健康になる・維持するための考え方

健康になる・維持するための考え方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
       

健康ということは、人として一番大切なことである一方、目の前の欲に惑わされ忘れ去られる存在でもあると思います。

身体がだるい、しんどい、どこかスッキリしない。低体温、冷え性、むくみ。

こういった病気ではないけども、病気との関係性の高い症状があったり、実際に病気になってしまう方も近年では特に多くみられます。

健康になるためには、健康を維持するためにはどうすればいいのか、その考え方はシンプルだと思います。

それは、

37兆2000億個の細胞を元気に保つ

このことに尽きると思います。なぜなら人の身体はすべて小さな細胞の集合体でできているからです。

この記事では、

  • 健康になるためには細胞を元気に保つこと
  • 細胞を元気に保つためには、循環の改善を行うこと
  • そのために必要なことは気持ち良く身体を動かす
  • その中で健康的な食事を目指す

という健康の考え方をお伝えしていきます。

 


健康になる・維持するための考え方

健康になる・維持するための考え方

先ほどもお伝えしましたが、健康のベースは、いかに細胞を元気な状態にするか。これに尽きると思いますし、この考え方は非常にシンプルでわかりやすいと思います。

もう少し踏み込んで解説していきたいと思います。

身体を作っているのは、小さな小さな細胞

身体を作っているのは、小さな小さな細胞

人の身体の中にある、筋肉・骨・靭帯・臓器。すべてのものは、小さな細胞の集合体で形作られています。

これは、疑いのない事実です。

この細胞が元気な状態=身体は健康である、この考え方も理解していただけると思います。

では、どうすれば細胞1つ1つをより元気に、活性化させることができるのでしょうか?

細胞の代謝を促す

細胞の代謝を促す

細胞が元気でいるためには、きちんと代謝する機能を維持させることが必要です。

どういうことかというと、みなさんの日常でもそうですが、栄養を取り入れ、不要なものを出すというサイクルをきちんと行うことです。

人という大きな単位で見ると、

  • 食事
  • 排便

という大まかなことができることが一つの代謝ですし、呼吸も同じです。酸素を摂り入れ、二酸化炭素を出す。

細胞も同じで、栄養や酸素を摂り込み、老廃物や二酸化炭素を出すことで元気な状態を維持できます。

そのために必要なことが、筋肉を収縮-弛緩させることです。言い換えると、気持ち良く身体を動かすことです。

そうすると、細胞内の代謝はきちんと行われ、より元気で健康的な状態を細胞単位でも維持できます。

細胞内で起こっていること

例えば、肘を曲げると力こぶが出てきますが、筋肉は収縮させると水を含んだスポンジを握る状態になります。

スポンジを握る

そうすると、細胞内にある老廃物や二酸化炭素は出ていきます。

そして、収縮させている筋肉を緩めることで、握っていたスポンジを放すことになり、そこには水分が一気に入っていきます。

スポンジを離す

つまり細胞内に栄養素や酸素が入っていきます。

身体を動かすことの重要性がここにあって、筋肉を収縮-弛緩させることで細胞内の代謝が行われ、結果健康的な状態を維持することができるということです。

もう1つ大切なこと

もう1つ大切なこと

もう1つ大切なことがあって、ミトコンドリアの活性化させるということです。

ミトコンドリアというのは、いわば発電所みたいなものです。ミトコンドリアで発電し、それを細胞に送ることで細胞が元気な状態を保つことができます。

ミトコンドリアというのは、細胞にエネルギーを送っているところですので、ミトコンドリアの機能が低下しても細胞の健康状態は悪くなります。

機能が低下する条件の1つに、低体温があります。36℃を下回ってしまうと、一気に働きが悪くなります。

ですので、健康になるための重要なポイントはもう1つあって、体温を高く保つことです。その目安は、36.5℃以上

  • 身体を気持ちよく動かし、筋肉の収縮-弛緩を行う
  • 体温を36.5℃以上に保つ

この2つを行い、習慣化させることで健康的な身体になり、元気に過ごすことができると考えています。

 

細胞をつくる材料にもこだわりを持つこと

細胞をつくる材料にもこだわりを持つこと

食については、まだまだ個人的に理解不足のこともあり、これから学んでいかないといけない分野だと思っています。

食べ物が細胞をつくる。これも紛れもない事実ですが、どれだけ食にこだわりを持ち、毎日の食事を送れているでしょうか。

この食べ物にもこだわりを持つことで、健康になっていくはずです。

有機野菜・無添加の調味料

有機野菜・無添加の調味料

まだ未解明ながら、がんの原因の1つに農薬や添加物が関与していると考えられています。

そのことから考えると、毎日食べる野菜、毎日使う調味料はできるだけ、有機・無添加のものを使っていただきたいと思っています。

有機野菜が健康への絶対物かといわれるとそうではないと思います。ただ、健康になるためには必要なものだとも考えています。

調味料に関しては、圧倒的に食事で使う機会が多いため、これはこだわりを持った方が良いと思います。

すぐに健康の変化が出ないからこそ変えていきたい

すぐに健康の変化が出ないからこそ変えていきたい

ただ、食事は変えてもすぐに「身体の調子が良い!」といった実感はそこまでないありません。

だからこそ続けるには意思が必要ですし、なぜそういうものを食べるのか、使うのかを理解しておくことも大事だと思います。

この辺りは、ブログやレッスンを通じて繰り返しお伝えできればと思っています。

 

まとめ

まとめ

健康になる、維持するためには、

  • 細胞そのものを元気にすることを考える
  • 細胞を元気に保つためには、細胞内の代謝をきちんと行う
  • そのためには気持ち良く身体を動かすこと
  • さらに体温を高く保ち、ミトコンドリアも活性化させること
  • そして日頃の食べ物・調味料を変えること

この流れができることで、今よりも健康な身体になり、今抱えている不調は改善できるはずです。

こういった考えをもとに、ブログやレッスンでこれからも健康に近づけるようにお伝えしていきたいと思います。

健康に関して、より詳しく考え方や実践方法をまとめた記事がありますので、こちらも参考にしていただければと思います。

▼健康に悩む方に
>>【健康】健康になるために必要なことをまとめています!

こちらも合わせてどうぞ

  1. スポーツ業界へ転職したい方に
    好きなことを仕事に!スポーツ業界への転職を考える方に転職先16選をご紹介!
  2. 便秘を改善したい方に
    便秘の女性は薬や浣腸よりも自然体を目指せば便が出る理由
  3. 健康のためにおすすめしたいモノ
    健康のためにおすすめしたい食べ物・食材・飲み物など20選をご紹介!
  4. 僕がおすすめしたい本
    【厳選】健康・筋トレ・ダイエットなど目的別におすすめしたい本95選

目的別の改善方法や考え方のまとめ

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ホーム 最近記事 プロフィール コース お客様の感想 お問合せ