一般的に言われる良い姿勢が勧められないのはその姿勢が不自然だから

スポンサーリンク
肩の位置

現場で指導をしていて最も多い勘違いのひとつに良い姿勢に対しての認識があげられると思います。

何を持って“良い”と捉えるのかによって変わるとは思いますが、読者の方も含め、セッションに来られる方の多くの方がいい姿勢=胸を張ることだと思っています。

これは人間にとって不自然であり、そもそも疲れること=良いことではありません。これはしつこいぐらいにお伝えしていかないと、どうしてもしんどいこと=良いことという認識も強い気がします。

もし日頃から胸を張る姿勢を意識している方は、今回お伝えする内容を実践していただくと猫背になったような感覚はありますが、おそらく楽になることが実感できると思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

 


一般的に言われるいい姿勢とは?

一般的に言われるいい姿勢、もしくは、今ご自身が「これがいい姿勢だよ」と思う姿勢を思い浮かべてみてください。

  • 胸を張る
  • 背筋を伸ばして肩甲骨をを寄せる
  • 肩を引く
  • 身体の真横に腕が来るようにする
  • 母趾球に体重を乗せて立つ

良い姿勢

このようなことが言われていると思いますし、現場でクライアントさんに良い姿勢に対する認識をお聞きすると、このような返答が多くあります。

基本的にこのような姿勢は僕はあまり勧められません。なぜなら筋肉が緊張し、疲れてしまう姿勢だからです。

どのような目的であってもベースにあるのは、自然体です。この自然体は、骸骨に柔らかい筋肉が付着しているような状態です。この状態が自然体とイメージしており、人の身体は本来の状態であれば健康で、ある程度シェイプアップされた状態だと思います。

一般的に言われる良い姿勢では、筋肉が硬くなり、どうしても自然とはいえない姿勢だと思います。

そもそも良い姿勢というのは、つくる、固めるという感覚ではなく、自然になる、という状態だと考えています。全身の筋肉を緩めると人間本来の姿勢となるはずですし、これが良い姿勢だと考えています。

 

スポンサーリンク

人間の自然な状態とは?

ここで出てくる疑問は、人間の自然な状態とはどのような状態のことでしょうか?

今回の記事では内臓や循環の問題は置いといて、骨格のことに注目してみていきたいと思います。

よく話題になる2つのポイントについてお伝えしていきます。

肩の位置

まずよく問題になるのが、肩の位置です。まずこちらの画像をご覧ください。

肩の位置

これは、地面に骸骨を寝かせたものですが、画像の上側が顔になり、下側が後頭部や背中になります。

立った状態で背中を壁につけたとき、肩甲骨の位置は前方35度の位置にあります。こんな状態ですね。

肩の位置

この位置が自然なんですね。だから壁立ちとかで肩甲骨を壁につけることは本来できないんですけど、それをするとなれば僧帽筋や菱形筋などの背中側にある筋肉が緊張してしまいます。

まず理解していただきたいことは、人の肩の位置は前側にあり、胸を張る、肩を引くという姿勢を意識してしまえば、背中や胸などの筋肉は緊張してしまうということです。

自然な位置というのは、身体の真横の位置ではなく、少し前方に出た位置となります。

足裏のどこで体重を支えるか?

全身を緩めると自然と体重が踵に乗ることがわかります。これはクライアントさんはよくご理解いただけると思います。

身体を緩めてもそうですし、何かのトレーニングをした後、または走ったりした後もすべて踵に体重が乗り、安定してきます。

これは、人の骨格を見ればある程度イメージがついてくると思います。

骸骨

足や脚の上に骨盤、骨盤の上に脊柱、脊柱の上に頭部が乗るように配列されています。

これは頭部から吊るしてある状態ですので、非常にリラックスした状態に見えますし、この状態が一番自然な状態でもあります。となればこの骨格の一番下のどこで体重を支えることが自然かというと、内踝(うちくるぶし)の位置になります。

そこに体重を乗せた時に足のアーチも維持された状態となります。

この2点を修正するだけでも非常に楽に立つことができますし、全身の筋肉を緩めて立ってみると自然体がいかに楽か、今までの姿勢がいかに緊張する姿勢かがわかると思います。

あとは、この姿勢をインプットすれば良い姿勢というのはどのような姿勢かを理解していただけると思います。

 

肩こりの原因はこの姿勢の認識にある?

