健康についてもっと考えよう!まず思い込みを外すことが必要なんだと思う。

健康について

小さい頃、僕は自分のことは自分でするっていう育て方をされたというか・・・おかんが家出をしていたからそうせざるえなかったんですね。(笑)

だから今でもそのときの習慣は残っていて、基本自分ですることが好きというか、当たり前というか。

親父も家を綺麗に掃除することをしていて、そういう姿を見ていたからなのか、とにかく何でもある程度綺麗に整理されていないと気持ちが悪いし、居心地が悪い。

育った環境の中で自分が正しいと思ってきた、もしくは当たり前のように言われてきたことが今の自分の常識になっています。

ただ、それが必ずしも正しいものではないということは、大人になればなるほどわかってきます。だからこそ改めて何が正しいのか、自分なりの答えを導き出そうとすることが人生なのかもしれません。

とまぁ、かっこいい入りになってしまいましたが、今日は健康についてお伝えしていきたいと思います。

今ある健康についての考え方、思い込みを外すことで、今以上にもっと健康に近づけるかもしれません。

 

スポンサードリンク

健康について

僕ら人間がより健康に過ごすためには、どうすればいいのか?

最近クライアントさんと話をしていても、よく気づかされることがあります。それは健康=筋力向上、筋肉をつけるということになっていないかということ。

高齢になればなるほど筋力が低下し、代謝も下がる。人間として起こりうる身体の反応ではありますが、これをそのままにしておくことで不健康になってしまう。

だから筋肉をつける、筋力を維持させるためにトレーニングをしましょうと言われています。

これは本当に必要なことだと思いますし、実際に現場でもそういう視点で指導をしたり、お伝えすることもあります。

ただ、ここでもうひとつの思い込みに気づかされることになります。

それは、しんどいこと、苦労をせずして、自分にとっていい結果は得られないと思い込んでしまっていることです。

この思い込みは、僕自身すごくあります。というのは、高校生のときに野球部に所属しながら新聞配達をしていました。

そこでの経験が、この思い込みを強くしている部分でもあります。

 

しんどいことをした後にはいい結果が得られるのか?

新聞配達をしているときの睡眠時間は、冗談抜きの3時間程度で、4時間寝れると良い方でした。

でも、そのときは何とかこなすことはできていました。睡眠時間を少なくすることで、自主練の時間を増やすことができ、実際に練習量も増えました。

結果的に秋のシーズンではチームトップの打率を残し、新聞配達をすることで練習量が増え、結果成績も良くなった。

だからここで思ったのは、「やっぱり自分を追い込まなくてはだめだ」と思ってしまったことです。ただ、今の自分だとその後の結果は見えていることですが、その後は体調不良に悩まされます。

38度前後の熱が1ヶ月ぐらい続き、日中は下がるんですが、夜になると体温が上がっていくため、本当にきつかった。

でもこのとき失ったものは本当に大きく、結局心身ともに疲れ果ててしまったような状態になり、人と話すこともしんどいと思うようになり、そのまま高校を卒業していきました。

でも、一度経験した成功体験は、仕事でも同じことを繰り返してしまいます。

板前のときもとことん働き、結果ストレスで入院し、その後退職しています。

日本人だからなのか、そういう教育をしてしまいがちになっているのか、わかりません。

ただひとつ言えることは、必ずしもしんどいこと、自分を限界まで追い込むことが健康という面ではプラスにならないこともあるということです。

 

頑張ることが美徳とされすぎている

少し前、フィギュアスケート選手の羽生結弦選手が、試合前に相手選手とぶつかってしまう事故がありました。

頭を強打しているのにもかかわらず、そのまま試合に強行出場しました。

あのとき、街の声や報道でなされていたことは、どんな状況でも試合に出る羽生選手は素晴らしいというものでした。

僕はこれに違和感しか感じず、本人の今後のフィギュアスケート人生を考えるのであれば、欠場も考えられたのではないかと思いました。

これはひとつの例で、健康というテーマとは少し違いますが、どうしても頑張ること、一生懸命になることが美徳とされ、休むことが悪いことというイメージが強いような気がします。

でも、実際に休むことは身体にとって必要なことですし、頑張らないことも大切なことであり、健康というテーマであれば快の刺激でいいと思います。

なぜならウエイトトレーニングをすると、筋肉痛が起こり、それに不快感を示す。それは身体の拒否反応だと考えられます。

であれば、もっと気持ちのいいことをした方が本来は身体にとっていいのではないでしょうか。もちろんそれぞれの立場や目的がありますので、一概にすべてが気持ちのいいことだけではできないということも承知しています。

