足のむくみの原因はストレス・座り方・締め付けの強い衣服にある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

足のむくみって、女性であれば多くの方が悩んでいることだと思うんですね。

この足のむくみの原因って、1つや2つの話ではなく、いろんな角度から見れば原因がたくさんあります。

この記事では、足のむくみの原因になる要素をヒップアップしてお伝えしていきたいと思います。

最初にその原因をまとめると、

  • ストレス
  • 低体温
  • 水分の摂りすぎ
  • 塩分の摂りすぎ
  • 座りっぱなし
  • 筋肉の緊張
  • 締め付けの強い衣服の着用
  • 病気 など

このようなことが原因として考えられますが、ここにあげていないことも原因として考えられます。

できるだけ、サクッと読めるようにシンプルにお伝えしていきたいと思います。


足にむくみが出る原因

足にむくみが出る原因

1つ1つをピックアップして見ていきます。より深く知りたい方は、各項目にリンクを入っていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

ストレス

ストレスが溜まると、自律神経といって、無意識に身体を調節しているところがありますが、そこが興奮状態となり交感神経が優位という状態になります。

この状態になると、血管が細くなり、血流やリンパ液の流れが悪くなります。このリンパ液の流れが悪くなる、滞ることでむくみが起こるので、日頃からストレス過多の方は、それだけでむくみます。

関連記事:ストレスを解消すればむくみが改善し始める理由

低体温

これは、ストレスとの兼ね合いも大きいですが、ストレスが溜まると交感神経が優位になるとお伝えしました。

この状態になると、低体温になり、結果リンパの流れが悪くなりむくみが発生します。

また、身体の冷やすこともここに含まれ、これからの時期冷房によって身体を冷やす過ぎてしまうこともむくみの原因になる可能性があります。

関連記事:身体の不調を改善!低体温と循環の改善から見る健康について

水分の摂りすぎ

これは、イメージがしやすいと思いますが、必要以上に水分を摂りすぎてしまった場合、身体の中に溜まります。

そうすると、むくみの原因になりますが、水分を摂りすぎるとそれを除去しようと交感神経が優位になります。

結果的に低体温になり循環が悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。

水分の摂りすぎはむくみの原因ですが、過剰な水分の摂りすぎは病気に関連することもあるので、注意が必要です。

関連記事:水分のとりすぎによる弊害!1日2リットル以上水分を摂る人は要注意

塩分の摂りすぎ

これもよく聞くことだと思いますが、人間は体内の塩分濃度を一定に保とうとする働きがあります。

塩分を摂りすぎることで、体内の塩分濃度が高くなりますが、このとき一定の濃度に下げるために水分調節が自然に行われます。

そうすると、その影響を受けて身体はむくみます。

外食をした翌日にむくみやすい理由の1つに、塩分の摂りすぎが考えられることはよくあります。

関連記事:がんの原因と食事の関係|塩分や動物性脂質・タンパク質の摂取量を控える

座りっぱなし

血液は、心臓の拍動によって体内を1周するのに約40秒かかると言われています。

リンパ液という液体が滞ることでむくみが起こるわけですが、このリンパ液は約12時間かかると言われ、圧倒的に流れが遅い。

その理由は、心臓のようにポンプの役割を果たす器官がないため、流れが遅くなっています。

そのため、椅子に座りっぱなしで過ごし、脚に長時間圧が加わっているとそれだけで流れが滞り、むくみが発生してしまいます。

飛行機や新幹線での移動をすると、すぐに足がむくんでしまうのはこのためです。

関連記事:むくみをとるために行った6のこと

筋肉の緊張

筋肉は、使いすぎても使わなさすぎても弾力を失い硬くなります。

このような状態になれば、内圧と言って内側に締め付ける力が加わってしまうため、当然血液やリンパ液の流れが悪くなってしまいます。

また、筋肉が柔かい状態だとポンプの役割を果たすため、むくみも改善しやすくなります。ですが、硬い状態だとこのポンプの役割も果たしづらく、結果むくんでしまう原因になります。

関連記事:足首が硬い感じる2つの原因とは?足首が硬くなる本当の理由と改善方法について

締め付けの強い衣服の着用

先ほど、リンパ液の流れは遅いということをお伝えしましたが、締め付けの強い衣服を着用している場合、それがむくみの原因になることがあります。

きつめのパンツを履いて椅子に座ったとき、股関節などでそのパンツの生地が食い込みむくむこともあります。

シンプルに履くだけで圧迫されすぎるような衣服を着用してしまっていれば、そこから下の部分はかなりむくみが出てくる可能性があります。

病気

最後は、病気との関連です。実際に現場であった話ですが、ある女性のお腹が膨らみ、その膨らみによってお腹が圧迫されていました。

その圧迫によってむくみが発生していたわけですが、後に子宮の病気が見つかりました。

また別の方の場合、乳がんになり、乳房や腋窩と言われる脇の近くにあるリンパ節を切除された方がいらっしゃいました。

そうすると、腕がパンパンにむくんでしまっていたことがありました。このように、病気との兼ね合いでむくみが発生することもあります。

関連記事:癌の原因と自律神経との関係|食事療法の考え方もまとめてみました。

 

むくみの改善は原因を明確にしてから行うこと

アイテムのご紹介

このように、むくみの原因といってもさまざまな原因が考えられることが理解していただけたと思います。

ですので、むくみだからと言って軽視せず、きちんと原因を探り、その原因によって対応していくことが本来は必要となります。

リンパマッサージも禁止の時がある

これは覚えておいてほしいことですが、むくみを改善する1つの方法にリンパマッサージがありますが、このリンパマッサージが禁止のタイミングがあります。

それが、

  • 6ヶ月以内の血栓がある
  • 心性浮腫(心筋梗塞などで起こるむくみのこと)
  • 急性感染症(インフルエンザなど)
  • がん

などのときです。これらの症状・病気がある場合、リンパを刺激することで進行を早め、症状を悪化させることがあるため、本来は何でもかんでもリンパマッサージをすればいいというものではありません。

これは必ず知っておいた方がいいと思うので、今一度理解しておいていただきたいと思います。

足のむくみを改善したい方は、この辺りも含めて「ふくらはぎのむくみの8つの原因と改善方法について」で解説していますので、参考にしていただければと思います。

関連記事:リンパマッサージのやり方をご紹介!セルフで行うときに知っておきたい8つの手順

 

まとめ

今回は、足のむくみの原因をピックアップしてお伝えしていきました。

主に、

  • ストレス
  • 低体温
  • 水分の摂りすぎ
  • 塩分の摂りすぎ
  • 座りっぱなし
  • 筋肉の緊張
  • 締め付けの強い衣服の着用
  • 病気 など

が原因となりますが、個人によって原因は大きく異なっていきます。

今回お伝えしたことを参考にしていただき、ご自身の足がなぜむくむのかを振り返っていただければと思います。

今回の内容が少しでも、むくみで悩む方の参考になれば嬉しく思います。

人気記事【無料あり】太ももとふくらはぎを細くする方法・考え方をまとめたので一挙公開!

おすすめ美脚や身体の引き締めに効果的なモノ5選+選び方【おすすめ】

▼こちらの記事も合わせてご覧ください!

>>着圧ソックスは効果はあるの?むくみの改善を目指す方におすすめの使い方を解説します!

IzuruStyleについて

伊藤出

神戸パーソナルトレーニングIzuru Style
伊藤出のプロフィール
コース・アクセス
お客様の感想
FAQ
お問い合わせ(無料体験)

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