朝に青汁を飲んでもダイエットは成功できる理由【-8kg実体験あり】

クライアントさん
朝食を抜いたり、朝食を置き換えて青汁とかを飲むと代謝が下がってダイエットできないと聞いたんですが、本当ですか?

今回は、そんな疑問にお答えします。

結論としては、ダイエットできると思います。なぜなら僕が一時期朝食を抜いたり、今でもそうですが朝食を軽めにしか食べません

結果的に朝食を抜いていた時は、2ヶ月で-8kgしていますし、そのことはこちらの記事でまとめています。
>>半日断食をして8kgのダイエットに成功した記録のまとめ

こういった実体験からダイエットは成功すると思いますし、ダイエットしたい方は朝に青汁を飲んで、置き換えダイエットのような形にしてもうまくできると思います。

ただ、朝食だけを減らして昼・夜お腹いっぱい食べると当然ダイエットはうまくいきません。イメージ的には、

青汁
いつもと同じ or ちょっと減らす
いつもと同じ or ちょっと減らす

結果的に、今までの1日で食べてた量よりも減らすことができると、大方ダイエットはうまくいきます。(ざっくりではありますが。)

今回は、そんなダイエットの考え方について解説していきたいと思います。

 


朝に青汁を飲んでもダイエットは成功できる理由

朝に青汁を飲んでもダイエットは成功できる理由

これは、さっきもお伝えしましたが、実体験があるからです。それ以外に理由はありませんし、逆に教科書だけで勉強した中で反論があるなら、実際にやってみることをおすすめします。

結果に嘘はないですし、実体験以上の学びはありませんからね。僕は逆に3ヶ月で10kgの増量も経験しています。
>>3ヶ月で10kgの体重増加をして感じた身体の変化と食に対する考えについて

おそらく、多くの方は朝食を青汁に置き換えるとダイエットに成功できると思いますが、その基準は現在の食生活にあります。少し詳しく解説していきます。

1日の中で食事を考える

まず、ダイエットの大前提としての考え方は、1日トータルで、

消費カロリー > 摂取カロリー

この関係を保つことができると、細かいことを抜きにして大方ダイエットは成功します。

つまり、これまで朝食をガッツリ食べている方は、その食事を青汁に置き換えてしまうと、シンプルにカロリー摂取量は減ります。

そして、昼・夜といつもと変わらないような食事をすれば、1日のトータルで摂取したカロリー数は減ります。そうすると、結果的にダイエットは成功するはずです。

このように、1日で摂るトータルのカロリー数で考えると、ダイエットが成功する理屈はなんとなく理解していただけると思います。

そもそも現代人は食べ過ぎ

朝食を青汁に置き換えることに反対の方の中には、代謝が下がると言われる方がいます。

確かにその側面もあるので、完全に否定はしませんが、そもそもの話、現代人は運動不足のわりに食べ過ぎです。

トレーナーの僕でさえ、以前は1日3食ガッツリ食べていましたが、今は朝食を軽くすると体調もいいし、健康的になっています。

もし日頃運動もしない事務職の方の場合、明らかに1日3食ガッツリ食べていること自体、そもそも食べ過ぎなので、朝食を抜いてしまうぐらいの方が本来は適量だと思います。

実際に指導するクライアントさんの多くは、朝食を抜いたときの方が空腹感も少ないし、体調が良いと言われます。ですので、朝食を抜く、置き換えること自体悪いことだと決めつけるのは難しいと思います。

クライアントさんのダイエット成功例を見ていただくと、よりその意味が理解していただけると思います。
>>ダイエット成功例から見るー16kgできた食事の摂り方について

 

朝に青汁がおすすめな理由

朝に青汁がおすすめな理由

僕なんか、元板前なので毎食作ることにさほど抵抗はありませんし、朝食は奥さんが作ってくれているので、手間がかかりません。

ただ、現場で聞くとやはり独身の方は、仕事で忙しい中で、さらに自分で料理をした方がいいということは、少し現実的ではありません。

どうしても簡単になるし、コンビニ食にもなってしまう気持ちもわかります。

そういう方は、栄養のバランスも崩れるし、意識的に野菜を摂っているとしても全然足りていません。そういう方に、朝に青汁を飲んでいただくと、不足するビタミンやミネラル分も摂れるので、そういう視点でも青汁はおすすめできます。

便秘に悩む方にも勧めやすい

女性に多いのが便秘ですが、本来人は便を出す機能を備えています。

ですので、本来は出せるはずですが、それが出ない。自然体から崩れてしまっていることが原因なので、本来は自然体に直すことが必要です。

薬を使うこともあまりお勧めできないですが、ただそうはいうもののクライアントさんはお腹がパンパンに張って苦しいわけです。

そんなときは、まず青汁を飲んでもらって様子を見ることがあります。実際に出やすくなる方は多いので、便秘に対してもそれなりの効果があります。

お腹をスッキリさせたり、綺麗にするという意味でも、青汁はおすすめできると思います。

こういった理由もあって、朝に青汁を飲むことはいいなって思います。もし、具体的なダイエット方法が知りたい方は、「半日断食をして8kgのダイエットに成功した記録のまとめ」の記事の方が具体的で参考になると思うので、こちらをご覧ください。

 