ただ、一般の方はもっと気持ちの良いこと、快の刺激を加えることで健康になれると思いますし、今悩む身体の問題も解決できると思います。

 

できないことよりもできることを探そう

健康になるためには、今の自分にできることをコツコツ積み重ねていくことだと思います。

今できないことをやろうとしても、無理が生じて身体を壊すだけです。

健康になるためには、細胞を常に元気な状態で保つことが重要なので、

  • 柔らかい筋肉の状態で維持する
  • 循環の良い状態を維持する
  • 体温を36.5度以上に上げる
  • 自然食にする

こういったことができることで、細胞も元気な状態で保つことができると考えています。

これらを実現するために必要なことは、気持ちよく身体を動かすこと、身体を温めること、食事を変えることです。

どれもできないそうにないことはないと思います。あとは意識を変えるだけで、実践するのがつらいということもないことばかりです。

こういったことを毎日の生活の中に取り入れていただくことで、今よりも健康な身体になっていきます。

 

まとめ

すべては実感なんだと思います。

僕も先生から学んだときは、トレーナーである僕でさえも、話だけでは素直に入ってきませんでした。

ただ、先生の指導のもと、実践をしてその意味を体感することで身体も軽くなるし、筋肉が膨らむし、非常に身体が元気になりました。

僕は現在29歳で、毎日バリバリ働く年齢ですが、その僕でも気持ちのいいこと、快の刺激を加えると状態も良くなります。

年齢が高い方に関しては、こういった刺激をあまり受けていないと思うので、僕以上に身体の楽さ、元気になるという感覚を感じていただけるのではないでしょうか。

決してしんどいこと、つらいことをするのではなく、快の刺激を加えること。

そして、この快の刺激というのは、ただおしゃべりをして笑って楽しいということでもありません。

気持ちよく身体を動かすことで、筋肉が柔らかくなり、身体もポカポカ温かくなり、体温が上がることで免疫や代謝も上がる。

そうなれば病気にもなりにくくなりますし、身体もシェイプされていきます。

健康になるというのはそういう意味も込められています。

しんどいこと、つらいことを行うのではなく、もっと気持ちの良いことでも身体を変えることをしっていただきたいなと思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最近の記事

関連記事

IzuruStyleについて

IzuruStyle noteでより詳しい情報を!

おすすめの本をまとめました。

おすすめの野菜はこちらから

有機野菜を購入したいけど迷っている方は、こちらのセットがおすすめです。値段も味も安定で、どこかで買うよりもまずはこちらがいいかなと思います。

Oisix(おいしっくす)

SNSについて

この記事がお役に立てたら
いいね ! してね!

Twitter で
伊藤 出パーソナルトレーナー/代表 投稿者プロフィール

Izuru Style代表/パーソナルトレーナー伊藤 出。
STORY・VERY読者モデル、アナウンサー、宝塚歌劇団員の元専属トレーナー。神戸女子大学ラクロス部、三菱重工業神戸在籍野球選手の専属トレーナー。
詳しいプロフィールはこちら!
伊藤出のプロフィール
お問い合わせやセッションをご希望の方はこちらからご連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事
関連記事

おすすめ記事
  1. 椅子への座り方
  2. ふくらはぎをストレッチ
  3. 歩き方
  4. 腰痛の原因
  5. がんと食事
  6. 壁立ち
  7. 走り方
  8. 打ち方
  9. 変形性股関節症
  10. コンディショニング
ピックアップ記事
  1. お問い合わせ
  2. 伊藤出
  3. コースについて
  4. スタジオについて
  5. 営業時間
カテゴリー
お客様の声
  1. 南部麻衣
    ――今日はよろしくお願いします。 南部さん:緊張するね・・・。よろしくお願いします。 (さらに…
  2. 堀川
    ――よろしくお願いします。 堀川さん:よろしくお願いします。 (さらに…)…
  3. 野原直人
    ――よろしくお願いします! 野原様:緊張しますね。よろしくお願いします。 (さらに&helli…
  4. 池ノ上
    池ノ上さんは、ご自分でアロマセラピストとして自宅で開業されており、パーソナルトレーニングを受ける際も…
ページ上部へ戻る