肩こり

肩こりや首こりで悩んでいる方もいると思いますし、日頃仕事をした後に頭痛になるという方もいると思います。

このひとつの原因に肩の位置の問題があるかもしれません。

先ほどもお伝えしたように、肩を引いたり、肩甲骨を寄せてしまうと僧帽筋や菱形筋など背中や首の筋肉が緊張してしまいます。そうすると血流が悪くなり、脳への酸素量が減るため頭痛になる可能性があります。

また、筋肉を緊張させ続けているわけですから、筋肉が硬くなり、肩こりや首こりを感じることにつながる可能性があります。

これらの問題が、肩の位置の認識による場合、肩の位置を修正するとすぐに周りの筋肉は緩みますし、身体も非常に楽になっていくはずです。

肩こりなどで悩んでいる方は、日頃ご自身が思う良い姿勢というのが、胸を張るなどの認識がある場合、それが原因で肩こりになってしまっている可能性があります。

関連記事:肩こりを予防?!腕を振り子のように動かすことで肩周りは緩む

 


まとめ

良い姿勢というのは、決してしんどい、疲れる姿勢ではなく楽で疲れない姿勢だと考えています。

人間はそれぞれの骨格は異なりますが、イメージとしては骸骨に筋肉が付着しているような状態が良い姿勢だと思います。

その場合、肩の位置は自然と前方の位置にきますし、体重を乗せる足の位置も踵にくるはずです。

このような姿勢を体感すると非常に楽なことが理解できると思いますし、鏡でご自身の姿を見た時決して丸くなっていたり、姿勢が崩れたりはしていません。

良い姿勢になることは非常に楽に過ごせるヒントになるはずです。

今日の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で

関連記事一覧

  1. 姿勢や動作を改善する

    正しい歩き方って何?今はしんどい歩き方が主流になっている気が…

  2. 首の痛み

    首の痛みは寝方が問題?原因と改善について

  3. X脚

    X脚の原因は何?動作の影響を受けて脚が歪み、痛みやたるみが生…

  4. 首こり

    首こりを感じているときにストレッチを行ってもあまり改善しない…

  5. 歩き方と脚やせの関係とは?脚を前に出さず重心を運べば太ももは細くなる

    歩き方と脚やせの関係とは?脚を前に出さず重心を運べば太ももは…

  6. 歩き方を変えてむくみを改善する

    むくみを改善する1つの方法として歩き方を変えると循環を良くす…

伊藤出(いとういずる)のプロフィール

伊藤出

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出

STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員、神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。

詳しいプロフィールはこちら!

伊藤出のプロフィール

お問い合わせ:こちら

 

履くだけで-3cm!美脚とヒップアップに!

太ももやふくらはぎの張りにスッキリ効果的!

最新式ダンベル!トレーニングを効率化

  1. 転職に迷う人は他人から褒められたことを思い出してみて!そこにヒントがあると思う

    2018.05.19

    転職に迷う人は他人から褒められたことを思い出してみて!そ…

  2. 2018.05.18

    むくみや女性特有の身体の悩みを持つ方におすすめしたい本5…

  3. 最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

    2018.05.18

    最近、わが子は忍たま乱太郎にハマっています。

  4. 2018.05.18

    ホットヨガに行くならLAVAとカルドの2ヶ所がおすすめ!…

  5. “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジムまとめ

    2018.05.18

    “短期痩せ”ならここ!おすすめパーソナルトレーニングジム…

  1. 鵞足炎

    2015.04.15

    鵞足炎の原因とあまり知られていない改善方法とは?

  2. 水分

    2017.09.19

    水分のとりすぎによる弊害!1日2リットル以上水分を摂る人…

  3. 太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならない原因

    2018.03.14

    太ももをマッサージして脚を細くする5つの方法と細くならな…

  4. ふくらはぎの内側

    2018.03.08

    ふくらはぎの内側に筋肉がついているように太く見える原因と…

  5. シェイプアップ

    2018.03.09

    ふくらはぎをストレッチしても1cmも脚が細くならない理由…