おすすめの青汁

おすすめの青汁

これまでクライアントさんにもいろいろ質問を受けてきて、何がいいかいろいろ探ってみましたが、僕としては3つおすすめの青汁があります。

【大人の青汁】
→ミトコンドリアの活性化につながり、夫婦や妊活中の方の栄養バランスを整えてくれる。

ドクターベジフル青汁
→八百屋さんが作った青汁で、21種類の野菜を使用。食事の偏りがある方におすすめの青汁。

オーガニックフルーツ青汁
→ホットで飲める青汁で、オーガニックなので健康維持、便秘に悩む方におすすめ。

ダイエット目的で飲む場合、基本的には全部おすすめですが、「ドクターベジフル青汁」が飲みやすく、栄養もしっかり摂れるのでどれか選べと言われるとこれですね。

【大人の青汁】は、健康を意識する方はこれがおすすめです。というのは、健康になるためには細胞が元気であること。細胞が元気になるためにはミトコンドリアの働きが重要になります。

ミトコンドリアは細胞にエネルギーを送ってくれるので、【大人の青汁】はそのミトコンドリアの活性化につながるので、健康志向の方はこれを飲むと健康体質に近づけると思います。

青汁といっても、以前みたいに「まずい!でも栄養たっぷり!」ということだけではなく、いろんなものが出ているので、目的に合わせて飲むとより効果的なので、1つの目安にしてもらえればと思います。

関連記事:健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!

 

食べ過ぎによって起こる身体の不調

食べ過ぎによって起こる身体の不調

これは実体験でかなり痛感したことですが、食べ過ぎは肥満になるだけではなく、身体のだるさ・しんどさ、眠気、頭の回転などに関係するなと個人的には感じました。

個人的に食べ過ぎていた頃と、今を比べたときどのような変化を感じたのかというと、以下のことを感じています。

身体のだるさ・しんどさが軽減

最近は、ほとんど身体がだるい、しんどいと感じることがありません。

ウエイトトレーニングをしているので、その次の日は身体はきついですが、どこか爽快感があります。

食べ過ぎていた頃は、ウエイトトレーニングをしていなくても常に身体が重くしんどかったことを覚えています。

食べ過ぎると自律神経が乱れ、循環が悪くなることで身体のだるさなどを感じると言われており、まさにこの症状を味わってしまっていました。

関連記事:体がだるい・しんどいと感じる原因と改善について【風邪は対象外】

眠気をあまり感じなくなった

これも顕著に感じたことですが、食べ過ぎていると常に眠く、その眠気にも悩んでいました。

一般の方であれば、食べ過ぎと眠気の関係はイメージしづらいかもしれませんが、やはり食べ過ぎると眠くなります。

そんな状態から食べる量が減ると、眠気はほとんど感じなくなり、今は毎日快適に過ごすことができています。

便秘や残便感がほぼなくなった

食べ過ぎていると気づきにくかったですが、毎日便は出ていましたが、お腹がどうしても張るし、スッキリすることはほとんどありませんでした。

食べる量が減り、適量を摂るようになってからはお腹もスッキリして、おならが臭くなくなりました。

食べ過ぎていると、どうしても詰まってしまうんだと実感しましたね。

関連記事:便秘(便が出ない)の方に試してほしい改善・解消法11選!

常に興奮状態になっている

食べ過ぎは、自律神経を乱し、交感神経を優位にすると聞いていましたが、本当にそうだと思います。

常に興奮状態でしたし、イライラしたり、精神的に不安定になってしまうこともがありました。

今ではそういったこともありませんが、たまにお腹がパンパンになるまで食べてしまうと、そのときはやはり自律神経が乱れているような感覚になります。

このように食べ過ぎは、身体にいろんな不調をもたらす可能性があり、だからこそ朝食を青汁に置き換えてしまう、1日2食にするというのは、必ずしも悪いことではないということはこの辺りからも感じていただけると思います。

関連記事:自律神経を整える5つの方法|自律神経が乱れる原因・改善方法について

 

まとめ

まとめ

今回は、朝に青汁を飲んでもダイエットできるの?という疑問にお答えしましたが、結論は“できる”です。

ダイエットをする上では、1日の中で摂るトータルのカロリー摂取量を1つの目安として考え、その量よりも消費カロリーを増やす。

最初はこれぐらいざっくりとした目安をつくり、その中でダイエットに取り組む方が続けやすいと思いますし、習慣化させやすいと思います。

いろんなことが細分化され、小さな枠で見られがちですが、昔から言われる、食べる量よりも消費する量が多ければダイエットはほぼできます。

ですので、朝食を青汁に変え、昼・夜の食事を少しずつ減らす。これだけで成果は出てくるはずです。

そこから食事の内容についても考えていけばいいし、もっと細かいことに目を向けていけばいいと思います。木を見て森を見ず。

もし青汁何がいいかな?と迷っている方は、こちらの青汁がおすすめですので、公式サイトをご覧ください。

【大人の青汁】
→ミトコンドリアの活性化につながり、夫婦や妊活中の方の栄養バランスを整えてくれる。

ドクターベジフル青汁
→八百屋さんが作った青汁で、21種類の野菜を使用。食事の偏りがある方におすすめの青汁。

オーガニックフルーツ青汁
→ホットで飲める青汁で、オーガニックなので健康維持、便秘に悩む方におすすめ。

今回の内容が少しでも参考になれば嬉しく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

人気記事【無料あり】太ももとふくらはぎを細くする方法・考え方をまとめたので一挙公開!

人気記事美脚や身体の引き締めに効果的なモノ5選+選び方【おすすめ】

関連記事

▼ダイエットに悩む方に
>>朝食抜きダイエットは太る?朝食を抜いて8kgダイエットに成功した過去

▼ダイエットがうまくいかない方に
>>ダイエットがうまくいかないときにチェックしたい7つのこと+おすすめの方法4選

IzuruStyleについて

伊藤出

神戸パーソナルトレーニングIzuru Style
伊藤出のプロフィール
コース・アクセス
お客様の感想
FAQ
お問い合わせ(無料体験)

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*