エステに通ってもなかなかセルライトが解消しない理由と改善について

  • 2017/5/5
エステとセルライト

エステに通ってセルライトを撃退するぞ!そう意気込んでエステに行ったけど、思ったように結果が出なかった方もいると思います。

もしくは、結局ダイエットをするために、食事制限するんだと思った方もいると思います。

人間の身体を変えるには、そう簡単なことはないですよね。そうはわかっていてもできれば楽をして痩せたい。そんな矛盾を生じるのが人間だと思います。

され、今日はエステに通ってもなかなかセルライトがなくならないというテーマでお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

セルライトって何?

そもそもセルライトとは一体何でしょうか?

■セルライトとは?

「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語としてフランスで生まれたと言われている。1973年、ニューヨークのエステティックサロンの経営者であるニコール・ロンサードがセルライトについての本を書きベストセラーになったことから一般に広く知られるようになった。

セルライトは「脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの」「脂肪細胞同士が付着してできる脂肪の固まり」「リンパ液の固まったもの」「成分のほとんどはコラーゲン」と複数の説があり十分に定まってない。エステサロンなどにおいてセルライトかどうかは外見上の特徴で判断されている。

Wikipediaより引用:セルライト

このように説明され書かれていますが、ここから言えることは・・・正体が不明確であり、まだはっきりしたことが定義されていない状態ですので、非常にふわっとした定義づけになっています。

エステに何度か通われた方は経験しているかもしれませんが、それぞれのお店によってセルライトに対しての言い方が変わっているかもしれません。

それはこの定義が明確ではないため、独自の解釈をそのままうたい文句にするということがあるためにそれぞれで効用のうたい方が違うのだと思います。

医学的な立場から見ると、セルライト(ellulite)という言葉は存在せず、造語として扱われています。

セルライトという存在は“皮下脂肪と変わらない”という見方があり、トレーナーという立場から見てはこの皮下脂肪の解消がセルライトの解消になるということになります。




 

セルライトを解消するためには、運動と食事が重要

上記のことを踏まえて話を進めていくと、セルライトの解消のために必要なことは、脂肪を減らす考え方と同じになるので、運動と食事の関係が重要になります。

以前、食事制限しすぎると体重が減らなくなる理由で脂肪を減らす考え方はお伝えしていますので、参考にしていただければと思います。

もしセルライトという独特のものが存在し、それが揉んだりすることで解消できるのであれば、僕自身が勉強不足ですが、今の自分の立場から言えばこの2つを工夫するしかありません。

少しイメージしてみていただきたいのが、フライパンの上にひとかたまりのラードを置きます。このラードは女性が悩む皮下脂肪(セルライト)だとして、フライパンが身体とします。

フライパン

ビニール手袋をしてみなさんの手でこのラードを揉んだり握ったりしてみます。このビニール手袋は筋膜や皮膚に当たり、手は施術する人の手になります。

さて、フライパンの上にあるラードをビニール手袋をした手で握ったり揉んだりフライパンにこすりつけてみたりすると、ラードの量は変化するでしょうか?かたまりであったラードの形は変わるかもしれませんが、量は変わらないのは想像できると思います。

では、どうやったらこのラードの量を減らせるでしょうか?それは、このフライパンを火にかけることです。

火にかけるとラードは液体に変わり、熱せられたことによって蒸気となり、換気扇のフィルターにベトッっとへばりつくような形で姿を変えていきます。

このとき火をつける前に、ラードを揉んだりすることで火をつけた後のラードの溶けやすさは変わるでしょうか?このように脂肪分だけをピックアップして考える見えてくるものもあると思います。

ここで何がお伝えしたいかというと、脂肪を燃焼するためには酸素が必要で、熱が必要になります。

その熱を発生させるためには運動が必要になり、食べ過ぎることによってフライパンの上にあるラードが大きくなってしまうため、食事の調節が必要となります。

決して揉んだり握ったりした“だけ”では脂肪の量が変化しないのはイメージしていただけたのではないでしょうか。

この例でフライパンの上のラードと体内の脂肪の存在で違うことは、体内の脂肪は握ったりしても形状を変化させないということです。

ラードの場合は広がっていくことで形はなくなりますが、体内の脂肪の場合、そううまくはいきません。

脂肪を減らしたい場合、運動と食事の調節が大切なことは理解していただけたかなと思います。




 

エステは本当に効果がない?

