おしゃれを楽しむ・・・。こんな身体じゃ楽しめないと思っている方へ

おしゃれを楽しむ

フフフフフ~♪

おしゃれ

今日もセッションがんばろっと!

よし!

いつも基本スウェットでスタジオに来て、ジャージに着替えてセッションして、セッションが終わったらジムに行くからそのままジャージみたいな毎日。

あんまり私腹を着るときがないんですよね。

でも、会社に私服で行く方って毎日大変ですよね?!僕はそこまでファッションに興味がなくてっていうか、好きは好きなんですけど、まあいいっかな?みたいになっちゃいます。

僕は時間があればおしゃれもいいなって思っていますし、身長が小さいから背が高い人が似合いそうな服は無理ですけど、基本体型で悩むことはないんですね。

さすがにこの仕事していると、体型は保っとかないと説得力がなくなりますから、気をつけないと・・・。

焦る

女性って、他人が見てもあまり気にならなかったりする部分が、自分だとものすごくコンプレックスに思っていたり、露出するなんてもってのほか!なんて方もいると思います。

昨日セッションの合間にね、美容院にいってきたんですね。そしたら女性誌に「おしゃれを楽しもう!キラキラ輝く女性に!」って書いてたんです。

本当におしゃれを心の底から楽しめている人ってどれぐらいいるんですかね・・・。

 

スポンサードリンク

今日はおしゃれを楽しめないへお伝えします!

僕のコンプレックスは、人前で話すのが苦手ってことだったんですね。

「はぁ?それだけしゃべっててよくそんなことが書けるな?」なんてことを言われそうですけど、板前をしていた高校生の頃なんてひどかったと思います。

でもね、毎日「どうやったら人前でしゃべれるようになるんだろう・・・」って悩んで悩んで、それでも板前だから常に僕の前には人が来る。

毎日「ここに座るなよ・・・」って思ってたんですけど、面白がって僕の前に座る人って多いんです。

「お兄ちゃん若いね?何歳?」って始まって、話すのが苦手だからとにかく笑顔でかわして、話をずっと聞いていました。

ずっと悩んでいて、数年、もう10年ぐらいですかね?まだまだ話すのが苦手なところもあるんですけど、そしたら文章を書くのがうまくなってきたんですね。

まだ勉強が足りないところもありますけど、悩んでたらいつの間にそれが原因で得意な部分ができた。

何が言いたいかって、自分の体型を気にしておしゃれが楽しめないって方の多くって、自分のことを過小評価しすぎだと思うんですね。

 

「知らんわ!」って言われたことが良かった

一度クライアントさんだったと思うんですけど、「僕って人見知りだと思いますか?」的なことを聞いたんですね。

「そう思わないよ?」って返答を期待してたり、「ちょっとわかる!」みたいな返答がくると思って聞いたんです。

そしたら、まさかの「知らんわ!そんなこと気にしたことない(笑)」って言われて、そのとき思ったのが人って自分が思っている程自分のことを見ていないなって思ったんですね。

自意識過剰みたいな?(笑)

でもそのときそういわれたとき、「自分は人見知りのように見えていないんだ」って思えて、そこからあんまり人見知りとか、しゃべりが下手とか思わなくなりました。

こうやって思えたことで、自分の価値観ってなんだろうって考えだして、自分の価値観を大事にしていこうって思ったんですね。

そしたらすごい毎日が楽しくなったし、仕事では苦しいことは多いですけど、充実感はすごく出てくるようになった。

僕が今言えることは、人は意外と他人のことに興味がないから好きな服装だったりファッションを楽しめばいいと思うんですね。

 

文句を言われるときは大概嫉妬か妬み

「あの子はブスだ!」とか「あいつはイケてない」って言う人の心情って、結構複雑なのかもですね。

別に言わなくてもいいじゃないですか?そもそも気にする必要もないし。

でもそこで気になるってことは、「自分の上いかれた!」みたいな感情があってそれを言うだけだと思うし、本当に信頼できる人は褒めてくれると思います。

何もファッションに限ったことではないと思います。

仕事も、大きく言えば人生も全部、嫉妬や妬みが愚痴の原因だったりしますよね。

言うんだったら自分も頑張ったらいいのになって思いますし、かっこいい人ってやっぱりすごい努力してると思うんです。だからかっこいいと思うし。

その言葉に負けずに自分がいいなって思ったおしゃれを楽しんでほしいなと思います。

 

おしゃれはわからない。でもこれだけはなんとなくわかっていること

僕も苦手なことというか、ずっと考え続けていることをやり続けていると、いつの間にかできるようになっていた経験があります。

おしゃれも一緒じゃないですかね?

最初はもしかすると、自分に合ってなかったり、似合ってない服装をするかもしれません。

じゃあ次は、もっと自分に合った服装を選択しようと思うだろうし、それを何度も何度もやればいつの間にかアドバイスを求められるぐらいおしゃれになると思います。

大切なことは、やりたいじゃなくて、やることで、もっと大切なことはやり続けることだと思います。

これは何事にも共通することでやり続けることである程度見えてくるものがあると思います。

別に宣伝をする気があるわけでもないですが、体型に自信がないからおしゃれが楽しめないのであれば身体のことについてはいつもお伝えしています。

ヒントにしてジムなんかでやってみていただくとわかることがあると思います。

自分が何かを変えたいと思うのであれば、今の瞬間に何かを変えなければ始まらないですよね。

もっとおしゃれを楽しめる時間を過ごしていただきたいなと思います。

 

最後に

僕は、常に思っていることは、自分がやりたいことや、これがしたいなって思うことはまずやってみることだと思います。

人生を左右するようなことでは、そう簡単にやれないと思いますが、ただ小さな変化をつけることは容易だと思います。

その小さな変化がその後の人生を大きく変えるきっかけになるかもしれませんよね。

と、まあ大きなことを言える身ではないんですが、僕も自分自身を通して変化をする楽しさを伝えていけたらと思いますし、背中をポンッと押せるような存在でいれればと思います。

今日の内容が誰かが一歩を踏み出すきっかけになればうれしく思います。

他人の評価ではなく、自分が本当に良いなって思うことを貫いていってほしいなと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. コンディショニング
  2. 投げ方
  3. 腰痛の原因
  4. 変形性股関節症
  5. 椅子への座り方
  6. 歩き方
  7. 走り方
  8. 打ち方
  9. がんと食事
  10. ふくらはぎをストレッチ
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  2. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  3. 松田拓也
    ――今日は宜しくお願いします。 松田さん:なんか変な感じですね。よろしくお願いします。 ――まず…
  4. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
ページ上部へ戻る