筋力トレーニング後は食べる方がいい?食べない方がいい?

いずるいずるが書いたよ! →最新記事一覧

セッションをご希望の方はこちら!

お問い合わせ

筋力トレーニング

スポンサーリンク

一般の方でも、美容や健康に興味のある方は雑誌などでさまざまな情報を読んだりし、トレーニング後の食事の摂り方については浸透してきていますが、筋力トレーニング後は吸収率が高まっているために糖質などを摂ることは避けた方がいいのでしょうか?

今日は筋力トレーニング後に食べる方がいい?食べない方がいい?というテーマで書いていきたいと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 

筋力トレーニング中・後の体内での変化

筋力トレーニング中はタンパク質の分解が進み、トレーニング後にはタンパク質の合成が高まります。

筋力トレーニングによって筋肉に微細な傷がつき、それを修復するためにタンパク質などの栄養素が必要とされますが、筋力トレーニング後、約30分以内がゴールデンタイムと言われ、たんぱく質を摂ることで、より筋肉がつきやすくなるとされています。

だから、筋力トレーニング後にはプロテインを飲んだほうがいいということが言われます。この辺りで今日の話の結論は見えてきていますが、筋力トレーニング後アミノ酸の一種であるロイシンを摂ることでより筋肉がつきやすくなるということがわかってきました。

また、アミノ酸やプロテインなどと同時に糖質を一緒に摂ることでさらに筋肉がつきやすくなるとされています。

一般の方であれば、糖質だけでも筋肉がつきやすくなるそうです。

 

筋肉がつきやすくなるということは・・・

このように筋力トレーニング後の糖分とタンパク質などの摂取を行うことで、より筋肉はつきやすい環境ができあがります。筋肉がつくと代謝が上がり、それによって太りにくい身体になり、みなさんが目指している身体に近づいていくということになります。

このように考えると筋力トレーニング後に食べる方がいい?食べない方がいい?ということについては食べた方がいいということになります。

ただ、食べた方がいいからと言って脂肪分の多い食事を大量に食べてしまったり、大食いをしてしまうとそれはまた別の話になり、騒然太ってしまう可能性はあります。

食べないというのは、ある意味もったいないということにもなります。

 

食べないことを続けると筋肉が減る可能性があります

先ほど、筋力トレーニング中はタンパク質が分解されているとお伝えしましたが、この分解が進み続けるとどうなるでしょうか?実は筋肉が減っていきます。

筋力トレーニングは、筋肉に刺激を与え、壊すようなことをするわけですが、ここでタンパク質が外から入ってこないと材料がなくなり、筋肉がつくられなくなってしまいます。しかし、筋力トレーニングを継続して行い続けると壊す一方になってしまいます・・・。

結果的にこのような自体になれば、キレイになるために行っていた筋力トレーニングが逆にマイナスの効果を与えてしまうことになります。

そうならないためにも、よりキレイになるためにも、筋力トレーニング後は太ってしまうんじゃない?という不安もあるかもしれませんが、それは結果的に自分の身体に筋肉を作ってくれ、きれいな自分になるためにもタンパク質と糖質は摂った方が筋肉は作られやすくなるということになります。

 

まとめ

筋力トレーニングに食べないようにしていた方は、上記の理由からもしかすると損をし続けているかもしれません。今後、筋力トレーニング後に何を食べるかによって身体の変化へもつながっていくと思います。

  • 筋トレ中はタンパク質の分解が進み、筋トレ後は合成が高まる
  • 一般の方であれば糖質だけでも筋肉がつきやすくなる
  • タンパク質だけでなく、糖質と一緒に摂取することでより筋肉がつきやすくなる
  • 栄養素が不足した中で筋トレを行うと、筋肉が減る可能性がある

いかがでしたでしょうか?はじめは抵抗があるかもしれませんが安心していただき、筋力トレーニング後には栄養を入れてあげることで太りにくい身体へとつながっていきます。

今日から筋力トレーニング後に、実践してみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! してね!

Twitter で

目的別記事

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

スタジオのご紹介

スタジオ スタジオ

カテゴリー

シェイプアップ ダイエット トレーニング 痛みの改善 スポーツ選手 健康 学生向け おもしろ 魚住廣信 家族


Izuru Style
Tweets by izuru_style
Copyright 2017 神戸パーソナルトレーニングスタジオ Izuru Style