決してエステを批判したいのではありません。冷静にセルライトというものを医学的な立場で見るとこのように考えらえれます。

エステティシャンの方の中には、素晴らしい技術を持たれている方がたくさんいると思います。

ただ、視点を変えてセルライトを見るとこのような見方もできるのではないでしょうか。

ここまでの話であれば、エステに通うことのメリットは何?と思う方もいるかもしれませんが、先程もお伝えしたように、僕もわからない世界がたくさんあり、知らないことも本当に多くあります。

セルライトが皮下脂肪とは別であり、特別な存在になることがこの先あるかもしれません。でも現時点で理解したことで話をすれば、揉んだり握ったりすることでは脂肪を減らすことは難しいと思います。

ではそういう行為にどのような効果があるのでしょうか?

今までに何度かリンパのことをブログにも書いていますが、施術によって静脈やリンパに刺激が加わっているはずですので、その流れが改善し、リンパ管の中には脂肪組織が流れますので、ある程度脂肪の量が変化する可能性があります。

循環が悪い方や下半身の膨らみの原因がリンパの滞りであれば、身体が細くなったりと見た目的にも改善が出る可能性があります。

とは言っても劇的な変化が出るかと言えば疑問に思うところです。

ただ、実際にどのような施術をするのか、それによって変わりますし、目的と方法を一致させることが重要になります。

むくみがひどい方の場合、エステに行かれると変わることもあると思いますし、そこに食事の指導などが入ってくればダイエットができ、身体は変わっていくと思います。

ただ、基本的にセルライトといわれるものを改善したい場合、運動と食事をベースに考えることが最善の策なのかなと思います。

食事については、こちらを参考にしていただければと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。世の中にはさまざまなもので溢れていますが、自分に強く言い聞かせることでもありますが、本質をもっと見ていく必要があるし、常に学び続けることが大切だなとつくづく思います。

それぞれのいいところを活用しつつ、本当に自分の身体を変えていくためには何が必要なのか・・・それが運動と食事だということが言われれば、身体に対して悩みを持っている方であれば、「わかってるよ。」「やっぱり楽なことはないんだ。」「王道だな。」と思われるかもしれませんが、わかっていてもなかなかできないのがこの2つなのかもしれません。

ですが、そこから逃げずに習慣を変えていけばきっと身体も同じように変わっていくはずです。みなさんがもしわかっているよ・・・と思っていただけたら、あとはそれを実行していただきたいなと思います。

では、最後に今日のまとめを書いていきたいと思います。

  • セルライトとは、美容業界では脂肪とは違う存在。医学的見れば皮下脂肪と分類されている
  • 医学的に考えればセルライトの解消は運動と食事の改善が必要
  • 身体を揉んだり握ったりするだけでは脂肪の量はほとんど変化しない
  • 身体を変えるためには運動と食事を改善しましょう

という内容でお送りしていきました。

身体を変えるために運動をすることや、食事を変えることに楽しみを感じることができればもっと身体も変わっていくでしょうし、継続もできますよね。結局は毎日の積み重ね、今の積み重ねですね。

今日の内容が少しでも参考になればうれしく思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの本をまとめました。

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で


シェイプス
関連記事

おすすめ記事
  1. 鵞足炎
  2. ランニング 膝
  3. ふくらはぎをストレッチ
  4. 椅子への座り方
  5. 水分
  6. 腰痛の原因
  7. 変形性股関節症
  8. がんと食事
  9. 投げ方
  10. コンディショニング



ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
カテゴリー
おすすめ記事
  1. ふくらはぎをストレッチ
    ふくらはぎをストレッチする目的は、何でしょうか?ふくらはぎを細くしたい、女性らしい身体になりたい…
  2. 変形性股関節症
    変形性股関節症に悩まれている方から相談もありますが、みなさん1回は手術が頭をよぎり、手術を回避しよう…
  3. がんと食事
    つい最近まで元気だった人が突然がんを宣告され、その3ヶ月後には命を落としてしまうという現実を突きつけ…
  4. 投げ方
    先日名古屋から社会人野球選手が来ていましたが、その選手への指導の中で感じたのはいかにシンプルに伝える…
ページ上部へ戻る