• HOME
  • ブログ
  • 健康
  • 疲れて動けないなら寝ながら身体を動かせば元気になる【適当でOK】

疲れて動けないなら寝ながら身体を動かせば元気になる【適当でOK】

PMSの原因とは?
健康
クライアント
仕事が忙しくて、疲れすぎて動けません。こんなときってどうすればいいですか?元気になる方法を教えてください。

この質問に答えます。

この記事では、

  • 疲れて動けないときこそ身体を動かす理由
  • 身体を動かすことで元気になるわけ
  • 具体的にやること

などをお伝えしていきます。

休むよりも身体を動かす方が元気になります。「だから・・・」と言われそうですが、それでも動くことをお勧めするには理由があります。ぜひ違いを実感してみてください。

今回は、疲れて動けないと悩む方にお伝えします。

 



「だから・・・」と言われそうだけど動いた方が良いです

「だから・・・」と言われそうだけど動いた方が良いです

結論から言えば、疲れて動けないときこそ動いてください。

と言っても、「お前マジで聞いてる?」と言われそうなので1度だけ、僕にチャンスをください。もしダメならそのまま寝てください。

ここからお伝えすることを真似て実践してみてください。5分で終わります。

※すべて気持ち良く動けるように、適当にやってください。

仰向けで両手を真横に広げる

  1. 仰向けになり、両腕を前にならえの状態にする
  2. 両手を真横に広げる
  3. 息を吐きながらふわっと動かすように元の状態に戻る
  4. これを1分間繰り返す

体操

体操

両手をバンザイ方向に動かす

  1. 仰向けになり、両腕を前にならえの状態にする
  2. 肩などに強い張りが出ない位置までバンザイする
  3. 息を吐きながら、元に戻す
  4. 気持ち良く感じるように、1分間繰り返す

体操

体操

深呼吸を繰り返す

  1. 仰向けの状態で、両手をお腹に置く
  2. 鼻から軽く息を吸って、軽くお腹を膨らませる
  3. 口から細く長く息を吐き、軽くお腹を凹ませる
  4. 気持ち良く感じるペースで呼吸を繰り返す
  5. これを3分間行う

どうでした?

やってみて気持ち良くなかったですか。意外と動けると思いません?

というか、もうちょっとできそうじゃないですか?もしいけそうであればやってみてください。

で、時間は気にせず、3セットぐらいこのサイクルを回してみてください。身体を適当に動かしてるだけですけど、ちょっと元気になってきたように感じると思います。

つまり、疲れすぎて動けないという時でも、動ける体勢でいいので、身体を動かすことで、身体は楽になります。

その理由を解説します。

 

疲れすぎて動けない身体が元気になった理由

疲れすぎて動けない身体が元気になった理由

肩こりになったときのことを思い出してください。

パソコンやスマホを長時間触っていて、目が疲れ首が凝る。首周りの筋肉が硬くなり、結果肩こりになる。

どしーんと重たく、揉んでみるものの、重だるさは改善できず、しんどい。

こんな状態ですよね。

これと似たようなことが全身で起こっていると思ってもらうと、イメージしやすいと思います。

仕事の中で筋肉が緊張し硬くなっている

まず、仕事をしていると、特に事務職の方は同じ姿勢でずっとパソコンをしたり、デスクワークをすると思います。

そうすると、首や肩、胸や背中など上半身の筋肉を常に使い、緊張し続けてしまいます。

肩こり

そうすると、筋肉が硬くなり弾力を失ってしまいます。

筋肉が弾力を失うと、血流が悪くなり、そこで循環不良が起こり、老廃物が溜まり出します。

老廃物が溜まることで、だるさを感じるため、肩こりと同じように全身がだるい場合、全身に老廃物が溜まってしまっている可能性があります。

老廃物が溜まってしまう場所は細胞

この老廃物が溜まってしまっている場所というのが、身体をつくる細胞の中です。

本来細胞は、筋肉が収縮すると老廃物や二酸化炭素を排出し、緩むことで栄養素や酸素をとり込みます。

つまり、筋肉が柔かい状態で動くことで、ポンプのような役割を果たし、細胞内の代謝を行っていたわけです。

その筋肉が硬くなることで、ポンプの役割を果たせず、結果老廃物が細胞内に溜まり、だるさを感じているということになります。

だからこそしんどいこと身体を動かすべき

先ほど、適当に身体を動かしてもらいましたが、適当(適度)に身体を動かすことで硬くなった筋肉は緩みます。

また、身体を動かす=筋肉の収縮-弛緩というポンプ作用を活用できるため、循環を促すことができます。

そうすると、身体を気持ち良く動かせば動かすほど、老廃物は代謝され、結果しんどさが軽減されていくわけです。

だからこそあえて疲れて動けないと思った方に、身体を動かすべきとお伝えしたのはそのためです。

疲れた身体を元気にするためには、細胞内の代謝を促し、細胞1つ1つを元気にするか。それが大きなポイントになります。

 

疲れて動けない身体を改善するために筋トレは必要ない

疲れて動けない身体を改善するために筋トレは必要ない

疲れて動けないという自分を客観的に見ると、

情けないな~自分。弱々しいし、筋トレしてもっと強くなれよ。とはいえ、そんな元気もないけど。

みたいなことって思いませんか?

