リンパ管の場合、心臓のようなポンプ機能がなく、その役目が筋肉になりますが非常に流れが遅いため滞りやすくなっ
ています。

むくみの原因というのは、循環不良によるものとなり、むくみを改善するには循環を良くすることが必要になります。

 

一般的に行われているむくみの改善方法について

ジム

むくみの原因が循環不良ということをお伝えしていきましたが、一般的に行われているむくみの改善方法というのは、リンパマッサージや筋肉を動かす、鍛えるということですが、その中でもたまにみかけるのが、『むくみの改善には筋肉をつけて代謝を上げよう!』などといううたい文句です。

イメージ的には、筋肉をつけると代謝があがり、循環がよくなるような感じはしますが、実はよく考えてみると筋肉をつけるようなトレーニングをすることで逆効果になることが考えられます。

筋肉をつけるトレーニングを行うと、多くの場合筋肉が緊張し硬くなってしまうことがあります。

これは、ウエイトトレーニングをすると柔軟性が下がるということを伝えているわけではありませんが、鍛え方によっては筋肉が硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなるということは、その分循環も悪くなることになり、さらに循環不良を起こす可能性があります。

そう考えると、筋肉をつけるようなトレーニングが必要なのではなく、循環をよくするようなことや、筋肉を緩めるようなことをすることが必要になります。

筋肉を動かすとポンプ作用として働き、循環もよくなるため動かすことも必要になり、そうなればエクササイズも筋肉が緊張しないようなことをすることが重要になります。

 

むくみの改善のためにはどのようなことをすればいいのか?

マッサージ

先ほども答えはお伝えしましたが、むくみの改善のためには循環を良くすることが必要になります。

先ほど出てきたリンパについてですが、血液は身体を1周するのに約40秒かかりますが、リンパ液が身体を1周するのにかかる時間は約12時間と、血液と比べて圧倒的に遅いことがわかります。

そのため、長時間座り続けるとむくみやすくなるのはこのためですが、むくみを改善するためには次のようなことを考えることで改善にむかうと思います。

  • 筋肉を緩めること
  • 日頃から適度に関節を動かし、運動すること
  • 体温を上げ、循環を良くすること

このようなことを目的にして、さまざまなことをすることでむくみの改善をすることができることになります。

具体的にはこのようになります。

  • 身体調整
  • マッサージ(自分で、もしくはしてもらう)
  • お風呂につかり身体を温める
  • 呼吸運動を行う
  • 筋肉を緩めるようなエクササイズや体操

具体的にはこのようなことをすることで循環の改善になり、むくみの改善につながっていきます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?むくみの改善とはさまざまなことが言われていますが、改善策はひとつではなくさまざまな観点からみるとさまざまな改善の考え方があります。

改善策についてはこのように考えることができますが、根本的な問題として現代人はあまり動いていないということが問題であり、動かないことで筋肉が萎縮し、筋肉が硬くなることや、仕事などで筋肉を使いすぎた結果筋肉が硬くなることがあります。

どちらにしても筋肉が硬くなりやすい現代人は、まずは日常の中で身体を動かすこと、運動をすることを習慣にすることが大切なことだと思います。

では最後に今日の内容をまとめていきたいと思います。

  • むくみの原因は循環不良
  • むくみを改善するためには筋肉をつけるようなトレーニングでは逆効果になる可能性がある
  • むくみ改善のためには筋肉をつけることではなく、循環をよくし、体温を上げる
  • 具体的にはお風呂の中でマッサージをしたり、寝る前に呼吸運動をすることもリンパの流れを促進する
  • 日頃から適度な運動を継続する

このような内容でお送りしていきました。

女性の方は特にこれからの時期、ブーツを履いた時などにむくみを感じられると思いますが、今日の内容でむくみを改善し、おしゃれも思いっきり楽しめる身体でいることも大切なことだと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

自分史上最高のカラダとココロに。
それが、Izuru Style・・・

ゆかログ

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーソナルお申し込み

本文をお読みいただいて、ありがとうございました。

IzuruStyleでは、ブログでカラダやココロが変わるきっかけをお伝えできればと思っていますが、セッションではブログでは伝えきれない部分をお伝えしています。

少しのテクニックの違いで身体は変わります。ブログの内容を実践していただいても身体は十分変えることができます。

その効果以上の結果を求められる方は、セッションでお伝えし身体がさらに変わることを約束します。

カラダやココロのことでお悩みの方は、お申し込みください。


パーソナルお申し込み

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*