疲れて動けない=弱い、みたいなイメージ。

パーソナルトレーナーの僕のことを見てどう思うか分かりませんけど、僕でも疲れて動けないって思うことはありますよ。

おそらく女性よりは筋力もあるし、スタミナもある。だけど、仕事すればそういう状態になるときって必ずあります。

弱いと思うのではなく、元気にする方法を知っておけばいいだけ

しんどいことに耐えられない自分がダメ。みたいなイメージもあるかもしれませんが、そんなことはないです。

大事なことは、疲れて動けないときに、どうすれば元気になれるかを知っておくことだと思います。

それが先ほど行った、気持ち良く身体を動かすことです。

もし余裕があれば、この動画のように、身体をぶらぶら揺らすことを身につけてください。

これって、

  • 肩の上下
  • 腕のぶらぶら
  • 身体を左右に揺する
  • 脚のぶらぶら

というのをミックスさせて行っているだけですが、身体は揺らせば筋肉が緩み、循環が改善します。

疲れて動けないと思う前に、こうやってぶらぶら揺らすだけで身体はすっきりし、疲れが改善します。

これを5分も続けると、身体はポカポカしてきて緩み軽くなります。あとは、これを毎日の習慣にすればOKです。

上級者編は歩くときにぶらぶらをとり入れる

僕が日頃していますが、歩くときに、

  • 肩から腕がぶら下がっている
  • みぞおちから脚がぶら下がっている

こういうイメージを持って、自分の重心をスーッと前に運びます。そうすると手足は振り子のように、ただぶらぶら揺れるだけの状態になります。

イメージ的にはこんな感じです。

そうすると、振り子のように手足はリラックスして動くので、これだけで筋肉が緩みます。

最初にやっていただいたことも、気持ち良く身体を動かしただけでしたよね。

歩くときも、気持ち良く手足が動くようにすればそれだけで、胸や背中、股関節周りはすべて緩みます。

仕事の合間や時間があればぶらぶら揺れる

僕は日頃よくバイクに乗りますが、信号待ちで止まれば必ずぶらぶら腕を揺らします。

かなり目立ちますよ。でも関係ないです。自分の健康のため、良い状態で身体を維持するためには周りは関係ありません。(笑)

これ冗談抜きで、仕事中に軽くぶらぶら揺らす習慣をつけると、仕事終わりの疲れ方が全然変わります。

常に暇があったら揺れているので、仕事終わりでもほぼ元気です。

こうやって疲れる前に対策をしておくことで、疲れて動けないという状況までいかないようにできるので、この辺りもおさえておいてほしいなと思います。

 

健康的で元気な身体を維持するためにおすすめのもの

健康的で元気な身体を維持するためにおすすめのもの

クライアントさんからも、何か健康的なもの、元気に過ごすために何かいいものはないかと相談を受けます。

この場合、あまりビタミンのサプリなどは必要ないと思っていて、もっと本質的な部分をサポートできるものの方がいいと思っています。

個人的におすすめなのが「ミトコリン」というサプリです。

細胞にエネルギーを送るのがミトコンドリア

先ほど、元気な状態を維持するためには、細胞が元気でいる必要があるとお伝えしましたが、この細胞が活性化するためには、ミトコンドリアがキーマンになります。

細胞が代謝するためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを供給しているのがミトコンドリアです。

つまり、ミトコンドリアが体内に増えれば、その分多くのエネルギーを細胞に渡すことができます。

細胞が多くのエネルギーを蓄えることができると、代謝などが活性化し、細胞が元気になります。

細胞が元気になるということは身体も元気になるため、健康のキーマンはミトコンドリアになるということです。

唯一ミトコンドリアを増殖できる

いろいろ調べる中で、僕が今知っている物の中で、唯一ミトコンドリアを増殖できるのが、「ミトコリン」というサプリでした。

パッケージは妊活を打ち出していますが、男女共に、年齢に関係なく健康や疲れた身体を元気づけるためには、効果的です。

細胞が元気になるという、健康で一番本質的な部分をケアできるサプリなので、これは僕自身がおすすめできると思って、今回ご紹介しています。

もし興味がある方は、こちらから公式サイトをご覧いただければと思います。

>>ミトコンドリア増殖・活性サプリメント ミトコリン

サプリを飲むだけではなく身体を動かすことも必要

よく「これを飲むだけで健康に!」と言われる商品などもありますが、それはおそらく難しいです。

健康で元気に過ごすためには、自然体を維持すること。

つまり、

柔かい筋肉で、循環が良い状態

を維持することが根本的には必要になり、日頃仕事などで身体の筋肉は硬くなります。

だからこそ、気持ち良く身体を動かし、緩めることが必要です。その習慣にプラスして「ミトコリン」のようなサプリを摂ることでより元気で過ごすことができます。

健康で元気な状態を維持する絶対的な存在ではありませんが、より健康で元気に過ごすためのプラスになることは間違いありません。

いろんなサプリや商品がありますが、そういったもの使う方は、本質的には身体を動かすことは必ず必要になるということを理解しておいてほしいなと思います。

 

まとめ

まとめ

疲れて動けない身体には、気持ち良く身体を動かし循環を改善すること。

細胞に溜まった老廃物を出し、栄養や酸素を摂りこむことで細胞は元気になります。

細胞が元気になれば身体も元気になるため、健康や元気な状態を維持するためには、細胞を常に活性化させておくことがポイントになります。

そのためには、日頃から気持ち良く身体を動かすことを習慣化させておくことで、より元気に過ごせるはずです。

今回の内容が疲れて動けないと悩む方の参考になればうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

おすすめトレーナーの僕がおすすめするトリプトファンのサプリ4選

おすすめホットヨガの体験でおすすめはココ!トレーナーの僕が選ぶ3ヶ所【手ぶらでOK】

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で